« 自民、SPEEDの今井絵理子さん擁立で調整 | トップページ | 丸川環境相、追加被曝線量の目標「根拠なし」と発言か »

2016年2月 8日 (月)

台湾地震の死者37人に 倒壊ビル、作業は難航

台湾南部の地震で、約120人が取り残されている可能性がある台南市永康区の高層集合住宅(地上16階、地下1階)の倒壊現場では2月8日も懸命の救出作業が続いた。がれきの下などに閉じ込められた住民らを救出する作業は難航。発生から2日が過ぎ、犠牲者はさらに増える懸念が強まっている。
消防当局などによると、地震による8日までの死者は37人、負傷者は500人を超えた。当局は地震発生から50時間以上たった8日朝、倒壊した高層住宅から45歳の女性を救出。昼にも40代の男性1人が救助された。高層住宅からは8日午前までに200人以上が救助された。消防当局は別の外国人女性1人と8歳の子供の救出作業を続けている。倒壊した高層住宅の下にさらに複数の生存者がいるとみて丁寧に作業を進める一方、一部の場所で重機を使ってがれきを取り除く作業を始めた。当局などによると、救出された女性は意識がはっきりし、救出時に救助隊員と会話を交わしたという。一緒に見つかった夫と子供は死亡が確認された。夫は女性の体を覆うような形で見つかった。死者のうち高層住宅で死亡が確認されたのは35人。同住宅の居住者数は310人前後とみられる。(共同:2月8日)


地震について考える。


台湾の地震観測をしている気象庁に相当するのが中央氣象局である。そこの発表した今回の地震の震度を下に示す。

■ 中央氣象局地震報告
  6級  雲林県
  5級  高雄市、屏東県、台南市、嘉義県、嘉義市
  4級  台東県、澎湖県、彰化県、南投県、台中市
  3級  花蓮県
  2級  苗栗県、新竹県、宜蘭県
  1級  桃園市、新竹市


台湾の島の南部が激しく揺れ、北部の台北では揺れていない。震央は、高雄市で震源の深さは16.7kmという。マグニチュードは6.4と発表されている。マグニチュードは国際標準だと思ったら、モーメントマグニチュードと気象庁マグニチュードがあるそうだ。専門家でなければ気にしなくても良いのだろうと思う。マグネチュードは地震の発するエネルギーの指標である。対数指標になっている。2大きくなると1,000倍になる。東日本大震災のマグニチュードが9.0、阪神・淡路大震災が7.3である。 阪神・淡路大震災の震源の深さは16kmであるから、これの規模に近いと言える。震度も国際標準があるというものではなかった。この比較をしていたら拡散し始めたので、台湾の基準が1996年に改訂される前の日本の気象庁と同じであることを確認し、ザックリ日本と同じ感覚で理解することにする。
マグニチュードが近く、震源の深さが同程度なら、揺れ方も同じくらいか想像する。エネルギーが同じなら、距離が2倍になれば、振動が1/4になるという理屈である。ところが、振動が伝達する経路である地質によって変わるということが加わる。さらに、振動の周期による伝達に違いが生じるし、被害も異なってくるという。

専門的な要素が増えてくると、学ぶことが増えてくるのは当然の話である。そんな過程で気が付くのは、地震の発生予測が難しいが、地震の被害予測は更に難しいということである。恐らく現在の技術では、何時どのくらいの規模の地震が発生するかを予測するのは困難である。そこで、期間予測として発生が心配されるという情報を公開することになっている。分からないから諦めるというのは科学に対する取り組み方ではないが、分からない中で何かを判断しなければならないというのが実務家の仕事である。続けないことには何も変わらないから、続けるよりないのだが、予算に限りもある。難しい問題になってしまう。

周囲のビルの被害が小さく見えるのに対し、当該ビルの損傷が大きい。また、台湾の崩壊したビルで、鉄筋が細く少ない印象を持った。さらに、あろうことかコンクリートの柱の中に一斗缶が埋め込まれていた。まったく地震がないという地域でもない。杜撰な建築である。このことは当局が調査、もしくは捜査することだろう。いかに正確な測定や分析を行って正しい基準を作っても、守らないで勝手な仕事をすれば、被害を小さくすることは出来ない。台湾は中国本土 (この呼称は不適切だろうか) や韓国より良いと想像していたが、それほどでもないのだろうか。何か分かったらまとめることにする。


もう少し建築物に関する不正が出てきそうだ。

« 自民、SPEEDの今井絵理子さん擁立で調整 | トップページ | 丸川環境相、追加被曝線量の目標「根拠なし」と発言か »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自民、SPEEDの今井絵理子さん擁立で調整 | トップページ | 丸川環境相、追加被曝線量の目標「根拠なし」と発言か »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ