« エコノミー症候群で初の避難死 | トップページ | TV会議で差し入れ要請「大変申し訳ない」 松本氏 »

2016年4月20日 (水)

三菱自、燃費試験で不正 軽4車種62万5000台

三菱自動車の相川哲郎社長は4月20日、国土交通省で記者会見し、同社が生産する軽自動車4車種で燃費試験時に、燃費を実際より良く見せるためにデータを改ざんする不正が行われていたと発表した。相川社長は「お客さまと関係者に深くおわびする」と陳謝した。
三菱自の「eKワゴン」など2車種と、同社が受託生産し日産自動車が販売する「デイズ」など2車種が対象。2016年3月末までに計62万5000台を販売した。対象車両の生産・販売を中止し、補償について今後協議する。(日本経済新聞:4月20日)


三菱自動車について考える。


当該モデルは2013年6月から販売されている。製造は、日産自動車と三菱自動車の折半による出資で設立されたNMKVである。生産拠点は三菱水島製作所である。社名のNMKVは、日産・三菱・軽自動車というところだろうか。該当する軽自動車の販売台数の推移をまとめたのが下である。

■ 新車販売台数推移 (全国軽自動車協会連合会)
    年          2016    2015     2014     2013
  三菱 eK        15,644   46,142    57,729   39,979
  日産 デイズ     48,917   150,696   169,244   78,855

2016年は1-3月分を示した。2013年のeKには、モデルチェンジ前の数量が含まれている。(6-12月分の集計の為。日産はモデル名が変わっているので問題ない) モデル名は、eKとデイズとしたが、eKにはeKワゴンとeKスペースがあり、デイズには、デイズとデイズルークスが含まれる。前者より後者が高さのあるモデルである。これら合わせて四車種ということになる。

改ざんの手法は、シャシダイナモメーターという試験台に試験車を載せて測定する。実際の走行では、転がり抵抗、空気抵抗、慣性抵抗が発生するが、静止した試験では空気抵抗は生じず、タイヤの変形で生じる転がり抵抗も実際とは異なる。慣性抵抗も自動車が動かないので作用しない。そこで、シャシダイナモメーターの駆動軸に実際に見合った抵抗が生じるように設定することになる。今回の不正は、この抵抗値を小さく偽ったことで、結果として燃費が良くなったという話である。慣性抵抗についての補正は車重によるが、実際の車重ではなく、重量の幅の中で設定されている。今回の該当する範囲を中心にした数値を下に示す。

■ 車重の影響を決定する基準値 (JC08モード:単位kg)
   試験車両重量     IW値
   541 ~  595     570
   596 ~  650     625
   651 ~  710     680
   711 ~  765     740
   766 ~  850     800
   851 ~  965     910
   966 ~ 1080    1020
  1081 ~ 1190    1130
  1191 ~ 1305    1250
  1306 ~ 1420    1360


幅があることで、有利不利が生じる。例えば1080kgの車両は1020kgで試験されるが、1081kgになると1130kgとなる。ものは試しと、日産デイズの車重とJC08モード燃費をカタログからまとめてグラフにしたものを下に示す。(すべてCVT仕様である)
Nd
車重基準にすれば少々燃費が良い印象もあるが、びっくりするほどでもない。4WDの方が燃費が悪いのは、駆動系の摩擦ロスと、車重増加が生じるからと説明が付く。ターボの方が悪いのは、欧州などで流行しているダウンサイジングターボの流れに逆行するが、ダウンサイジングしていないなら当然の結果ともいえる。また、モードがターボの必要性がないのであればなおさらのことである。

三菱自動車の経営に着目する。
NMKVでは乗用軽自動車のみの製造で、トラックなどの商用車は製造していない。販売側へはスズキからのOEM品で充てられている。三菱自動車の国内製造台数を確認した。2016年3月期は第3四半期までの台数を決算資料よりまとめた結果を下に示す。

■ 三菱自動車の国内製造台数推移 (単位:千台)
     期        2016.3   2015.3   2014.3   2013.3
  名古屋製作所     182     207     174     162
  水島製作所      215     337     350     232
  パジェロ製造      51      64      67      50
     計         448     608     591     444


水島製作所で年間200千台強生産している軽自動車が生産中止になるのは経営上厳しい。
乗用軽自動車の国内状況について確認する。マツダや富士重工などのOEM品もふくめてまとめた。結果を下に示す。

■ 各社の乗用タイプ軽自動車販売数推移 (2016年は1-3月)
  会社名     2016      2015      2014      2013
  NMKV      64,561    196,838    226,973    118,834
  ダイハツ   152,815    508,638    596,701    584,463
  スズキ    134,329    486,993    643,680    584,569
  ホンダ     97,082    325,220    378,429    382,098


ダイハツ、スズキの半分に満たない状況では苦しい。ホンダも全数自社生産ではなく、関連会社での製造を行っている。NMKVでも品揃えの充実の為に、どこかで製造することを考えたくなるが、水島のラインは軽自動車で埋めなければならず、日産も生産の海外移転により軽自動車製造を自社で行いたい状況にあってはいろいろと難しい。そもそも技術リソースに乏しい。現実的な判断としては、CVTが購入品であるように、エンジンをダイハツやスズキから購入するという考え方も可能である。日産がベンツからエンジンを買っているのだから、軽自動車で買って悪い話でもない。

三菱グループの社員が、三菱自動車に乗らなければならない時代でもなくなっているようだ。それなら三菱自動車の存在意義は、ほとんど失せたも同然と言える。売れる商品を作れず、作る商品もないというなら、工場がある必要はない。売れる為に、カタログを飾る数値を目指して不正をして、それで売れることもないだろう。そもそも売れない商品であるのをましにする程度の効果である。
国内で売れていないが、ミラージュはタイでの製造である。それならいっそのこと軽自動車もタイに移すという手も無くはない。しかし、それではNMKVの価値はない。日産が独自に動いても構わないだろう。ということは、三菱自動車は無くなっていい会社になっているのかもしれない。今回の不祥事の先にあるのは、日産に統合して貰うか、国内製造を撤退するかという選択肢になるのかもしれない。三菱商事も三菱重工もこのボロ会社の面倒を何時までも見ていられないだろう。商事は資源価格の低下による影響を処理しなければならないし、重工も飛行機を飛ばすことで大変だろう。金と知恵を引っ張られても困るというところではないか。


燃費だけで、排ガスには影響しないのなら良いのだが。

« エコノミー症候群で初の避難死 | トップページ | TV会議で差し入れ要請「大変申し訳ない」 松本氏 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エコノミー症候群で初の避難死 | トップページ | TV会議で差し入れ要請「大変申し訳ない」 松本氏 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ