« トマト栽培で技術革新 北関東の農業資材各社 | トップページ | 臓器提供、国内は低い関心 意思表示カード未記入85% »

2015年6月18日 (木)

トヨタの米国人女性役員、麻薬輸入容疑で逮捕 容疑否認

麻薬を米国から密輸したとして、警視庁は6月18日、トヨタ自動車初の女性常務役員で米国籍のジュリー・ハンプ容疑者(55)=東京都港区六本木6丁目=を麻薬取締法違反(輸入)の疑いで逮捕した。警視庁への取材でわかった。「麻薬を輸入したとは思っていません」と容疑を否認しているという。
組織犯罪対策5課によると、ハンプ容疑者は今月11日、米国から麻薬成分のジヒドロヒドロキシコデイノン(通称オキシコドン)を含む錠剤57錠を輸入した疑いがある。米国から成田空港に着いたハンプ容疑者宛ての国際郵便の小包を東京税関が調べたところ、荷物の底で袋に入れられた状態で見つかったという。厚生労働省によると、オキシコドンはモルヒネと同様に鎮痛作用があり、がん治療など医療目的で処方されることもある。一方で薬物依存を引き起こす恐れもあるという。同課の説明では、オキシコドンの購入には米国でも処方箋が必要。警視庁は、押収した量などから、ハンプ容疑者が自分で使うために輸入したとみている。ハンプ容疑者は、米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)や、ペプシコーラで知られるペプシコで副社長を務め、2012年に北米トヨタに移籍。今年4月にトヨタ本体の常務役員に抜擢(ばってき)された後は、広報担当として主に東京で勤務していた。就任直後に「トヨタを尊敬される会社だけでなく、愛され、親しまれる会社にしたい」などと抱負を語っていた。(朝日新聞:6月18日)


有名企業の役員に麻薬取締法違反の疑いが掛っている。


ジヒドロヒドロキシコデイノン(通称オキシコドン)は、麻薬及び向精神薬取締法で指定されている薬物である。中、高程度の疼痛を緩和するために用いられる。モルヒネと同じような用法になるようだ。癌などの患者に対して痛みを止める効果があるということで、医療の現場で用いられている。
ジュリー・ハンプが国際郵便で、国内の麻薬指定されている薬物を受け取ろうとしたのは楽観的というか、牧歌的ではある。ジュリー・ハンプがトヨタの役員に就任したのは2015年4月である。痛みを抑制するような癌患者である可能性は、この点からすれば極めて低そうだ。医療用に用いる必要のある薬剤を、海外から郵送するというのもおかしな話である。国内で調達すれば良い。トヨタの役員報酬はそれほど少ない訳もない。これも、国内で未認可の薬剤の場合には、国際郵便で対応しなければならない事情が生じるのだが、該当しないし、そうなら説明すれば良いだけの話である。

外国人、女性の役員就任という、日本の企業にとって弱いとされるダイバーシティー (diversity) に考慮したと発信したいところに、このような事態に至り苦しい限りである。犯罪性がなかったとして、例えば誰かが陥れようと違法薬物を送ったとか、危機意識が乏しいということになる。トヨタの取締役会で、日本はどの国より銃と薬物に関するレギュレーションが厳しいことを説明しておくべきだった。トヨタの役員はうじゃうじゃいるから、一人や二人居なくても業務に支障が無さそうに外部の人間は思うが、不要な人を置いておくこと余裕など、どこの営利企業にもありはしない。加えて厄介な仕事を取り込んでしまったということである。


GMとの関係で採用したなら、熨斗を付けて送り返したい気分だろう。

« トマト栽培で技術革新 北関東の農業資材各社 | トップページ | 臓器提供、国内は低い関心 意思表示カード未記入85% »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トマト栽培で技術革新 北関東の農業資材各社 | トップページ | 臓器提供、国内は低い関心 意思表示カード未記入85% »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ