« 三笠宮崇仁さま逝去 100歳、天皇陛下の叔父 | トップページ | 欅坂46のナチス酷似衣装、所属会社と秋元康さん謝罪 »

2016年10月31日 (月)

日本ハムが10年ぶり3度目の日本一 広島に10―4

SMBC日本シリーズ2016は10月29日、広島市のマツダスタジアムで第6戦を行い、日本ハム(パ・リーグ優勝)が10―4で広島(セ・リーグ優勝)に勝ち、通算4勝2敗として10年ぶり3度目の日本一に輝いた(東映時代を含む)。栗山監督は初の日本一。25年ぶりに日本シリーズに駒を進めた広島はシリーズ2連勝と好スタートを切ったが、32年ぶりの優勝はならなかった。
日本ハムは4―4の八回、2死からの3連打で満塁の好機を作り、中田が押し出し四球を選び勝ち越し。投手バースの適時打に続き、レアードの満塁本塁打で試合を決めた。広島は五回の丸のソロ本塁打や六回の下水流の適時打で一時追いついたが、4番手のジャクソンが6失点と大誤算だった。(日本経済新聞:10月29日)


プロ野球について考える。


日本シリーズは、広島の25年振りのリーグ優勝と黒田投手、日本ハムの大谷選手と注目する要素があって、首都圏での試合がないにもかかわらず盛り上がりを見せた。6試合の観客数と試合時間を下に示す。

■ 日本シリーズの観客数と試合時間
  1回戦     30,619人     3時間39分
  2回戦     30,619人     3時間39分
  3回戦     40,503人     3時間51分 (延長10回)
  4回戦     40,599人     3時間30分
  5回戦     40,633人     3時間32分
  6回戦     30,693人     4時間01分


固定客数で確認すると、マツダスタジアムが3,0350席、札幌ドームが41,484席と公表されている。立ち見も可能なようだが、消防法の規制が掛るので、この人数が収容数の最大に近いと考えて良い。1,2,6戦がマツダスタジアムで、他が札幌ドームである。どの試合も満員であったと解釈して間違いなさそうだ。
試合時間はというと、3時間30分を超える。試合開始予定が6時半が基本になっていて、セレモニーがある場合は遅れる傾向がある。6時半の場合には、終了が10時を過ぎるということになる。CSシリーズでは地上波中継がなかったりしたが、日本シリーズともなると中継される。しかし、中継時間が9時までの予定になっていて、後の番組予定を変更することで対応することになる。2時間半で終わると思っている人はほぼいないだろう。実務的には9時半の放送予定で計画するところではないかと考える。
ということで、優勝した日本ハムに敬意を表して、日本ハム主催のレギュラーシーズンの71試合について試合時間と観客数を確認した。ついでに試合時間をヒストグラム化した。結果を下に示す。

■ 日本ハム主催71試合の試合時間と観客数
       試合時間   観客数
  平均    3:19    29,186
  最大    5:10    41,138
  最小    2:20    10,737

Nh_2
ざっくり言うと、3時間台で試合が終了するのが六割、2時間台が三割、4時間超が一割というところである。6時半始まりの試合で、9時まで中継予定では、これで試合終了となる割合は2%にも満たない。中継する気があるのかないのか分からない気分になるが、試合終了まで中継するとしているのだから、後の番組の視聴者を軽く見ているとも思えてくる。現実的には10時までの中継にして3時間半にすれば半分程度はカバーできる。
観客数に注目すると、その昔にあったパ・リーグの閑散として状態はなく、平均で3万人近い観客数がある。対戦相手によって違うのかと疑問に思って、集計したのが下である。

■ 対戦チーム毎の平均試合時間と平均観客数
    対戦相手     試合時間   観客数
  福岡ソフトバンク   3:31      35,746
  千葉ロッテ       3:20      31,611
  東北楽天        3:20      28,646
  オリックス        3:08     28,346
  埼玉西武        3:18      25,084
  セ・パ交流戦      3:19      24,342


交流戦は、広島 (19,211)、阪神 (32,712)、ヤクルト (21,104)と各3試合である。括弧内に示したのが平均観客数である。阪神は人気球団であるので客数が多いが、パ・リーグのソフトバンク戦より少ない。広島、ヤクルトとなると西武戦より入りが悪い。試合数が少なく、天候や日程に影響されやすいことは考慮しなければならないが、セ・リーグの人気球団に依存する状態から脱していると数字上は見える。それなら交流戦を無くしてもというのは、また別の問題もあるから、ここら辺りの問題は、観客数という興行収入との単純な組み合わせで判断するものでもないようだ。
試合時間については、ソフトバンクで長く、オリックスで短い。20分以上の差があるから、意味のあるものだと思う。戦力分析は今回の目的でないのでここまでにする。

プロ野球の試合時間の長さは四十年前にも問題にしていた。その頃は三時間を超えるのは長いという議論であったが、現在では三時間半を問題にする状況である。サッカーやラグビーは二時間でほぼ終了するスポーツで、英国系のスポーツで試合時間が読めない有力スポーツにはテニスがあるが、これは地上波での中継は少ない。2時間で済むこともあれば、4時間を超えることもあるというのはテレビ中継が難しい。有料のスポーツチャンネルが最適であろう。ゴルフ中継は最後の方をまとめて放送なので、厳密には生中継と違うかもしれない。そういえば、バレーボールの中継も試合時間が違う。アメリカンフットボールは2時間半くらいだろうか。
人気があるスポーツであっても、だらだらと長い時間を掛けていては、特定のマニアだけのものになってしまう。てきぱきを進めるのにマニアは反対するのだろうが、少なくともテレビ放送は時間が不確定なのは好まない。


テレビ中継がないから球場に足を運ぶということか。

« 三笠宮崇仁さま逝去 100歳、天皇陛下の叔父 | トップページ | 欅坂46のナチス酷似衣装、所属会社と秋元康さん謝罪 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三笠宮崇仁さま逝去 100歳、天皇陛下の叔父 | トップページ | 欅坂46のナチス酷似衣装、所属会社と秋元康さん謝罪 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ