« シチズン、スイスの高級時計メーカー買収 | トップページ | 専門職業大学創設を答申 文科省、3年後の開学目指す »

2016年5月27日 (金)

米大統領が現職で初めて広島訪問、慰霊碑に献花 核なき世界訴え

オバマ米大統領は5月27日、現職大統領として初めて広島を訪問し、原爆慰霊碑に献花した。
献花後のスピーチで大統領は「亡くなった方々を悼むために訪れた。あの悲惨な戦争のなかで殺された罪なき人々を追悼する」と述べた。その上で「歴史の観点で直視する責任を共有する。このような苦しみを繰り返さないために何をすべきか問う必要がある」とし、核保有国は核なき世界を追求する勇気をもつ必要があると語った。大統領はその後、被爆者と握手し対話、原爆ドームを見学した後、平和記念公園を離れた。(ロイター:5月27日)


被爆地訪問について考える。


ノーベル平和賞を核廃絶を訴えたことで受賞している米国大統領である。被爆地の訪問というのは考えられる行動である。しかし、原爆を投下した国の代表が訪問することで、原爆投下が間違っていたというメッセージを発信したと誤解され、謝罪したということになると具合が悪いことが生じるというのは容易に想像が付く。日本側は謝罪を求めていないと説明しても、行って被害の大きさを目にすることで謝罪に近付いてしまうという懸念があるのだろう。
謝ると謝らないしかない、つまり、正しいと間違いしか存在しない近代人工国家の素朴な論理に従えば、広島というのは行ってはいけないところになる。しかし、行ってはいけない場所があるということ自体が、そこに間違いがあったことを認めることに繋がる。この論理的な破綻をどのように収めるか、論理的に整合を付けるというのは難解な課題である。しかし、広島の関係者達は、謝罪を求めてはいない。求めないのは、無駄に長い歴史のある国では、適当なところで塩梅を付けて、結論は先送りするというのを知恵として生きてきた。これを結論を出さない国、あるいは出ない国だと批判するのは容易であるが、結論を出した先に何も無いのが分かっているのなら、結論をあえて出さないというのは理性的な行動になる。正解があることを当然に予定している国と、答えはないのかもしれないという立場を取り得る国との違いではある。

米国大統領が訪問できたのは、任期の末期になり、再選も無い立場であることも大きな要因だろう。その立場で後世に残る業績をと思った可能性は否定できない。それで良いと思うし、それで何が批難されるのかとも思う。原爆投下を承認したトルーマンも、下院議長のナンシー・ペロシも、大統領退任後に訪問したカーターも民主党である。大統領になるずっと前に訪問したニクソンは共和党であるが、これは数に入れなくて良いものだろう。弱腰外交とか、謝罪外交とか言われるのが国内事情として困るのだろう。それを知っているから謝罪を求めないとしたら、広島の人達は宗教家のような存在だろう。
米国国内の世論としては、広島・長崎への原爆の投下が終戦を早めたというのが、終戦直後には圧倒的多数であったものが、変化してきているという。教科書にはそう書いてあるそうだが、事実を教える必要を感じる教師は、別の資料を追加して用いることもあるという。事実はない、解釈のみがあるというのはニーチェか。ニーチェは合衆国の南北統一より前の生まれである。まあ、どうでも良い話だ。米国国民よ、結論など70年程度で出る筈もない。長い歴史という時間が必要なのだよ。


広島では、煩悩に満ち溢れた人工国家の国民にも、救いの手をさし伸ばす。

« シチズン、スイスの高級時計メーカー買収 | トップページ | 専門職業大学創設を答申 文科省、3年後の開学目指す »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シチズン、スイスの高級時計メーカー買収 | トップページ | 専門職業大学創設を答申 文科省、3年後の開学目指す »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ