« 「闇サイト事件」神田司死刑囚の死刑執行 法務省 | トップページ | 野菜工場で有名な「みらい」が民事再生法申請 販売不振で資金ショート »

2015年6月28日 (日)

首相「報道の自由は尊重」 百田氏発言「沖縄紙つぶせ」

安倍晋三首相に近い自民党の若手議員による勉強会「文化芸術懇話会」(代表=木原稔・党青年局長)の6月25日の初会合で、講師役で首相と親しい作家の百田尚樹氏が、政権に批判的な沖縄の地元紙について「沖縄の二つの新聞社は絶対つぶさなあかん」などと発言していたことが分かった。首相は26日の国会審議で、こうした発言について「報道の自由は民主主義の根幹をなすもので、尊重するのは当然だ」と述べた。
安全保障関連法案を審議する衆院特別委員会で、民主の寺田学氏がこうした発言を問題視。浜田靖一委員長が自民党に聞き取りし、事実関係を確認した。参加者などによると、会合では、出席議員が米軍普天間飛行場の移設問題で政権に批判的な沖縄タイムスと琉球新報を挙げ、「沖縄の特殊なメディア構造を作ったのは戦後保守の堕落だ。左翼勢力に完全に乗っ取られている。沖縄の世論のゆがみ方を正しい方向に持っていく」と主張した。これに対し、百田氏は「沖縄の二つの新聞社は絶対つぶさなあかん。沖縄県人がどう目を覚ますか。あってはいけないことだが、どこかの島でも中国にとられてしまえば、目を覚ますはず」と語った。さらに百田氏は「もともと普天間基地は田んぼの中にあった。周りに何も無い。そこに商売になるということで住みだした。そこを選んで住んだのは誰やねん」「沖縄は本当に被害者やったのか。そうじゃない」などと語ったという。
このほか、出席議員からは、政権に批判的なメディアに関し「マスコミをこらしめるためには広告料収入がなくなるのが一番。経団連に働きかけて欲しい」などの声も出た。これを受け、民主党、維新の党、共産党の野党3党は26日、特別委の理事会で、百田氏らの発言や、その場に加藤勝信官房副長官が出席していたことを問題視して抗議。民主によると、自民の江渡聡徳理事が謝罪したという。(朝日新聞:6月26日)


報道規制をすると解釈されかねない発言を考える。


安倍晋三という人物は、おじいちゃん孝行の良い孫である。おじいちゃんが達成できなかったことを成し遂げることを目標に頑張っているし、おじいちゃんの不名誉も書き換えたいと考えている。難点としては、沖縄県出身のおじいちゃん孝行な孫が、基地移転を主張することや、沖縄県民の地位向上を掲げることは、おじいちゃん孝行であると認めないという、整合性の乏しさにある。ものを深く考えない性質の人のようで、これを能力上の問題とする解釈も可能であるが、最近のマスコミではそのような表現を自主規制しているとも見える。これだと、安倍晋三は差別用語になり、大本営認定の報道番組以外で用いると、不敬罪、悪くすると内乱罪に問われかねない。なかなか厳しいご時世である。
さて、この安倍晋三応援隊の名前が、文化芸術懇話会という。政策芸術を立案し、実行する知恵と力を習得することが目的だという。アナーキーなのか、前衛政治の実現なのか、分からない。分からないからといって、その結社を愚かと決めつけてはならない。愚かなのは分からない自分自身であるのだから。そんな戒めの文句も唱えなければ、ぶっとんでしまいそうな勉強会である。37名の氏名と選挙区、自民党内の派閥、学歴を下に示す。

■ 文化芸術懇話会構成員
   氏名     選挙区            (派閥)          学歴
  青山周平   愛知12区  比例復活  (清和会)        法政大学
  池田佳隆   愛知3区   比例復活  (清和会)        慶應義塾大学 
  石川昭政   茨城5区   比例復活  (無)           國學院大學大学院
  井上貴博   福岡1区   追加公認  (麻生派)        獨協大学
  大岡敏孝   滋賀1区           (二階派)        早稲田大学
  大西英男   東京16区           (清和会)        國學院大學
  大西宏幸   大阪1区   比例復活   (宏池会)        芦屋大学
  岡下昌平   大阪17区  比例復活  (二階派)        日本大学
  鬼木誠     福岡2区           (石原派) 日本会議  九州大学 
  加藤勝信   岡山5区           (額賀派) 日本会議  東京大学
  木原稔     熊本1区           (額賀派) 日本会議  早稲田大学
  熊田裕通   愛知1区           (大島派)         神奈川大学
  今野智博   埼玉11区  比例復活  (清和会)        早稲田大学
  坂井学     神奈川5区          (無)           東京大学
  佐々木紀   石川2区           (清和会)        東北大学
  白須賀貴樹  千葉13区          (清和会)         東京歯科大学
  薗浦健太郎  千葉5区           (麻生派) 日本会議 東京大学
  高鳥修一   新潟6区           (清和会) 日本会議 早稲田大学
  谷川とむ    大阪19区  比例復活  (清和会)        大阪大学大学院
  田畑裕明   富山1区           (清和会)        獨協大学
  長尾敬     大阪14区  比例復活  (清和会)         立命館大学
  萩生田光一  東京24区          (清和会) 日本会議  明治大学
  藤原崇     岩手4区   比例復活   (清和会)         明治学院大学法科大学院
  星野剛士   神奈川12区         (清和会)         エルマイラ大学
  堀井学     北海道9区          (清和会)         専修大学
  宗清皇一   大阪13区           (清和会)        龍谷大学
  前田一男   北海道8区  比例復活  (清和会)        北海道大学
  松本洋平   東京19区           (二階派) 日本会議 慶應義塾大学
  宮川典子   山梨1区   比例復活   (麻生派)        慶応義塾大学
  宮沢博行   静岡3区           (清和会)        東京大学
  武藤貴也   滋賀4区           (麻生派)        京都大学大学院
  簗和生     栃木3区           (清和会)        東京大学大学院
  山下貴司   岡山2区           (無)           東京大学
  山田賢司   兵庫7区           (麻生派)        神戸大学
  滝波宏文   ◆福井県選挙区      (清和会)        東京大学
  長峯誠     ◆宮崎県選挙区      (清和会)        早稲田大学
  宮本周司   ◆比例区          (清和会)        東京経済大学

    注: ◆ 参議院議員

いろいろな大学の出身者がいる。政治家になるコースが固定的でないのは結構なことと解釈することも出来そうである。このブログで扱ったことのある大学に、芦屋大学というのがある。この法人の高校の硬式野球部が高野連に加盟しないという記事で、それに関連して、幼稚園から大学院まで定員と、学生数を確認した。大学は半分程度で大きな問題があり、大学院と短大は今すぐなくすレベルだったと記憶する。そんな大学でも、国会議員になれるというのは夢がある。(ただし、父親は市議会の議長経験者であったりする)
清和会が多いのは、安倍の出身派閥であるからであろう。上で日本会議とあるのは、保守系の任意団体である。美しい日本の再建と誇りある国づくりのために、政策提言と国民運動を行っている民間団体ということである。普通に表現すれば、右翼団体である。右翼とか左翼とはいう表現は好まれないようだ。相対的な表現なので、レッテル貼りだと不満を言う者もあるだろう。それなら、リベラルや保守も似たようなものだ。反対勢力が蔑視含みで使う言葉が嫌いという程度の話である。言葉選びに執拗にこだわるのは、本質を隠したい魂胆がありそうで醜い。
報道による三名の議員の発言を下に引く。

● 大西英男
「マスコミを懲らしめるには、広告料収入がなくなるのが一番。政治家には言えないことで、安倍晋三首相も言えないことだが、不買運動じゃないが、日本を過つ企業に広告料を支払うなんてとんでもないと、経団連などに働きかけしてほしい」

● 井上貴博
「福岡の青年会議所理事長の時、マスコミをたたいたことがある。日本全体でやらなきゃいけないことだが、スポンサーにならないことが一番(マスコミは)こたえることが分かった」

● 長尾敬
「沖縄の特殊なメディア構造をつくったのは戦後保守の堕落だ。先生なら沖縄のゆがんだ世論を正しい方向に持っていくために、どのようなアクションを起こすか。左翼勢力に完全に乗っ取られている」


大西英男は、江戸川区議から東京都議、国会議員と政治家のサクセスストーリーを歩んでいる。大西は、2014年4月の衆議院総務委員会において、上西小百合の質問中に「まず自分が子どもを産まないとダメだぞ」というヤジを飛ばしている。直後に問題視したマスコミ取材にはとぼけたが、7月に上西に謝罪している。ヤジが嫌いなのは、本人が発言したという記録を残されないからである。発言内容を発言者といっしょにして記録することが重要である。ヤジにはここが欠落している。発言機会が乏しい者が、ヤジにより存在感を示そうというのは同情するが、認めようとは思わない。他に幾らも発信手段がある。一方で、発言機会を十分与えられている者が、ヤジを飛ばすのは理解の外にある。ここまでくると、育ちの問題もありそうなので、親の顔を見るよりない。これは少し前に使った気がする。大西は都議時代からヤジを飛ばすので有名で、内容も人間性を疑われるような汚いものだという。つまり、大西は騒ぎを起こして問題を発生させる愉快犯ということだ。政治上の信条とか、志とかいったものは持っておらず、他人を貶めることに最大の価値を見出すという行動様式にある。言論上のテロリストとも考えられるが、アナーキーの呼称の方が似合う気がする。しかし、アナーキストからお叱りを受けそうではある。

発言が問題になった後の27日に、自民党幹事長である谷垣禎一は処分を発表した。内容は、会の代表である木原稔に対して、党青年局長を更迭し、1年の役職停止処分とすること、問題発言のあった大西英男、井上貴博、長尾敬について厳重注意とした。党の処分として、幹事長が出せる最大はこの位なのだろう。党の会議で協議する必要があると、処分に対して反対意見も出るだろうから、早くに処理したいという気持ちが表れている。、「(懇話会で)報道および言論の自由を軽視するかのような発言がなされた。また、沖縄県民の思いを受け止めるべく努力してきた自民党の努力を無にするかのごとき発言がなされた。国民の信頼を大きく損なうもので看過できないと判断した」と谷垣は理由を述べている。
いろいろと政治課題がある中で、身内の不始末に引っ張られるのは勘弁願いたいというところだろう。しかし、表面上反省しているポーズを取っても、再び問題を起こすものだろう。何といっても前衛政治というのはこういうものだと言われれば、そうですかと答えるよりない。これを止めたら前衛政治ではなくなると主張する可能性もある。そう主張してくれれば政治信条が確定するのでありがたいが、前衛政治の方向性が国会議員であり続けることにあるなら、方向性はぶれぶれである。

沖縄のメディアの代表として新聞を取り上げる。沖縄県の新聞の発行部数を日本ABC協会の「新聞発行社レポート 普及率」から引用する。数字は2014年上半期のものである。百田が沖縄が偏っていると称しているので、比較に百田の出身地の大阪府を加えた。結果を下に示す。

■ 新聞の販売部数と世帯普及率 (2014年上半期:日本ABC協会)
  ● 沖縄県  600,573世帯
       琉球新報  163,475   沖縄タイムス 160,625   日本経済   5,794
                27.2%              26.7%             1.0%
  ● 大阪府  4,117,692世帯
       読売新聞  866,076   朝日新聞   723,740   毎日新聞  551,474
                21.0%              17.6%            13.4%


地域の上位三紙ということになっている。沖縄県に大手三紙が入っていないのは、印刷所を持たないからという理由である。日本経済新聞のみが琉球新報に委託印刷している。琉球新報と沖縄タイムズが部数で争っているのは昔からのようだ。沖縄タイムズは朝日新聞と関係があるようだ。百田からすれば、この二紙の違いなど無いに等しい左翼新聞というところだと想像する。宮古毎日新聞が1万部を超える発行部数があると思われるから、日本経済新聞より多いと考えられる。それに、宮古新報が宮古毎日よる少ないくらいだと推定される。八重山毎日新聞も同じくらいだろう。八重山日報というのもある。これは少し部数が少ない。
なぜこれほど発行部数の少ない新聞が乱立しているかというと、沖縄県に島嶼部が多いということによる。沖縄本島で発行印刷する新聞は、宮古島や石垣島に着くのは午前10時になってしまう。よって、島内で印刷する新聞が出来るということになる。沖縄県の新聞では、八重山日報が保守的だと言われる。これは沖縄本島で読む人は限られるだろう。
百田の発言には、二紙の内容がお気に召さないという以上の考察は含まれていない。沖縄県が大阪府と同様に、読売新聞や産経新聞を読める環境にするには、印刷所を設けること、販売方式を検討すること、と実務上の解決すべき課題が山積する。しかも期待される部数は最大10万部と思わなければならない。この手の問題を深く考えないのは、百田の特徴であるようだから、批判しても詮無い話になる。

自民党議員が沖縄県で党の方針を理解して貰いたいと願うのなら、新聞を発行するという方法を検討すれば良いと思って調べた。自由新報という自民党の機関紙が、自由民主に名称を変更したのは知っていたが、内容については知らなかった。数回読んだことはあるのだが、記憶に残っていないというのが真実に近い。日刊だと思ていたら、週刊であった。紙面は、閣僚や党幹部などのメッセージやインタビュー、党本部や都道府県連合会で行われている話題や発言などを掲載していて、時事問題の扱いは少ない。議員の支持者に向けた宣伝活動として発行しているか、提灯記事の集合体と言われてどう反論するのだろうか。日本共産党のしんぶん赤旗くらいの内容で発行しようとは思わないのだろうか。これの日曜版くらいのものを発行してからマスコミ批判をすると良い。
沖縄県民が求める新聞の第一項目は、お悔やみ情報が正しく掲載されていることのようだ。この辺りに、島で独自の新聞が発行される理由になっている気がする。この情報もネットで検索可能になりつつあるが、情報収集が達成されるのには新聞という存在が欠かせない。

会のメンバーに沖縄県の出身者はいないのは当然であるが、沖縄県事情を理解しようと思っている者がいるのかにも疑問がある。現在の党の主張が理解されていない状況について、それを実現する為に発言したと主張する輩に過ぎないのだろう。きっと、党幹部がリベラルになったらそれに沿う発言に切り替えるだろう。この輩にとって重要なのは、国会議員であり続けることであり、その実現の為には、党に協力したことを強くアピールすることだということである。この歪んだ主張が跋扈する訳は、小選挙区制度により党の公認が得られないと落選するという事情がある。一票の格差を含め、制度の歪さは、議員の心身を歪めてしまう。


問題発言をした人物の選挙区を明らかにするのは良い。ヤジでも同様だ。

« 「闇サイト事件」神田司死刑囚の死刑執行 法務省 | トップページ | 野菜工場で有名な「みらい」が民事再生法申請 販売不振で資金ショート »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「闇サイト事件」神田司死刑囚の死刑執行 法務省 | トップページ | 野菜工場で有名な「みらい」が民事再生法申請 販売不振で資金ショート »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ