« 自公ぎくしゃく カジノ法で再延長批判・都議会でも緊張感 | トップページ | 青山商事、カジュアル衣料見直し 低価格「キャラジャ」撤退 »

2016年12月22日 (木)

市長・副市長が賭けマージャン一般職員の勤務時間中も

福岡県飯塚市の田中秀哲副市長が一般職員の勤務時間中に、庁舎外で賭けマージャンを繰り返していたことが分かった。斉藤守史市長が同席し、ともに賭けたこともあった。2人は事実を認め、12月22日の市議会で陳謝した。メンバーには元市幹部の元市議や、来年度から市施設の指定管理者となる事業者の代表が含まれていた。
2人によると、マージャンをしていた場所は元市議が管理する元マージャン店で、市役所から車で5分ほど離れている。普段は閉まっているが、2人が訪れた時だけ開けていた。市長や副市長ら特別職は勤務時間は決まっていないが、田中副市長は一般職員が勤務中の平日の昼間に庁舎を離れ、マージャンをしていた。斉藤市長が今年、同席したこともあったという。本会議で斉藤市長は「自分の軽率な行動で、市議会や市民の皆様にご迷惑とご心配をおかけしましたことに、心よりおわびを申し上げます」と陳謝。田中副市長は「1年間トータルしてみれば勝ったり負けたりでトントン。ゲーム感覚でストレス解消がメインと思ってやっていた」と述べた。事業者が同席していたことについては2人とも「旧知の知人で、便宜供与を図ったことはない」と説明した。議会後に記者会見した田中副市長は「ゲーム感覚で、何もないと面白くないと思った」と釈明。斉藤市長は「賭けなかったらマージャンをする人がどれだけいるのか」と述べ、平日の昼間以外にも週末などに賭けマージャンをすることがあったと認めた。(朝日新聞:12月22日)


市長の賭け麻雀について考える。


賭け麻雀を考える必要もないのだが、不思議な市長と副市長である。元市議が管理する元麻雀店で行われてる。店は営業していないのだから、副市長の為に店を貸している状態である。市長は賭けない麻雀などある筈がないと主張する。つまり、この元麻雀店は、賭けが行われることを承知、というより、賭け麻雀をする為に場所を提供している。つまり、この元麻雀店は賭博開帳図利罪にあたる。3カ月以上5年以下の懲役となっている。賭博罪の50万円以下の罰金又は科料に処せられると比べると随分と重い。市長らを刑事告発するなら、店のほうからやらないといけない。
違法賭博場に市長と副市長が出入りして、取引業者と麻雀をしたのだから、李下に冠を正さずのレベルより進んでいて、癒着が疑われて当然の行為である。マスコミは少額の賭け麻雀に注目しているが、営業している麻雀店で賭けが行われたのではない。賭けをすることが前提にある利用者に、場所を提供し、そこに市の業務を請け負う業者も加わったのである。危険過ぎる組み合わせを議論のテーブルに上げない理由が理解出来ない。

市長は賭けないと面白くないと言い、月単位でトントンで動いた金額は1万円程度としている。勝ったか負けたかに興味がないのに、そこを答える。大勝ちしていたら利益供与を疑われるという知恵はなく、単純に少額しか動かないから娯楽だという主張だろう。だいたい、仲間内でしか金が動かないのだから、トントンでなければ続けられないものだ。勝ったら負けた人が出る。一般の利用者がいない賭場なら、大きな偏りが生じれば抜ける人が出る。この人をカモと呼ぶ。
市長の説明を聞いて、博徒なら、少額のやり取りを所帯博打と蔑むことだろう。毎回、少額だが百万円程度しか動いていないと、市長は吹いた方が良かった。市長は見栄の張り方を知らないようだ。そっちの方が政治家にとって重要だと思うが如何か。

近々、市長はお詫び会見を開くことになる。有権者から叩かれれば頭を下げるものである。マスコミごときは相手にせずとも、有権者相手に戦う訳にはいかない。なんてったって、選挙命なのである。それならもう少しましな会見をして、一回で済ませば良かろうにと思うが、地方のローカル局限定ニュースと思って高を括っていたのだろう。お気の毒様である。


面白くなかったのは、賭けない麻雀より、市長業務なのだろう。

« 自公ぎくしゃく カジノ法で再延長批判・都議会でも緊張感 | トップページ | 青山商事、カジュアル衣料見直し 低価格「キャラジャ」撤退 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自公ぎくしゃく カジノ法で再延長批判・都議会でも緊張感 | トップページ | 青山商事、カジュアル衣料見直し 低価格「キャラジャ」撤退 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ