« フジ大改編も 「めちゃイケ」「みなさん」「スマスマ」は継続 | トップページ | 良品計画の営業益最高に16年2月期、330億円強 »

2016年3月 8日 (火)

野球賭博、巨人・高木京介投手も関与 渡辺最高顧問ら辞任へ

プロ野球巨人の元投手3人が野球賭博に関与していた問題で、球団は3月8日、高木京介投手(26)も関与していたと発表した。2014年シーズンに計8~9試合を対象に現金を賭けていたという。巨人は問題の責任を取って白石興二郎オーナー、渡辺恒雄最高顧問、桃井恒和会長が辞任する方針を明らかにした。
巨人は8日付で高木投手を謹慎処分にし、日本野球機構(NPB)の熊崎勝彦コミッショナーに告発する方針。球団によると、高木投手は14年4月下旬の試合前、笠原将生元投手(25)から野球賭博を持ちかけられ、1試合に10万~15万円ずつ賭けていた。5月上旬まで賭けを続けたが、総額50万~60万円負けたため、その後はやめたという。今年2月29日に週刊誌から球団職員に対し、高木投手の関与を示唆する取材があったことから球団が調査を開始。高木投手は賭博の事実を認めているという。高木投手は国学院大からドラフト4位で12年に巨人入団。主に中継ぎとして14年は26試合、15年は33試合に登板。プロ通算で6勝を挙げている。(日本経済新聞:3月8日)


プロ野球について考える。


2015年11月に野球賭博により、福田聡志、笠原将生、松本竜也の三名が無期失格処分の裁定になっている。球団に対する処分は、制裁金1,000万円である。三名についての日本プロ野球機構の調査委員会による調査の結果、協約違反の有害行為、つまり試合に関わる八百長行為はなかったと判断されている。
この結果が出た際に、随分と手緩い調査と処分だと思ったが、監督が暴力団に1億円払った件でも、ほぼ不問に付した状態で終結していることからすればこの位かとも思えるものであった。追記すると、女性関係の問題で1億円を要求された恐喝問題であるが、恐喝したのが反社会的勢力ではないということで、被害届を出さなかったというものである。1億円を要求するのは堅気の仕事とは思えないが、読売グループにおける反社会的勢力というのは、指定暴力団に限定される用語になっているようだ。
読売グループの先の三名に対する処分として契約解除であるのは、少々処分が重すぎる気がする。常習賭博罪は3年以下の懲役刑である。恐喝罪が10年以下の懲役であることからしたら、被害届を出さずに済ませるというのと随分と距離を感じる。1年間の資格停止程度が読売グループの正しい対応であり、読売グループのおこぼれに与るという仕組みが日本のプロ野球であると渡辺恒雄が考えるのなら、読売グループの処分以上のものを、日本プロ野球機構が求めるのはおかしいと考えて当然である。地方での興行なら地回りというかヤクザが取り仕切るというのは、少し前まで存在していたものである。その認識から出ていないということなのだろう。処分の三名は有力な選手ではないから切られ、監督は功労者であったので守ったという理解で良さそうだ。堅気の思考方法とは住む世界が違う。

三名を無期失格処分にしたのだから、自分から申し出る機会があったものを、逃げ隠れしたことからすると、同様の処分が妥当なところとなるだろう。そもそも日本プロ野球機構の調査委員会が高木を見付けられなかったのだろうか。調査委員会といっても実態は、読売の調査報告を受け取るだけの組織だ。読売グループの内部調査など、ほどほどのところで済ませれば良いという程度であったと言われても仕方ない。読売側に立って言えば、捜査権限も与えられていない中で、関係者に聞き取りをするだけでは得られるものも限られるというものである。それならいっそのこと、単純賭博罪について警察に告発すれば良い。こちらは刑法犯の捜査であるから、必要な捜査を実施する。無論、逮捕者が出る可能性もある。単純賭博罪は、50万円以下の罰金または科料にあたる罪なので、捜査協力すれば起訴猶予になるだろう。
プロ野球選手が恐れるのは、起訴されることより、野球に関わることが絶たれることである。それなら、自ら名乗り出れば刑一等減じるとすれば良かった。無期失格処分というのは、選手寿命が平均的に10年というところを考慮すれば、10年超という理解をしよう。これの下は3年、その下は1年、次いで3カ月というところだろう。胴元でもなく、自身の試合に関係しないことが前提とすれば、3年が妥当なところだろう。それで、自首したのなら1年で済むという論理で構成すれば、物事を論理的に理解する習慣の乏しい、もしくは能力に欠けるきらいのある野球選手でも大丈夫だろう。分からなければ、金だけは持っているのだから法律家に相談すれば良い。
数回の少額による賭博であれば、出場停止1年が上限で、自首すれば3カ月ということで十分だろう。だいたい、賭けた金が暴力団の資金源になっていることが問題である。暴力団との付き合いが出来れば、その先にあるのは八百長への誘導である。プロ野球界の衝撃を最小限にとどめるには、情報をオープンにして共有することである。これまでの方法を改めずに続ければ、まだまだ追放処分になる者は増えることだろう。改めることが出来ない事情があるのなら、コミッショナーの権限によって処分するよりない。従えないのなら、球団ごと追放するよりないということだ。


読売新聞でハンデを掲載すれば、もっと売れる。

« フジ大改編も 「めちゃイケ」「みなさん」「スマスマ」は継続 | トップページ | 良品計画の営業益最高に16年2月期、330億円強 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フジ大改編も 「めちゃイケ」「みなさん」「スマスマ」は継続 | トップページ | 良品計画の営業益最高に16年2月期、330億円強 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ