« ソフトバンクがペット保険 診療費の一部補償 | トップページ | みのりフーズ、廃棄アイスバー見つかる オハヨー乳業の品 »

2016年1月22日 (金)

甘利氏「しかるべき時期に説明責任果たす」 政治とカネ問題

甘利明経済財政・再生相は1月22日の衆院本会議における経済演説の冒頭に「週刊誌報道の件で、お騒がせし、大変申し訳なく思っている」とおわびした。そのうえで「必要な調査をしっかりと行い、事実を確認のうえ、国民に疑惑を持たれないよう、しかるべき時期に説明責任を果たしたい」と述べた。(日本経済新聞:1月22日)


政治家の説明について考える。


週刊文春の報道による問題である。事実を確認するとしているが、その必要もない程度のことだろう。先送りするのは、週刊文春が次号で追加報道することを考慮してのことだろう。週刊誌が大きなネタを一回で済ませる筈もない。可能性としては三回くらいに分けて報道する可能性もある。小出しにするのは商売上の技術である。
甘利を守るつもりはさらさらないが、金を送ったとされる人物は、録音や写真を撮るということからすると、政治家を利用して利益を得ようと考えているのと同時に、政治家を脅かすことを考えているのではないかと想像してしまうほど、準備に抜かりがない。
甘利が行ったことが、政治資金収支報告書の虚偽記載なのか、非弁行為なのか、単純収賄か受託収賄なのか分からないし、そもそもどれにも該当しない可能性もある。もしかしたら、恐喝の被害者であるという図式も描ける。どれでも良いのだが、甘利と秘書は、随分と脇の甘い行動をしているということである。秘書がやったで済む時代でもない。来週水曜日まで待って態度を決めるということだろう。


政治家が、非弁行為をする時代でもない。

« ソフトバンクがペット保険 診療費の一部補償 | トップページ | みのりフーズ、廃棄アイスバー見つかる オハヨー乳業の品 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソフトバンクがペット保険 診療費の一部補償 | トップページ | みのりフーズ、廃棄アイスバー見つかる オハヨー乳業の品 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ