« ABCマート違法残業で書類送検 容疑の法人・役員ら | トップページ | 日銀7月報告、観光・設備投資に地域差 »

2015年7月 6日 (月)

日本、5失点で守備崩壊 日本2―5米国

日本は5失点と守備が崩壊した。前半16分までに4点を失った。3分と5分にセットプレーから連続失点。これで浮足立ち、14分と116分にも加点された。米国の猛攻に対応できず、ロイドには3点を奪われた。
0―4の前半27分に、大儀見が1点を返した。後半もオウンゴールで2点差に追い上げたが、その後の失点で反撃ムードがしぼんだ。(共同:7月6日)


サッカーについて考える。


帰国した代表チームに、感動をありがとうという気持ちの悪い表現が、大挙してメディアを賑わすことだろう。気の利いた表現だと思っている人がいるのだから仕方がない。こっちが勝手に気持ち悪がっているだけだから、文句ばかり言っても仕方ない。まあ、文句や仕方のない話ばかり書いているブログでそう書けば、自己批判するのに等しい行動ではあるので、本当のところ、文句も仕方ないことも続けることだろう。
本題に戻す。女子ワールドカップサッカーで日本が抽選に恵まれたという話がある。そういう状況が発生するのはゲームに付き物である。しかし、そんな要素を極力下げるような努力をするのが、大会主催者に求められている仕事でもなる。ということは、少しは綾があるが、その程度であるから、考えるまでもないという結論で良かろう。それで了解しないと、非現実的な負担の大きな作業を組むことになる。この手の批評家の論理に付き合うと、準々決勝で優勝した米国に0-1で負けた中国は、米国相手に2-5で負けた日本より、0-2で負けたドイツより強いという話に、大変楽しく長い議論をすることになる。
2-5が0-1であっても負けは負けなので、惜しかったという慰めは、前回大会の優勝国には相応しくないだろう。それが故に、0-4にまでいってしまう。そう、勝とうと考えて行動するからである。惜敗と惨敗に差がないのが守る側の立場である。そして、前回準優勝の米国には、1点のままでは危険だという意識が徹底されていたということである。強い挑戦者である。
結論は決まっている。日本が弱いから負けたのである。次にすることは強くなることしかない。

もうすぐ再開される女子リーグ (なでしこリーグ) は、10チームの総当たりで行われる(1部)。他に、2部10チーム、3部12チームがある。1部であっても経営状態は、男子のJ3より悪いかもしれない。数千人程度の観客数が普通であるというのは、野球と男子サッカーがあり、室内競技で大相撲がある。男子プロリーグのバレーやバスケットの集客力も低いし、ラグビーのトップリーグは、1会場平均入場者数4,300人である。1会場で複数の試合が設定されていることを考慮すれば、なでしこリーグといい勝負といえるかもしれない。
リーグ戦18試合で、自チーム主催が9試合ということは、1万人 (こんなに入ることはまずない) で入場料が3,000円として、年間売上3億円に満たない。逆にこの位の観客動員がないと、競技場への広告もないし、ユニホームへのスポンサー契約も期待できない。完全プロ化を実現するには、スポンサー料が2億円必要ということだが、現状は一桁少ないレベルであろう。スポンサーが妥当な金額を出しているというより、パトロンとして支援しているという方が現実である。前回ワールドカップで優勝後は、選手がテレビに出る機会も多く、試合に足を運ぶ人も増えた。しかし、リーグが始まり時間が経過すると選手がマスコミに取り上げられる機会が減り、元の状態に戻っていった。今回は準優勝だから、4年前程扱われることもなく、不自然な盛り上がりもないことだろう。そして、静かな競技場で試合をすることになる。

新国立競技場の不明朗な計画が承認されたようだが、完成後の赤字額は年間20億程度発生するとする試算があるそうだ。この金額で、なでしこリーグを完全プロ化可能である。あるいは、競技環境が整っていない高校生以下の女子選手に向けた支援に使うなら、おつりがくるくらいだろう。
スポーツ振興と言いながら、苔生すほどの頭を持つ人達が政策決定すると、在りし日のゼネコンの様な答えを導き出すようだ。今日のゼネコンは、そんなアンティークな仕事はしていないのに。


感動したなら、試合に来い。

« ABCマート違法残業で書類送検 容疑の法人・役員ら | トップページ | 日銀7月報告、観光・設備投資に地域差 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ABCマート違法残業で書類送検 容疑の法人・役員ら | トップページ | 日銀7月報告、観光・設備投資に地域差 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ