« 沖縄米軍トップが謝罪 死亡事故、飲酒禁止指示も | トップページ | 現金封筒「なんやこれ」 自民議員側、議会で堂々手渡し »

2017年11月22日 (水)

敗れた白鵬、土俵下で1分間アピール 立ち合いに不満

11月22日にあった大相撲九州場所11日目の結びの一番で、全勝の横綱白鵬が関脇嘉風に寄り切りで敗れた。しかし、白鵬は嘉風が勝ち名乗りを受ける土俵に上がろうとせず、首をかしげたり、腰に両手をあてたりして立ち合いが成立していないと約1分間アピールした。その後土俵に上がったが、嘉風が軍配を受けても今度は土俵を下りず、不満そうな様子を見せた。
嘉風はテレビのインタビューに対し、「横綱は『待った』と思って力を緩めたが、行司の『残った』の声が聞こえたのでそのまま続けた」と話した。白鵬は納得のいかない表情で土俵を後にした。支度部屋に戻った白鵬は、報道陣から「待ったという感じですか」と聞かれ「まあ、そんな感じだね。(ビデオで)1回でも見てもらいたかった。納得いかないわけじゃないけど、やっぱり呼吸が合わなかった」と語った。(朝日新聞:11月22日)


スポーツと審判について考える。


審判に抗議するのが大好きな競技に野球がある。その反対側に存在するのがラグビーということで良かろう。大相撲はラグビーに近い競技であったが、ビデオ判定が取り入れられたりと時代の影響を受けている。まあ、ラグビーも昔のままではないのだから、興業として見ると、観客の都合を取り入れない訳にはいかない事情もある。単純な分類としては、英国発祥の競技は審判が絶対で、新大陸系の競技は、絶対的な合理的判定を求める傾向が強いようだ。

さて、白鵬の態度である。微かな可能性として、土俵下の審判と同等の権利が、控え力士に与えられているから、土俵上の結果に物言いを付けることがある。白鵬は過去にこれを行ったことがある。これを横綱の特権と誤って理解し、土俵上においても適用されると信じたという仮説がある。まあ、ないだろう。
自分自身が競技者である場合に、判定に不服を申し立てるということは、どんな競技でも進行を停滞させること、もっと大きな問題として、競技の秩序を破壊させるという副作用があるから、許されないというのは当然である。よって、判定が確定した、というより、競技者に異議申し立ての権利などないのだが、競技者が不満を示すというのはあってはならないことである。
日本相撲協会は随分とこの大柄な横綱に気を使っていて、大した処分もしないようだ。まともな団体なら、出場停止処分にするところだろう。協会にそんな処分がないのだろう。仲良し倶楽部なのだから仕方ない。せめて、仲良し倶楽部の中では、もめごとは許されないことを横綱に教えておかないと、この先ややこしい問題が生じることだろう。


白鵬が行事を殴る日は近い。

« 沖縄米軍トップが謝罪 死亡事故、飲酒禁止指示も | トップページ | 現金封筒「なんやこれ」 自民議員側、議会で堂々手渡し »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沖縄米軍トップが謝罪 死亡事故、飲酒禁止指示も | トップページ | 現金封筒「なんやこれ」 自民議員側、議会で堂々手渡し »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ