« レスリング吉田、4連覇逃し銀 バドミントン高橋・松友組が金 | トップページ | 三菱自、賠償金支払いで顧客に通知漏れ 燃費改ざん問題 »

2016年8月22日 (月)

リオ五輪閉幕、東京へバトン 小池知事が五輪旗受け取る

第31回オリンピック競技会リオデジャネイロ大会は8月21日(日本時間22日午前)、ブラジル・リオデジャネイロ市のマラカナン競技場で閉会式が行われた。南米で初開催となるリオを中心に繰り広げられた17日間の祭典は幕を閉じた。2020年の次回大会は、東京で開かれる。
閉会式は冒頭で花火が打ち上げられ、ブラジルの人気サンバ歌手らが華やかな雰囲気を演出。選手入場では各国選手が旗手を務め、日本は陸上男子10種競技の右代啓祐(30)=スズキ浜松AC=が開会式に続いて日の丸を掲げた。五輪旗の引き継ぎ式では、東京都の小池百合子知事が旗を受け取り、東京大会をPRするアトラクションには安倍晋三首相も登場した。(朝日新聞:8月22日)


オリンピックについて考える。


東京開催に懐疑的な者が書くことに無理があるからだろうが、何だか変な気がするところばかり目につく。安倍のことはまあ良いだろう。この人物の政治活動以外について、何か批判を加えることは差別している気分になる。東京大会のPRというのは、安倍という着ぐるみが、今日の表現としてはゆるキャラということだろう。ニュースを見ていたら、相撲取りが出ているのかと思って注意してみたら、小池百合子だった。裾が広がってしまったのは旗を振ったからとも言えようが、旗を振ることが前提であったのだから、それに相応しい衣装にすれば良い。和装ありきのものだとしても、足の位置を工夫すればもう少しなんとかなるものだろうにとも思う。着付けの専門家が同行しなかった可能性もあるし、それもこれも舛添の責任ということも可能であるが、和装をリオ市長から指定された訳でもなく、自分自身の選択であるのだから結果に責任を負うのは当然である。
相撲取りに見えた理由は、帯の位置にあるようだ。少し高いのは、若作りのつもりかもしれないが、若い女性の体形でもない。しかも、高いばかりではなく、少々前後で傾いでいる。結果として、姿勢が悪く見えてしまう。ショートカットなのだから、何か髪飾りを付けるくらいの工夫もあって良いだろう。そう思うと、手が空いているときに、ぶらんと両手を下げるのは無しだ。これでバカボンのように見えたのだと気付いた。
和装の素人が思うことだから的外れかもしれないが、日本の伝統文化を世界に広めようと思ったのなら、正しい情報発信でなければならない。フジヤマ、ゲイシャのゲイシャは小池百合子というのでは、花柳界に申し訳が無いではないか。


国威発揚につながらない行動は慎まなければならない。

« レスリング吉田、4連覇逃し銀 バドミントン高橋・松友組が金 | トップページ | 三菱自、賠償金支払いで顧客に通知漏れ 燃費改ざん問題 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レスリング吉田、4連覇逃し銀 バドミントン高橋・松友組が金 | トップページ | 三菱自、賠償金支払いで顧客に通知漏れ 燃費改ざん問題 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ