« 高円宮家の絢子さま、卵巣のう胞を摘出 無事に手術終了 | トップページ | 国立市議長が謝罪、辞任 事実婚育児めぐり差別的やじ »

2015年12月21日 (月)

薬学部について

薬学部について考える。


先日、皇族絡みで城西国際大学を確認して、薬学部が気になったので、薬学部について確認することにする。薬剤師になるには、薬学部を卒業するよりない。2006年に入学した者からは6年生に変更されている。今年実施された国家試験の国公私大学別の受験者数と合格者数、合格率を下に示す。

■ 第100回(2015年) 薬剤師国家試験受験者数合格者数
    大学    受験者数  合格者数  合格率
   国立 計      694     521    75.07%
   公立 計      309     233    75.40%
   私立 計    13,312    8,290     62.27%
   --------------------------------------
   総計      14,316    9,044     63.17%

医学部は国公立大学と私立大学が同じくらいの人数であるが、薬学部は圧倒的に私立大学が多い。他の医療系国家試験の結果は、最新のもので、医師国家試験の91.2% (8,258/9,057) 、歯科医師国家試験の63.8% (2,003/3,138) 、 看護師国家試験89.8% (52,900/58,891) となっている。医療系の大学は、職業訓練学校の要素が強くあるから、試験に合格しないと困るという事情はある。
そこで、関東の私立大学の合格率と、当該学部の収容定員と在籍数の比較を行った。なお、東京理科大薬学部在籍学生数は、薬剤師試験の受験資格にならない生命創薬科学科 (4年制) を含めた数字になっていたので不明である。卒業生数と入学者数などから推定すると収容定数に近い人数であると考えて良さそうだ。結果を下に示す。

■ 関東の私立大学薬学部の薬剤師国家試験合格者数の収容定員・在籍学生数
    大学名      受験  合格  合格率   収容定員 在籍学生数
  明治薬科大学    363   311  85.67%     1,800   1,952
  慶應義塾大学    182   142  78.02%      930    941
  星薬科大学      323   230  71.21%     1,560   1,686
  昭和大学       283   193  68.20%     1,200   1,196
  北里大学       327   252  77.06%     1,500   1,536
  東京薬科大学    531   396  74.58%     2,520   2,685
  昭和薬科大学    259   194  74.90%     1,440   1,498
  武蔵野大学      154   113  73.38%      870    901
  国際医療福祉大学 169    92  54.44%     1,080   1,069
  高崎健康福祉大学 129    80  62.02%      540    569
  城西大学       426   225  52.82%     1,500   1,733
  日本薬科大学    312   118  37.82%     1,560   1,134
  日本大学       279   179  64.16%     1,440   1,569
  東京理科大学    127    95  74.80%      540    ―
  東邦大学       299   249  83.28%     1,320   1,448
  城西国際大学    148    68  45.95%      850    593
  千葉科学大学    150    60  40.00%      730    660
  帝京平成大学    351   116  33.05%     1,450   1,436
  帝京大学       440   270  61.36%     1,920   1,934
  横浜薬科大学    303   136  44.88%     2,040   2,230

薬学部の入学定員は、90~400人であるが、代表的には240人と考えて良い。実験関係の設備等を考慮すればこれくらいが限度ということだろう。医学部では100人になっていて、こちらはどこも同じ水準である。
薬学部の推定される卒業生数より、受験者数が25%多いのは、合格率が63%と低いので再度受験する者が多いという理解で良いだろう。1/3が不合格になれば、再受験者を含めればこの程度では済まないが、受験しない人もいるだろうし、諦める人もあるだろう。国公立大学で75%レベルであるのだから、50%以下というのは問題があるように感じる。収容定員と在籍学生数との差は、城西国際大学と日本薬科大学が低いが他は同じ水準にあると考えれば、留年はあっても大量の退学者がある訳ではないと想像される。留年は置くとしても、薬学部を卒業しても薬剤師になれないのが過半数いる大学は、薬学部として適正なのかという話にはならないのだろうか。

薬学部が薬剤師の養成大学ではなく、創薬などの医療関係に関わる学術に関係するとすれば国家試験の合格率に一喜一憂する必要もない。しかし、薬剤師受験資格が六年制に変更されたことと合致しない。薬学部を四年制から六年制にした結果、人気が下がったことがある。六年である理由が分からないのだが、四年で済むのが六年になれば人気は下がるだろう。その昔、薬剤師は女性のコースのイメージがあったようだ。看護師が看護婦と呼ばれた時代である。六年になったのと前後して薬学部が増えた。また、この新設大学の合格率が低い傾向にある。薬剤師を増やすという政策が決定されて、その流れに従って法律を見直したようだが、薬屋での実務に綻びが生じて登録販売者なる仕事を増やした。既得権を守りつつ、改革をしようとすれば破綻するのは必定である。こんなに混乱すると、薬剤師は薬学部で勉強している必要があるかという疑問も出てくる。法律家を要請する目的で出来た専門職大学院もそうだが、職業養成コースを設定して失敗した場合の救済策がないといろいろと厳しい。再挑戦をするには六年は長いだろう。社会にチャレンジを貴ぶ雰囲気が形成されていない中で、決してチャレンジしない輩が制度をつくるからこんなことになるとくさしたくなる。せめて、可能性の乏しい大学に、可能性があるように錯覚して入学するのは、正しい情報開示の名の元に、正していかなければならないだろう。


何かが間違っていると分かっても、何が正解かは分からない。まあ、筋が悪いことくらい容易に理解するのだが。

« 高円宮家の絢子さま、卵巣のう胞を摘出 無事に手術終了 | トップページ | 国立市議長が謝罪、辞任 事実婚育児めぐり差別的やじ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高円宮家の絢子さま、卵巣のう胞を摘出 無事に手術終了 | トップページ | 国立市議長が謝罪、辞任 事実婚育児めぐり差別的やじ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ