« 8月の輸出船契約82%減 8カ月連続で前年割れ | トップページ | 議長ら3市議が辞職願 富山市議会、政活費不正 »

2016年9月16日 (金)

豊洲市場地下の水、有害物質検出なし 共産党都議団検査

東京都の築地市場(中央区)が移る予定の豊洲市場(江東区)で、盛り土のない主要3棟の地下に水がたまっている問題で、共産党都議団は9月16日、採取した水を検査した結果、環境基準を超える有害な化学物質は検出されなかったと発表した。
3棟のうち青果棟を14日に視察し、採取した水の検査を民間検査機関に依頼。対象としたベンゼン、六価クロム、シアンは検出されなかったが、環境基準の4割のヒ素が検出されたという。ヒ素は雨水には含まれないといい、「たまった水は地下水の可能性が強い」とみている。この日、3棟の地下が報道陣に初めて公開された。(朝日新聞:9月16日)


土壌汚染について考える。


工事が計画通りでなかったことは置くとして、土壌の入れ替えは行われている。それで充分でかるのかについては議論のあるところだろう。なんといっても、この土地は東京ガスが石炭からガスを製造する工場として三十年稼働していた土地である。現在ではなく、昭和三十年代からということが問題で、この頃の環境基準は現在と大きく違うから、土壌に問題が生じることが多い。代表的な産業としては、メッキ工場や半導体工場が工場閉鎖後にマンション建設を行おうとすると、土壌から基準を超える物質が出たことで大騒ぎになるという例がある。化学系の工場全般について、この時期に操業していたものでは問題が生じ易い。これは良い悪いの話ではなく、そんな事情があるという事実を認識する必要があると言うことである。
豊洲市場予定地の報告された計画にある盛り土が行われなかった建物で、地下に水が溜まっていることが確認され、水について分析がされたというのが今回の記事である。いろいろと問題が指摘されているが、この地下空間 (地下室と呼ぶのはいけないようだ) について、入って大丈夫な場所なのかから不安がある。ベンゼンは気化するから、密閉された空間にあっては濃度が高まっている可能性がある。東京都の職員が水の採取を拒絶したことがあるようだが、そもそもここへの立ち入り許可を誰が出しているのだろうか。都議が調査の為に入ることの妥当性の話ではない。ここの安全管理を誰が行うのかということである。水についても、極度に高い有害物質が入っていないと推定する根拠はない。おおよそ問題が無いとする推定は蓋然性の高いものではあるが、環境性の観点から必要とされた作業を行わず、公式に存在が認められていない場所が、安全ですと説明できる都の職員はいない。共産党が水汲む前に、東京都が行わなければならない仕事であった。それは簡易分析でも構わないから、緊急的な安全上の問題が出ないかと確認するのに必須であった筈である。

東京都は行わないし、問題発生後の対応にばかり気が行っているから、水の分析を方々で行うことを嫌っている。微量分析になるから、手順は正しくなければならない。それを理解した技術者が、正しい道具を用いて行い、高度な分析器によって行うという手順が求められる。ベンゼンが地下に溜まっていたとしても、多くの人の出入りによって拡散し、濃度が急激に低下した可能性もある。つまり、この手のものは検出されないだろう。溜まり水についても、歩き回って撹拌したような場所が最適かどうかは分からない。低濃度であるのなら、最適な採取ポイントがあるだろう。
出た出ないと騒ぐより、より厳密な調査を行うことの方が優先される。その為には、入室管理を徹底しないといけない。つまり現場保存である。東京都の職員が、現場保存を前面に出して立ち入り制限を掛け、環境調査についての計画を同時に発表するというのが、最も科学的に正しい手順であったと考える。


都の職員は、手緩いというより無知である。

« 8月の輸出船契約82%減 8カ月連続で前年割れ | トップページ | 議長ら3市議が辞職願 富山市議会、政活費不正 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 8月の輸出船契約82%減 8カ月連続で前年割れ | トップページ | 議長ら3市議が辞職願 富山市議会、政活費不正 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ