« 都知事選、小池氏が当選確実 増田・鳥越両氏ら破る | トップページ | 大林組、山梨にバイオマス発電所 東京五輪後にらむ »

2016年8月 2日 (火)

大渕愛子弁護士が業務停止1カ月 不当に着手金受け取る

依頼者から不当に受け取った着手金など約18万円を返還しなかったとして、東京弁護士会は8月2日、同会所属の大渕愛子弁護士(38)を業務停止1カ月の懲戒処分にしたと発表した。大渕弁護士は「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)などのテレビ出演で知られる。
同会によると、大渕弁護士は2010年10月、女性から養育費請求の依頼を受け、着手金約18万円と事件終結まで月約2万円の顧問料で契約した。その後、女性の希望で日本司法支援センター(法テラス)が弁護士費用などを立て替える制度を利用することになり、大渕弁護士は法テラスが定めた着手金と実費計12万5千円を受け取った。法テラスが決定した額以上に受け取れない規定があるが、大渕弁護士は着手金の残金などとして、さらに女性から約18万円を受け取った。女性は追加で支払った額の返還を求めたが、大渕弁護士は拒否。11年10月に弁護士会から法テラスの制度について説明を受け、返還したという。大渕弁護士は東京都内で会見し、「依頼者の方、関係者の皆様にご迷惑をおかけし、心よりおわび申し上げます」と謝罪。「弁護士であれば知っているべき法テラスのルールを認識していなかったことが原因だった」と説明した。(朝日新聞:8月2日)


弁護士について考える。


大渕愛子は、アムール法律事務所に所属している。この法律事務所は、離婚関係の問題、特に女性側からの問題を主な仕事にしている事務所である。過去の記事では、大渕の他に女性弁護士が二人在籍していたが、この二名は他の弁護士事務所に移ったようだ。テレビ番組に沢山出演するタレント弁護士である。
思い出して確認したら2015年6月にテレビ番組で、無期懲役になっても15年で仮釈放されると話していた弁護士であった。2005年の有期懲役の変更による影響もあって、無期刑の仮釈放の実態は30年を超える状態になっている。また、無期懲役刑で仮釈放数より獄死者数が上回っている状況からすれば、無期懲役は仮釈放まで30年で半数は獄死すると理解して大きな外れはない。この手の資料は、法務所が公表しているから容易に入手可能である。テレビ番組で発言するなら、その程度の資料を確認するくらいすれば良かろうにと思うが、離婚弁護士には不要な知識かもしれない。それなら発言しないというのが理性ではある。

記事に戻る、法テラスの正式名称は、日本司法支援センターという。法律専門家によるサービスを受けることが容易になるように、総合法律支援を推進する為に2006年に設けられた。公平な裁判を受ける権利を実現することが目的であり、経済的な理由や地域差があってはならないという憲法にそった理念がある。記事の事案は2010年のことであるから、知らなかったというには時間が経過している。これだけでも随分な話である。
記事にある月約2万円の顧問料というのは、この法律事務所で大渕に依頼する場合には、通常の料金の他に顧問料が発生するシステムになっているということだ。なんだか水商売の氏名料みたいだが、明朗会計になっているなら法律事務所にあっても良いとは思う。法テラス利用であると、決められた料金以外の請求は出来ないという。2011年10月に弁護士会から法テラスの制度について説明を受け、大渕は追加で支払った分を返還したという。
表面上の確認では、とても業務停止にするほどの話ではない。弁護士の処分について確認した。軽い方から示す。

  ・ 戒告 (弁護士に反省を求め、戒める処分)
  ・ 2年以内の業務停止 (弁護士業務を行うことを禁止する処分)
  ・ 退会命令 (弁護士たる身分を失い、弁護士としての活動は出来なくなるが、弁護士となる資格は失わない)
  ・ 除名 (弁護士たる身分を失い、弁護士としての活動が出来なくなるだけでなく、3年間は弁護士となる資格も失う)

後ろの二つの処分はめったにお目にかからないものだろう。依頼者に余分な請求をして、返さなかったからといっても、結果として返したのだから戒告処分くらいが妥当な気もする。業務停止も1年もあったら、その法律事務所は潰れてしまう。一人の事務所だからといっても、事務員もいるだろう。同業者への情けもないものかとも思うが、法律家として適正な処理を行っているというのなら、正しい仕事をしていると言える。
ネットで検索すると、この法律事務所には悪い評判がある。テレビに出演すれば嫌う人も出る。法律事務所においても、期待した結果が得られなかったと不満を持つ人もあるだろう。それにしては、被害者の会があったり、逆に損害賠償訴訟があったりと少々仕事に問題がありそうには思えてくる。

テレビ出演は弁護士の肩書があってのものだから、テレビ出演は処分の期間停止されることになるだろう。そして、その席は別の弁護士が座ることになるのが、こういった業界の競争原理ではある。


弁護士よりタレントに重心があるようだ。

« 都知事選、小池氏が当選確実 増田・鳥越両氏ら破る | トップページ | 大林組、山梨にバイオマス発電所 東京五輪後にらむ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 都知事選、小池氏が当選確実 増田・鳥越両氏ら破る | トップページ | 大林組、山梨にバイオマス発電所 東京五輪後にらむ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ