« パソコン国内出荷台数35%減 10月、17カ月連続マイナス | トップページ | 裁判官2人は「選挙無効」 1票の格差最高裁判決 »

2015年11月25日 (水)

ブリヂストン、タイヤから路面状況伝達 センサー技術実用化

ブリヂストンは11月25日、タイヤに取り付けたセンサーで路面状況を読み取る技術を開発したと発表した。路面が「乾いている」「凍っている」といった情報をリアルタイムで車載装置に伝える。目視に頼らない正確な把握が可能という。まず今冬から融雪剤散布の効率化に使う。一般の乗用車向けでも2020年の製品化をめざす。
タイヤに加速度を測る小型センサーを埋め込む「CAIS」技術を確立させた。回転するタイヤ内の加速度を測り、その変化を無線通信で車内装置に伝える。「乾燥」「湿潤」「凍結」など7区分の特徴に照らし合わせ、路面状況を判別する。第1弾として、東日本高速道路(NEXCO東日本(系のネクスコ・エンジニアリング北海道と提携した。まずCAISを搭載した巡回車で道路を走らせ、後続の散布車で凍った路面に優先的に融雪剤をまくといった使い方を想定している。車内装置の小型化を進め、自動車メーカーにもシステムの採用を呼びかける。乾いた路面から凍った路面に移るタイミングで運転手に警告し、安全走行を後押しする。(日本経済新聞:11月25日)


タイヤの技術について考える。


タイヤの内側にセンサーを取り付け、タイヤやタイヤと路面の状態を伝達する技術である。ホームページを見ても分からないことが多いので、特許を検索してみた。当然のことながら、ブリヂストン単独の出願の他に、共同出願のものが幾つもあった。記事にあるネクスコ・エンジニアリング北海道のものもあるし、NTT、東京大学があった。ブリヂストンの海外法人との共願もある。特許を幾つか眺めてみると、タイヤ側でセンサーからの信号をデジタル変換して、無線で通信するという方法を想定しているようだ。タイヤ内でA/D変換する必要があるので、振動による発電機を敷設する技術もあった。実用上には大きな問題もあるのだろうが、こちらは置いておくとする。
タイヤ内部に付けられたセンサーは加速度センサーである。自動車で直接的に外部に仕事をしている部品はタイヤだけなので、タイヤにセンサーを付ければ、路面状態やタイヤ自身の状態も確認できるということである。考えてみれば、タイヤメーカーでは性能測定の目的で、いろいろなセンサーを搭載した自動車で走行することでデータを収集しているのだから、それと同じ事とも言える。自動車側には自動車の走行状態に関する情報を、リアルタイムに測定し保存する装置を有していることだろう。これを簡素にして、一般車両に適用しようとしたと思えば良さそうである。
タイヤは真円状に見えるが、タイヤ使用時には自動車荷重が掛かるから変形する。センサーが付いている部分で見れば、路面に接触するところで、それ以前の円運動から直線運動に切り替わるので加速度が生じるということである。また、離れる部分でも同じく変化が生じる。路面とタイヤとの摩擦状態に変化があればセンサーで検出できるという理屈である。これだけだと情報量がしれたものだが、データの処理の仕方で検出可能な情報は広範にわたるということになる。
実際には、自動車側に情報を与えないと機能が閉じないから、自動車側にある処理装置に自動車とタイヤ情報を突き合わせる作業が必要になる。こんな仕組みを作るなら、タイヤのサイズや銘柄、ロット情報も与えられるのだろう。自動車側には固有の情報を予め与えて置くのだから、使用者が手間を掛けることもない。自動車に温度、湿度、気圧計を付けるのはそれ程負担ではないだろう。タイヤからの情報と突き合せれば得られるものも豊かになるのだろう。実際的な利益は、路面状況の急な変化でそれ以外は大きなものはなさそうだが、技術の進化は想像以上のものをもたらすのかもしれない。


人間がやる仕事をどこかに移すのは有益と承知しながら、息苦しい社会が想像してしまう。

« パソコン国内出荷台数35%減 10月、17カ月連続マイナス | トップページ | 裁判官2人は「選挙無効」 1票の格差最高裁判決 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パソコン国内出荷台数35%減 10月、17カ月連続マイナス | トップページ | 裁判官2人は「選挙無効」 1票の格差最高裁判決 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ