« 日産、車向け電池事業撤退 子会社売却へ | トップページ | 山梨で39.2度 都心も今年最高37.7度 »

2016年8月 8日 (月)

衆参両院議長の謹話全文 天皇陛下「お気持ち」表明受け

天皇陛下の「生前退位」を巡るビデオメッセージの公表をうけ、大島理森衆院議長と伊達忠一参院議長がそれぞれ謹話を発表した。全文は次の通り。

■ 大島議長謹話
天皇陛下には、日本国および日本国民統合の象徴として、数々の国事行為や諸外国との友好親善、宮中行事などの各般の公務に精励されておいでになりました。陛下は常に日本国憲法下における皇室のあるべき姿をお考えになり、皇后陛下とともに戦没者の慰霊に尽くすと共に世界の平和を祈り、また各種の災害時には被災地を慰問し、被災された方々と膝を接して親しくお言葉をかけられるなど、国民のそばに寄り添い、国民と共に歩んでこられました。
私を含めて国民はひとしく、このような両陛下の真摯なお姿や人々に向けられる慈愛に満ちたまなざしを目の当たりにし、深い感銘をうけるとともに、尊敬と思慕の念を抱いているところであります。その一方で、陛下が象徴としてのお立場を第一としてお考えになり、国民に寄り添おうとする姿勢を示されることにより、御齢を重ねられるにつれてお体に負担がかかりましたことは、私といたしましては誠に恐懼の至りであり、忸怩たる思いであります。このたびの陛下からのお言葉は、立法府の長として謹んで受け止め、思いを深く致しております。また皇室のあり方につきましては、今後国民各層において幅広く議論がおこなわれ、国民を代表する国会議員には、これらの議論を受けつつ粛然とした対応をすることを望みます。

■ 伊達議長謹話
天皇陛下におかれましては、日本国及び日本国民統合の象徴として、その御即位以来、皇后陛下とともに、常に国民に寄り添い、数多ある御公務はもとより、被災地のお見舞い、戦没者の慰霊などにも、心をこめて取り組んでこられました。そのお姿に、深い敬慕の念を抱いてきたところでございます。
今般、天皇陛下よりお気持ちが示されたことを承り、その御心を謹んで受け止めております。今後、皇室の在り方について、議論が深まっていくものと思います。(
日本経済新聞:8月8日)


首相のコメントも引用する。

■ 安倍晋三首相コメント
本日天皇陛下よりお言葉がありました。私としては天皇陛下ご自身が国民に向けてご発言されたことを重く受け止めています。天皇陛下のご公務のあり方などについては、天皇陛下のご年齢やご公務の負担の現状に鑑みるとき、天皇陛下のご心労に思いをいたし、どのようなことができるのか、しっかり考えて決めなければいけないと思っています。

どれも具体的に何をするかに触れていないが、こんな時にはそんなものだろうと思う。しかし、どう捌くかとなると難しい問題ではある。現在の陛下に限る特例として退位できる特別法というのは、発言のもとにあるところの主旨を考えれば筋が悪そうである。しかし、皇室典範の大幅な改定に踏み込めばまとめ難い。特に、安倍の支持基盤である保守層にウケが悪いことは確実である。面倒なので右翼と総称することにするが、国体護持と口では言っても、本当のところ、天皇制はあった方が都合が良いが、今上天皇の置かれた状況について配慮するなどという考えは持っていないのだろう。右翼にとっては、天皇は神聖にして侵すべからずということなのだろうが、それは都合よく利用するとも聞こえてくる。女性皇族に関わる議論など、何もしないまま放置している状況である。皇室が絶えても良いから、従来からの制度は変更しないという覚悟があるのなら、それを主張すれば良い。しかし、主張もしないし、覚悟など欠片も無いというのであれば、問題を先送りするだけの話に過ぎない。どうありたいと考えるのかを明示しないで、適時利用だけするというのは、この国の政治家によくある対応である。立法府の両議会の議長と、行政府の長においては、政治家の本質を問われているということである。


軽い人間が重い問題処理に適さないが、重い政治家などこの世に無いから仕方ない。

« 日産、車向け電池事業撤退 子会社売却へ | トップページ | 山梨で39.2度 都心も今年最高37.7度 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日産、車向け電池事業撤退 子会社売却へ | トップページ | 山梨で39.2度 都心も今年最高37.7度 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ