« 「一番のがんは文化学芸員」 山本地方創生相が発言 | トップページ | 東京・杉並の違法建築マンション 不動産業者に賠償命令 東京地裁 »

2017年4月25日 (火)

今村復興相、辞任へ=震災「東北で良かった」発言で-安倍政権に打撃

今村雅弘復興相は4月25日、東日本大震災について「東北で良かった」などと発言した。この後、発言を撤回し、責任を取り辞任する意向を固めた。安倍晋三首相は早急に後任の人選に入る。被災地では強い反発が出ており、震災復興を最重要課題に位置付ける安倍政権にとって大きな打撃となる。
今村氏は25日夕、東京都内のホテルで開かれた自民党二階派のパーティーで講演し、東日本大震災について「(発生場所が)東北の方だったから良かった。これがもっと首都圏に近かったりすると莫大な、甚大な被害があった」と述べた。今村氏は講演後、記者団の取材に対し、発言を撤回し謝罪する一方、いったんは辞任を否定した。だが与党の公明党からも「政治家として自ら出処進退を決断すべきだ」(大口善徳国対委員長)との声が出たことを受け、辞任を決断した。(4月25日)


政治家の発言について考える。


東北で発生した先の地震が、首都圏を震源とした場合との仮定で比較すれば、被害の大小は想像するまでもない。しかし、それを持って幸いという言葉を選ぶ理由には成り得ない。少なくとも、今村が発言を求められている立場は復興大臣であることによる。それでこの程度をよしとする思想に基けば、被害を受けた人達が、受け入れなければならないもので、国はこれ以上何も支援しないと理解するよりない。それなら復興大臣などという職は不要である。復興大臣というのは、復興に関して国は手を貸さないとする説明と、拒絶を担当する立場であると理解するなら、今村は正しい発言をしたと言える。実際、つい先ごろ、自己責任と被害者を切り捨てる様な発言をしている。前回は擁護した任命者の安倍は、日和ってしまって直ちに不適切な発言だと表明してしまった。復興する気がないのにある振りをするのは、余分な期待を膨らませる分、罪作りである。
今村が不適切だと認識していなかったのは、講演の後にマスコミに囲まれて指摘された際に、どこが問題なのか認識しきれないでいて、訂正しろというなら訂正するという態度に表れていた。東京大学法学部卒業の今村に教えてやるというのは、随分と失礼に思われるだろうが、単純な状況判断機能は大学では学べないものである。問題発言か否かを判断するのは、東北を今村の出身地の佐賀に置き換えて、地元の後援会でスピーチ出来るかで容易に判断可能だ。今村が佐賀で起きた地震で多くの被害が出たことに対し、福岡の都市部でなくて、こっちの方で起きたのが幸いしたと発言できるだろうか。

今村は、佐賀県鹿島市生まれで、佐賀県立鹿島高等学校、東京大学法学部卒業し、1970年、日本国有鉄道に入社している。国鉄では主に人事・労務関係の部署に所属したという。民営化後は、九州旅客鉄道で経営管理室長や関連事業本部企画部長を務めたという。東大を出て、当時の三公社五現業に就職するというのは、気位の高さを感じさせるルートである。発言にも感じさせるものがある。
今村が今回発言したのは、特別に注意する必要がないと考えていたからであろう。前回の自己責任の件で、特段の処分はなかったのだから、そう理解していて当然である。それが、安倍からいきなりクビにされた形だから不本意であろう。衆議院議員であるが、九州ブロックの比例選出であるから、70歳であることを考えると次回の選挙で公認を得られるかは厳しいところだろう。つまり、今回の大臣就任が花道であった可能性が高い。これでお終いということになるのだろう。

安倍晋三と昭恵夫人の学校法人に関する問題で、あの程度で済んでいるのだから、少々のことは問題にならないと思った者がいても不思議はない。しかし、大臣では駄目だ。なんだか、問題発言が続きそうな気配ではあるが。


安倍だって同じ考えだ、と大声で叫んでも、何も得られないのが国会議員である。

« 「一番のがんは文化学芸員」 山本地方創生相が発言 | トップページ | 東京・杉並の違法建築マンション 不動産業者に賠償命令 東京地裁 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「一番のがんは文化学芸員」 山本地方創生相が発言 | トップページ | 東京・杉並の違法建築マンション 不動産業者に賠償命令 東京地裁 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ