« コカ・コーラ東西、経営統合を発表 統合効果3年で200億円 | トップページ | 自民・小野田氏が二重国籍状態 米国籍「放棄手続き中」 »

2016年10月 3日 (月)

アマゾン読み放題、講談社などの全タイトル消える

通販大手アマゾンジャパンの電子書籍の読み放題サービスをめぐり、人気本多数がラインアップから外れた問題で、講談社など出版複数社の全タイトルが外れたことが10月3日、わかった。
このサービスは「Kindle Unlimited」。8月3日に小説やコミックなど和書を計約12万冊を集めてスタートした。講談社によると、開始から1週間ほどで人気上位の十数タイトルが外れ、9月30日夜以降、同社の約千タイトル全てが外れたという。関係者によると、同社のほか光文社など複数社の全てのタイトルが外れた状態になっている。光文社は「提供した約550タイトルが全て外されており、元の契約通りのサービス継続を求めていく」という。同サービスで、アマゾンは年内に限って規定料に上乗せして料金を支払う契約を一部の出版社と結んだ。しかし、ダウンロード数が想定以上に及んで支払額がかさんだため、アマゾン側は「予算が不足した」と契約の見直しを求めていた。ある大手出版社によると、さらにアマゾンは、9月で上乗せをやめ、「了解が得られない場合は人気のあるタイトルから、ラインアップから外していく」と通告したという。講談社は「アマゾン社の配信の一方的な停止に対して強く抗議する」とのコメントを発表。一方、アマゾンジャパンは「個別の取引関係についてはコメントを控える」としている。(朝日新聞:10月3日)


電子書籍について考える。


Kindle Unlimited は、定額で読み放題のサービスの名称である。Amazon はユーザーから定額での支払いを受けるが、読み放題で沢山の書籍を読んだ場合に、出版社に対する支払い額は定額ではなく、キャンペーン期間は上乗せした金額になっているというから、大きな赤字が発生する危険がある。こんな危険は横に置いて、電子書籍に慎重な出版業界と著作権者を誘導する目的があったのだろうが、利用者の動きの方を読み違えたということだろう。それでも、契約したならサービスは継続するのが米国資本の流儀と信じていたが、豈図らんや赤字の流出防止に動くとは。
売れるタイトルが限られているのは容易に想像が付く。そこを考慮しないで契約したなら迂闊であるし、有力なタイトルを読めないとなれば、定額サービスも看板倒れである。定額サービスはタイトルの充実が必須要件である。ユーザーからしても随分な話となる。

伝統的な紙出版を生業にする企業からすれば、Amazonなどという販売会社は、もともと胡散臭いと疑いの念を持たれる存在である。売れすぎたからサービスを停止するというのは、契約書の中で許容される内容であったとしても、自ら胡散臭さが強まる行動を選択したのだから、今後は契約に慎重にならざるを得ない。少なくとも、取引先との十分な協議も無しに変更するのは商慣習を無視するものである。慣習を無視するというのは、この商売の仁義は守らないと宣言することである。道徳上の問題を超えて、宣戦布告するに等しい。

アマゾンジャパンは、米国の親会社から言われたから動くだけの存在かもしれない。日本という、日本語と柔軟性の乏しい商習慣が存在する閉鎖的な市場は、英語を用いる国際資本に取っては特別重視する市場ではないのかもしれない。しかし、いろいろとインフラが整っているので、試みをするには絶好の場所である。つまり、試験は完了したということである。


心貧しき会社である。

« コカ・コーラ東西、経営統合を発表 統合効果3年で200億円 | トップページ | 自民・小野田氏が二重国籍状態 米国籍「放棄手続き中」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コカ・コーラ東西、経営統合を発表 統合効果3年で200億円 | トップページ | 自民・小野田氏が二重国籍状態 米国籍「放棄手続き中」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ