« 自民3都議が会派離脱 小池知事側、都議選へ連携方針 | トップページ | 柏崎刈羽原発、見えぬ再稼働 東電首脳が新潟知事と初会談 »

2016年12月29日 (木)

稲田氏が靖国参拝 就任後初、防衛相と記帳

稲田朋美防衛相は12月29日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。参拝後、記者団に「防衛大臣稲田朋美と記帳した。防衛大臣である稲田朋美が一国民として参拝したということだ」と述べた。稲田氏によると、参拝は今年8月の防衛相就任後、初めて。
稲田氏は「今の平和な日本は、国のために命をささげられた方々の尊い積み重ねの上にあるということを忘れたことはない」とも語った。(共同:12月29日)


稲田朋美について考える。


靖国神社については何度か書いてきた。稲田朋美については、それより少ないと思う。特別書きたい内容でもないが、無視してしまってもどうかと思う。これでも、遺族会の会費を払う身ではあるので。
稲田の困ったところは、服装が場所に馴染まないところである。外交に関わる作業というのは、格式に則った作法をするということである。交渉は事務レベルで粗方済む。済まない問題も残るが、今回の真珠湾への首相訪問というのは、広島への米大統領訪問のお礼であるのが第一だから、広島でオバマが謝罪を口にしなかったら、安倍も真珠湾で謝罪を口にしないというのが作法である。服装についても同様である。オバマが広島を訪れたのがスーツであったから、安倍もそれに準じた服装をする。同行した稲田の立場は、広島の例の駐日アメリカ合衆国大使であるケネディに相当することになる。
順番に確認してみる。2001年に原潜事故との衝突により死傷者を出した、宇和島水産高等学校の練習船えひめ丸の慰霊碑の前では、パンツルックのスーツであった。パンツルックが悪いことはないのだが、上着の前ボタンは留めていなかった。最初、同行のSPかと思ってしまった。ボタンを留めないのは、そのようなデザインなのだろう。ブラウスはパンツに入れない仕様ということだろう、前にあるヒラヒラと合わせてヒラヒラ感が強い。慰霊碑に相応しいものかと思うのである。
次は、旧日本海軍飯田房太中佐の記念碑である。ここで、献花し、黙とうしている。ここでの服装は、白地に大柄な黄色のプリントのワンピースで、白のジャケットを着ている。これも前ボタンを留めていないが、これもこういうデザインなのだろ。靴は黒の革靴である。靴は前の慰霊碑と同じだろうが、安倍も外相の岸田も服装は同じ様だから、稲田がお色直しした理由が解せない。日本軍の軍人の記念碑であるから、服装がカジュアルな方向であっても、ハワイの人から反発されないと考えたのかもしれないが、この記念碑を維持管理しているのはハワイの人である。個人が観光として行って、その機会に訪問したというのなら、とやかく言う話ではないが、今回は防衛大臣として訪問している。相応しいかと言えば、答は明らかだろう。
どこでの出来事か忘れたが、稲田が横の安倍を意識して、チラチラ見ながら頭を下げるシーンがあった。タイミングが分からないのは許容するにしても、頭を下げる前に前を向き直さないと、随分と無礼な印象、というより、作法を知らない幼い姿に見える。問題は衣装に留まらない。稲田は髪をまとめたり、留めたりしないでいる。その結果、風の強い時期のハワイでは、髪が乱れることになる。稲田はあろうことか、髪に手をやる。それも頻繁に。これも幼い子供がするマナー違反の典型例である。

この幼き防衛大臣の行動は、靖国神社参拝でも表れる。靖国神社に昇殿参拝する際に、当然のことながら靴を脱ぐ。この際にあろうことか、お尻を正面に向けて靴を脱ぐ。246万6千余柱の神霊がお鎮まりになります本殿に向って、お尻を向けるとは何たる無礼者か。一般に、靴の脱ぎ方の作法は、段差が小さい場合は正面に向って脱いで、横向きに屈んで靴をそろえて移動し、段差が大きい場合には、段に腰掛けて脱ぐ。背を向ける形になっても、お尻を向けないものである。神社ではそもそも靴を直さずそのまま上がるという作法もあるようだ。いろいろな説があるようだが、稲田の方式はマナーの本に好ましくない靴の脱ぎ方の典型例として扱われる。
福井県の作法は違うのかもしれない。加えて、稲田自身の先祖に祀られる英霊がいるとして、末裔である娘の立身出世、成功を喜ぶ先祖があったにしても、それは墓参りで語られるものに過ぎない。もし、自身の近しい人が祀られていないとしたら、参拝は専ら政治信条によるものであるのだから、それこそ一定の作法に従うのが好ましい。それを学ぶ行為というのが、英霊を想うという行為である。不作法を承知で政治信条に従って行動するのなら、それはそれで潔いことであるが、それなら、終戦の日の海外逃亡を何とするのか。
稲田の行動の行き着くところは、保守的な思想を有する支持者へのご機嫌伺いに留まる。その程度の話を、政治信条の如く語るのはある種の詐欺である。選挙目当てに参拝するのは、靖国神社の政治利用と呼んでよかろう。


肩幅が狭いのか、頭が大きいのか、子供っぽく見える。米国人なら尚更だろう。

« 自民3都議が会派離脱 小池知事側、都議選へ連携方針 | トップページ | 柏崎刈羽原発、見えぬ再稼働 東電首脳が新潟知事と初会談 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自民3都議が会派離脱 小池知事側、都議選へ連携方針 | トップページ | 柏崎刈羽原発、見えぬ再稼働 東電首脳が新潟知事と初会談 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ