« 小田急百貨店、横浜に小型店 働く女性ターゲット | トップページ | TPP月内衆院通過に壁 農相「強行採決」発言で紛糾 »

2016年10月19日 (水)

東芝、青梅事業所を17年3月末閉鎖 パソコンなど開発

東芝は10月19日、閉鎖・売却の方針を示していた青梅事業所(東京都青梅市)を2017年3月末をめどに閉鎖すると発表した。同事業所は敷地面積約12万平方メートルで、パソコンやテレビなど映像事業の開発拠点がある。グループ会社を含めて約1250人の従業員は他の拠点に移して勤務を続けてもらう。閉鎖時期を地元の自治体にも伝えた。売却先などは現時点で決まっておらず調整を続ける。
青梅事業所は1968年設立。電算機工場としてワープロ「ルポ」やノートパソコン「ダイナブック」などの開発拠点としていたほか、家電子会社の本社機能も置くなど、最盛期には約4600人を抱える東芝の主要拠点だった。会計不祥事をきっかけにした家電・パソコン部門のリストラの一環で、昨年12月に閉鎖・売却の方針を示していた。(日本経済新聞:10月19日)


東芝青梅事業所について考える。


青梅事業所の閉鎖計画が労組が問題視して、少し前から話題になっていた。国内から海外に生産拠点が移動し、開発のみを行う事業所になっていた。伝統的な企業に多く見られることであるが、都市部に大きな工場や社宅等に用いられた不動産を所有していて、近年の海外進出や企業の統合、福利厚生の見直しにより、不動産価値を考慮したときに売却が相応しいという経営判断に至ることが多くある。人口が減少する方向にいくことが決まっているこの国において、都市の中心部にある不動産は別の価値を生み出す可能性があるにしても、周辺部の不動産価値は現在が売り時という判断は一定の妥当性があるのだろう。
東芝青梅事業所は現在第一種特別工業地区であるが、隣接する地域が第一種中高層住居専用専用地域であるから、青梅市も状況によっては変更する可能性もある。青梅にマンションを作って売れるかというのは別の問題としてあるが、持っているだけで何も生み出さないのなら処分することになるだろう。まあ、圏央道のインターから2キロメートル程度の距離であれば、倉庫利用も考えられる場所ではある。面積も十分あるのだし。

その昔、青梅事業所の中に入る機会があった.。そのときに、幾つかの NeXTcubeを見た。光磁気ディスク (MO) をメインの外部記憶装置にしたワークステーションである。記憶が曖昧なので、この頃の製品ではHDDがメインになっていたかもしれない。遅いMOで高性能を目指すというのはセンスがない。だから、HDDに置き換えられたというものだが、MOが安く入手できる政治的な事情も背景にあったようだ。加えて、MOの容量が256MBと小さいことは、リムーバブルであっても如何ともし難い。もっとも、媒体の抜き差しはシステムをシャットダウンしないと出来ないのだが。そんなものはどうでも良いのだが、最新鋭のコンピュータを導入していたという印象だったというだけの話である。ルポの成功で資金はあったろうし、 ダイナブックも売れていたか売れる前だったかした頃だ。他にも幾つも高性能な機器があったろう。コンピュータ技術の調査の為に、高価な製品が並んでいる事業所であった。
景気の良い時は研究開発に多くの資金を使えるが、景気が悪くなると事業所の閉鎖により就業機会を失うことになる。これをすべて排除して安定させようとすれば、社会主義的な政治体制をとることになる。これが上手くいかないのは、一世紀を掛けた壮大な社会主義国家の破綻により、結果が出たと言って良い。しかし、これは自由主義の政治体制が正解という結論を示していない。他にないというか、他よりましというか、結構消極的な選択でベターという程度である。それではどうすれば良いのかという問に答を持たない。まあ、人間がやるのだから、怠けない方向に小さな力が掛るのは妥当だし、その目的で競争原理も必要なのだろう。しかし、すべてに過度な競争が必要とは思わない。競争原理主義への批判は何度か書いてきた。ワープロ専用機も市場を失い、パソコンも共通プラットフォームになって競争のあり方が変わった。ワークステーションのようなコンピュータも姿を変えて、高性能なパソコンとネットワークの整備と環境が変わってきている。四半世紀前とは多くのことが変わって、生産拠点も同様に変わった。その結果、会社も変わることを求められているということである。


困ってから何かするでは間に合わない。

« 小田急百貨店、横浜に小型店 働く女性ターゲット | トップページ | TPP月内衆院通過に壁 農相「強行採決」発言で紛糾 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小田急百貨店、横浜に小型店 働く女性ターゲット | トップページ | TPP月内衆院通過に壁 農相「強行採決」発言で紛糾 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ