« 森友学園問題、首相「会計検査院が審査を」 党内調査に否定的 | トップページ | PSA、2650億円で独オペル買収 GMは欧州撤退 »

2017年3月 3日 (金)

「果たし合い」曖昧に終始=責任追及に「皆で決めた」―石原氏

「座して死を待つつもりはない」。
3月3日午後、豊洲市場(東京都江東区)の問題をめぐり、石原慎太郎元知事が語りだした。「果たし合い」と称した会見だが、報道陣からの質問に「専門的知見がない」「皆で決めたこと」と繰り返し、注目された豊洲への移転決定や東京ガスとの用地取得交渉の経緯については曖昧な説明に終始した。
石原氏が会見した東京・内幸町の日本記者クラブには、約300人の報道陣が詰め掛けた。午後3時前、石原氏がグレーのスーツ姿で現れると、シャッターを切る音が響いた。豊洲問題をめぐる自身の責任を認めつつ、「都庁、議会にも責任がある」と強調。さらに「混迷、迷走の責任は今の都知事にある」と移転を延期した小池百合子知事を批判した。「豊洲市場は安全」と述べる学者の見解を取り上げ、「科学が風評に負けるのは国辱だ。豊洲に移転すべきだ」と語気を強めた。
報道陣からは、部下に全て任せていたのかという趣旨の質問が集中。石原氏は「私は専門家でない。専門家のいる委員会や担当部局に任せざるを得ない」「浜渦君(当時の浜渦武生副知事)に任せていた」と繰り返すばかり。 しびれを切らした記者が「なぜきょうまでに事情を知っている浜渦元副知事から聞かなかったのか」と問いただしても「時間がなかった」。記者席から失笑が漏れた。(時事:3月3日)


石原慎太郎について考える。


最近の石原慎太郎が会見するのを見て思うのは、老人を苛めてはならないということである。この老人が過去に行ったことに問題があるか否かは議論しなければならないが、この老人を責めるのは許されない。既に心神耗弱状態にあり、責任能力が問えないと感じるのである。だから、座して死を待つつもりはないというのも、老人の戯言に過ぎない。老人には、戦う能力は既に失われている。静かに滅ぶのを待つ立場にあるようにしか見えない。言葉ばかり威勢が良くても、記憶力が怪しいし、気力の衰えも感じる。しかし、感情は衰えないから、怒りだけは激しく発射されるということのようだ。

それでも、発言を確認する。都知事が専門家でないことは、誰であっても同様である。幅広い問題について決定する立場にあれば、専門である事柄の場合が希にあっても、ほとんどは専門外である。専門家の判断がすべて正しいとするなら、住民の代表が審査する必要もない。浜渦であっても、別に専門家でもあるまい。専門でないから、という言い訳をするのは、都知事の仕事を投げ捨てたに等しい言葉を吐いたということになる。これをもって老いたと称する。
都庁、議会にも責任はあるが、都知事にはそれ以上に責任がある。その責任を放棄した一方で、思い通りにならないで、自身の責任問題を出した現都知事を批判する。これだけでも、耄碌している。

感情的な言葉は威勢が良いが、論理的には破綻している。せめては決していけない人になっている。


時間がないのは、未来形の別の意味に思えてならない。

« 森友学園問題、首相「会計検査院が審査を」 党内調査に否定的 | トップページ | PSA、2650億円で独オペル買収 GMは欧州撤退 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 森友学園問題、首相「会計検査院が審査を」 党内調査に否定的 | トップページ | PSA、2650億円で独オペル買収 GMは欧州撤退 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ