« 三菱自、燃費試験で不正 軽4車種62万5000台 | トップページ | JR九州、脱線新幹線のけん引開始 »

2016年4月21日 (木)

TV会議で差し入れ要請「大変申し訳ない」 松本氏

・ 松本文明・内閣府副大臣
(熊本地震の本震後、現地対策本部長としてテレビ会議で自分たちへの食事の差し入れを要請していた問題について) 大変申し訳ないという思いの一方であります。水、電気、ガスがストップしている状態ですから、各職員が持って行っている自前の食料、カップラーメン等々が全くできないという状況でありました。私は職員の肩をたたきながら、「食事はできているかい」「大丈夫か」――。こういうような声をかけて来ました。2度目の震災が被害が起こった日は、口の中に食料らしい固形物は入っていないという状況で働いたわけであります。
テレビ会議で(河野太郎・防災)大臣から「他に困っていることはないか」という優しい問いかけに対して、私が「バナナでもおにぎりでも良いです。何とか差し入れをお願いできませんでしょうか」というお願いをしたことは、事実であります。現地対策本部長として、私の部屋の中で懸命に夜を徹して働いている人たちの健康管理、これも私の大きな責任の一つだ。こう考えております。(4月21日の衆院総務委員会で) (朝日新聞:4月21日)


災害対応について考える。


現地対策本部を作り、人を派遣したのなら、その人員に対する食糧や居住施設を準備することは優先的に行わなければならない。被害者が優先だとする主張もあるが、それでは人身御供を立てることになる。支援する人が作業できる環境を用意して、被害者と被害地域の復興を加速するということである。だから、現地対策本部が食料を求めるのは批難に値しないと考える。対策本部が、何とか差し入れをお願いできませんでしょうかと言ったら、責任者が更迭されるというのは本当かということになる。
事実はそこではなくて、専用回線を使って、美味いものを要求したということだろう。ロクでもない話であるが、松本文明の日常の政治活動もそれと同じくらいということなのだろう。そもそもそんな輩を現地に送るなと誰もが思うが、いろいろと政治的な事情、何のことはない党内の順位に従ってアピールの場を与えるということなのだろう。熊本の被害者にはお見舞い申し上げるよりない。
被災地には今もロクに食料が届かないのに、災害用の専用回線を使って「俺のメシよこせ」なんて言語道断だ。どうりで、現地入りしてから1週間も経たずに酒井庸行・内閣府政務官と交代させられるはずだ。他にも問題行動があったようだが、後に送ることにする。
松本文明は、1949年生まれの衆議院議員である。選出されたのは、東京7区と比例東京ブロックである。東京7区は渋谷区と中野区である。松本の出身中学、高校は世田谷区であり、中学の場所からすると東京5区になる。初めて挑戦した衆議院議員選挙の際には、東京5区にベテラン議員がいたから、別の所で出馬したということかもしれない。さかのぼって確認したら、東京都議会議員を4期当選している。(1回落選) 選挙区は中野区である。衆議院議員の高橋一郎の秘書であったという。高橋は中野区で活動していたから、これを継承したということのようだ。高橋も都議から衆議院議員になっている。
松本は広島県の出身で、母子家庭であることを公表している。世田谷区立奥沢中学校、世田谷学園高等学校、明治大学政治経済学部第二部政治学科を卒業している。苦学したことを殊更に強調するのは、古い保守政治家の体質ではある。恥ずかしいことだとは思わないが、必要性も感じないし、不幸自慢には違和感を覚える。

西日本新聞の報道によると、松本副内閣相は配給がおにぎりのみだった際に「こんな食事じゃ戦はできない」と述べるなど、待遇の不満を何度も口にしていたという。これだけならまだ耐えられるが、地元の自治体職員に対しても、支援物資の配布について、「物資は十分持ってきているので足りているんだ。被災者に行き届かないのは、あんたらの責任だ。政府に文句は言うな」と、怒鳴り散らしていたという。
最初の地震発生当時直後の4月15日に政府の意向を受け、被災地入りした松本は熊本県の蒲島郁夫知事と面会している。このとき、「今日中に青空避難所というのは解消してくれ」と指示した。これに対して蒲島知事は、「避難所が足りなくてみなさんがあそこに出たわけではない。余震が怖くて部屋の中にいられないから出たんだ。現場の気持ちがわかっていない」と不信感を露わにしている。

人の気持ちが離れた者に仕事が出来る筈もない。この個性的なヒラメ議員が容易に通る選挙制度は問題が多いと感じる。ヒラメにはヒラメの良さがあるというのだろうが、国民には利益は見出し難い。


バカは承知なのだから、現地に派遣しないくらいの理性はないのか。

« 三菱自、燃費試験で不正 軽4車種62万5000台 | トップページ | JR九州、脱線新幹線のけん引開始 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三菱自、燃費試験で不正 軽4車種62万5000台 | トップページ | JR九州、脱線新幹線のけん引開始 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ