« 伊豆諸島の観光事情-2 | トップページ | 伊豆諸島の観光事情-3 »

2015年11月11日 (水)

国産旅客機・MRJが初飛行に成功 名古屋空港に着陸

国産初のジェット旅客機MRJ(ミツビシ・リージョナル・ジェット)が11月11日午前、初飛行を果たした。開発を担う三菱航空機が、愛知県営名古屋空港(同県豊山町)で最初の飛行試験に成功した。国産旅客機の開発は、1962年に初飛行したプロペラ機YS11以来、半世紀ぶり。欧米の下請けに専念してきた日本の航空産業にとって節目となる。
飛行試験は、自衛隊機など3機を伴って1時間半。名古屋空港と遠州灘上の自衛隊の訓練空域を往復し、上昇や下降、左右への旋回といった基本的な性能を確認した。三菱航空機の親会社、三菱重工業の大宮英明会長は「初日としては大成功」と話した。
2008年の開発本格化から7年半でたどり着いた初飛行は、設計変更や部品調達の遅れなどで当初予定から4年以上遅れた。今後の飛行試験は主に米国で重ね、課題の洗い出しと改善を進める。航空会社への納入は17年春に始める計画だ。燃費のよさと客室の快適さが特徴で、現時点の受注は全日本空輸を含む日米など6社から合計で約400機。その6倍にあたる2500機をめざす。(朝日新聞:11月11日)


MRJについて考える。


国産機が無事飛んだことは何よりである。この事業の先行きが明るいような気分になるのだが、YS11が商業ベースに乗らなかった理由を考えればMRJも容易ではなさそうである。YS11の販売が芳しくなかった理由は、海外での受注が限定的なものであったことによる。飛行機には安定した部品供給と、整備体制の確保が重要であるが、半世紀以上前の環境は現在より厳しいものであったようだ。といっても現在も優しい訳では無い。
MRJと競合するボンバルディアは、経営危機に陥っているという。いろいろな事情があるようだが、中国経済の失速、原油安の影響で産油国からの注文が減ったこと、原油安で燃費の良さの利点が弱まったことなどが挙げられる。100人乗りクラスのCシリーズの生産が遅れたことや、この市場でボーイング、エアバスと競合することになったこともあるだろう。もともと、50-70人乗りの隙間に、故障が少々多くても成長してきたという会社である。大会社が参入してこなかった理由は、市場規模が期待するほど大きくないからだろう。その限られた市場で順調に拡大したから、魅力的な大きな市場に出てみたら厳しかったという話のようだ。
ボンバルディアが潰れそうだから、三菱重工が出資するかというと、そうもいかないだろう。MRJは国の支援も受けている会社である。自由に行動できるということもない。つまり、MRJを成功するより道はない。ボンバルディアが潰れたらMRJが成功するかというと、そんなに単純な話ではないだろう。景気の後退は市場環境を悪化させる。航空機産業は足の長い産業構造という特徴があり、不景気になった瞬間のダメージは予想以上に大きい。航空機産業を自動車産業のようにしたいという気持ちはもっともだが、自動車産業のように安定はしていない。世界最大の旅客機であるA380の受注がない状況で、エアバスが倒れることはないにしても、経営を悪化させることになる。少なくとも機体開発の体力を奪うのは間違いない。それでも続けられるのは、機種が多い大会社だからである。MRJの最初の一歩が、失敗すればエアバスのようにはいかない。

手間の掛る作業を連綿と続けるよりない。それでも苦しいが、国の資本が入るのも致し方ないと理解して、ただ続けるより他に成功への道はない。初飛行であれだけ盛り上がったのだから、悪くなると執拗に叩くことだろう。それに堪えるのも仕事である。


石油王か、成金にしか売れない商品というのも苦しい。ウクライナやロシアでは支払い不安もあるし。

« 伊豆諸島の観光事情-2 | トップページ | 伊豆諸島の観光事情-3 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊豆諸島の観光事情-2 | トップページ | 伊豆諸島の観光事情-3 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ