« エプソン、オリエント時計を統合 ブランドは継続 | トップページ | 蓮舫氏「男なら泣くな」 討論会で玉木氏に »

2016年9月 7日 (水)

極東地域の経済協力合意 経産相、ロシア側と

世耕弘成経済産業相は9月7日、ロシアのガルシカ極東発展相と経済産業省内で会談し、ロシア極東地域の産業振興や輸出増に向けて協力し合う方針を確認した。今後、12月のプーチン大統領の来日に向けて具体策を検討していく。世耕経産相は会談で「大統領訪日に向けて日ロ関係はさらなる発展の好機にある。協力プラン(の策定)に全力で取り組む」と述べた。(日本経済新聞:9月7日)


極東ロシアについて考える。


極東ロシアはソビエト連邦崩壊後、取り残されたというか放置された地域である。この地域に暮らす人は、中央政府に対する不信感がぬぐえないという状況のようだ。そんな無政府状態を経過すれば必然的に発生するのが、 汚職や犯罪、違法ビジネスというものである。その地域の行政の長も、犯罪組織と仲良しというか、犯罪組織そのものうと言って良い人物が就任する。もともと人口の少ない地域である。
ロシアのウクライナへの侵攻 (西側から見た言葉ではある) により、正しくはウクライナのクリミアのロシアへの編入が妥当なのだろうが、ロシアは西側から制裁を受けるに至った。クリミアはロシア系住民が半数を超える地域であり、ロシアと国境を接していることから、ウクライナというよりロシアへの帰属意識が高いと言われる。ウクライナ全体のロシア人の割合は17%程度とされるが、クリミア半島では58%と差が大きい。ウクライナは地下資源で潤っている国であるが、資源のある地域は東側にある。人口の少ない地域である東側でロシア人の割合が大きいという事情が、この事態をより複雑にしている。

さて、ウクライナでの問題発生により、経済的に追い込まれてしまったロシアには、極東地域の経済的な発展を目指したくても出来ない状況にある。相手は中国、韓国、日本となるが、北方領土の交渉という札を持つ日本が有力な候補になるのだろう。無論、日本以外の可能性を放棄することはない。
北方領土の交渉の取引条件として設定するのが実際的な話になるだろう。過去に合意している二島を返還し、残りの二島を期間を設定して返還する。日本は解決金をし払うことになるのだろう。沖縄の返還時に米国に支払いをしている。ロシア側の希望としてはパイプラインを北海道につなげること、鉄道をつなぐ構想などが出てくるだろう。第二シベリア鉄道 (バイカル・アムール鉄道) の東の終点はソヴィエツカヤ・ガヴァニであるが、ここからサハリンにつなげるのは距離が長いから、ネヴェリスコイ海峡を超えてサハリンに、宗谷海峡で北海道とつなぐということになる。シベリア鉄道は日本のレール間隔と異なる広軌を採用しているから、北海道の適当なところまでこの幅の線路を敷くことになるのだろう。苫小牧港か小樽港まで延長すれば、国内の物流との接続は良くなる。なんとも気の長い話である。その費用を日本に出させようと思うのなら、南樺太は日本の統治下にするくらいのことがあって良い。
そんな夢物語をしないことには領土問題など解決しないだろう。土地を差し出すことで政府は国民から激しく批難されるものである。ここの妥協は、よっぽど条件の良い話がついてこなければならないものである。ロシアからすれば、お気軽に渡すと、西側での国境紛争に影響する心配もある。
鉄道の開発は先の先として、現実的な問題としては、ほぼ同じルートになるであろう、天然ガスのパイプラインということになる。これで日本は安く安定的に天然ガスを得られる。エネルギー資源については、他の国際問題と密接に関係するから、両国の関係が友好的であり、諸外国もそれを良しとすることが前提になる。だから、まどろっこしい鉄道の話の方が問題が小さかったりするのである。

第二次大戦で激しい戦争をした日本と米国が、今や米国側から見ても最上位の友好国になっていることを考えれば、日本とロシアが劇的に改善する可能性がないとはいえない。むしろ、そうする為のきっかけに北方領土問題の解決がなるのだ、という論理は成立しそうな気がする。これで安倍晋三はノーベル平和賞候補になるのだが、そんなに単純な話でもなさそうだ。日露の接近を嫌うのは、最大の友好国である米国であったりするからである。


鉄道接続なら、モンゴルの方が良さそうだ。石炭を運ぶのだがCO2排出で否定されるか。

« エプソン、オリエント時計を統合 ブランドは継続 | トップページ | 蓮舫氏「男なら泣くな」 討論会で玉木氏に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エプソン、オリエント時計を統合 ブランドは継続 | トップページ | 蓮舫氏「男なら泣くな」 討論会で玉木氏に »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ