« マラソンの福士、一般参加で登録 名古屋ウィメンズ | トップページ | プラチナ投資、安値でブーム コインや証券化商品 »

2016年2月26日 (金)

トランプ氏阻止へ「あらゆる措置を」 米紙が異例の社説

「共和党指導者よ、あなた方はトランプ氏阻止のため、あらゆる措置を全力でとるべきだ」――。米紙ワシントン・ポストが2月25日、米大統領選の共和党候補者指名獲得に向けて独走する実業家、ドナルド・トランプ氏を止めるため、同党指導者に行動を起こすよう促す異例の社説を掲載した。
同紙は「思いもよらなかったことが不可避になりつつある」との書き出しで、トランプ氏が序盤の予備選・党員集会で大勝していることから「同氏が共和党の指名候補者になりそうだ」との見通しを示した。同氏の主張する不法移民1100万人の強制送還を「スターリンか、(カンボジアの)ポル・ポト以来の強制措置だ」などと大統領候補としての資質を疑問視し、「共和党の指導者が、弱い者いじめの扇動家が党の旗手になるのを阻止するのに措置をとらなければ、歴史は共和党を厳しい目で見るだろう」と指摘した。同時に「トランプ氏の勢いがいずれ衰える、または彼と対決すれば彼を利するだけだとの仮説があったが、誤りだった」とも強調。「良識ある指導者は同氏を支持しないと声をあげ、彼を阻止するためにできることをすべき時だ」と訴えた。(朝日新聞:2月26日)


米国大統領選挙について考える。


トランプの手法は、米国を守るというお題目のもとに、既存政党のあり方を否定するものである。低賃金や為替レートの意図的な誘導によって、米国に対して有利になり、米国市場で荒稼ぎをすることを許さないというのが代表的な考え方だ。貧しい白人が支持しているとされる。支持されるというのは、これを言葉にすれば差別的とも捉えられかねないものであるが、本音としてはそうだと共感するということだろう。共和党という米国の保守政党としては、それを言っちゃあお仕舞いよ、というセリフで、泡沫候補が耳目を集める為に吠えるものであったものが、今日においては党大会で正当に受け入れられてしまっている。
民主党においても似た現象が起きている。候補者のサンダースは、本人は民主社会主義者としているが、少し前の米国なら共産主義者と呼ばれた可能性がある。こちらの支持者は、経済的に恵まれない若者ということだ。
二人の候補者に共通するのは、既存政党に対する不満のはけ口になっていることである。米国というのが、国として経済的成功に向っていたとしても、国民の経済的成功と結びつかない状況にある。不満の矛先をトランプは海外に向け、サンダースは国内の貧富の差もしくは富の偏在、貧富の固定化と言った方が適当か、要するに自由競争と称しながら、既得権者に有利な状況を憂うことに向けている。トランプは海外に向けるので威勢が良いが、先々困ったことになりそうで、サンダースの方は、米国という国家観を揺るがす事態になりそうな気さえする。

ワイン㌧ポストという伝統的なマスコミが、トランプという特定の候補を攻撃するというには、あんまりな気もするが、彼の国では許されることなのだろう。日本でならもう少し緩やかな表現を取るだろうし、テレビでやったのなら電波停止騒ぎになる。それが許される国であるし、それを禁止することを許さない国でもある。高市はこの国に生まれて良かったということになる。
トランプが異端候補なら、テッド・クルーズも保守強硬派の異端であった筈なのにそうはなっていない。つまり、米国大統領の候補者選びは極端なところに解を求める図式になっている。トランプが有利に戦える理由は、米国のエスタブリッシュメントを批判していることへの賛同が大きいということである。この裏返しにあるのが、ジェブ・ブッシュの撤退だろう。父親と兄が大統領であったのいうのは、エスタブリッシュメント批判の総本山のような存在だが、兄のイラク戦争の悪いイメージを確実に継いでいるのでは撤退も致し方ない。ヒラリーのエスタブリッシュメントの仲間たちである。党が違うから現在のところ関係はないのだが。

共和党の候補者としてトランプを選びたくないというなら、誰にするかとなると、強硬派は嫌だというならマルコ・ルビオということになるのだろう。保守穏健派の方が日本には良いのだろう。民主党の候補がヒラリーになった場合に、共和党がトランプなら勝てそうだし、クルーズでも有利だろう。しかし、ルビオとなると負けるかもしれない。若く、ハンサムなキューバ移民の子供のイメージというのは、ヒラリーが失ってきたものと似る。初の女性大統領というのも随分とくすんでしまった看板である。キューバ移民の子の方がアメリカンドリームである気もする。

他所の国のことをとやかく言うのも気が引けるが、大統領選挙というのは随分と下品な作業である。それでも、大統領を選出する作業が、その人物の思いやりと優しさを計測するということであるのなら、それこそが米国の理性というものなのだろう。


エスタブリッシュメントというのは解釈に幅のある言葉だ。ヒラリーは定義によらず含まれそうだが。

« マラソンの福士、一般参加で登録 名古屋ウィメンズ | トップページ | プラチナ投資、安値でブーム コインや証券化商品 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マラソンの福士、一般参加で登録 名古屋ウィメンズ | トップページ | プラチナ投資、安値でブーム コインや証券化商品 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ