« ポツダム宣言 | トップページ | 地熱発電、23年ぶり「大型」 Jパワーなど秋田で着工 »

2015年5月25日 (月)

ヤナセが創業100年記念式典 「次の100年も持続成長」

輸入車ディーラー最大手のヤナセが5月25日、創業100周年を迎え、都内のホテルで記念式典を開いた。日本の自動車産業の草創期から車の輸入・販売を手掛け、輸入車普及をけん引した。井出健義社長は約1000人の参加者を前に「顧客、商品、社員、ブランド力、店舗網の5つの財産を守り、次の100年も持続成長したい」と述べた。
式典にはメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長やフォルクスワーゲングループジャパンの庄司茂社長、ハンス・カール・フォン・ヴェアテルン駐日ドイツ大使などが参加した。トヨタ自動車の豊田章一郎名誉会長や筆頭株主である伊藤忠商事の岡藤正広社長も出席した。
ヤナセの社史は日本の自動車の歴史と重なる。1915年5月25日に梁瀬長太郎氏が「梁瀬商会」を創業。22年には設計から生産まで全てを国産にこだわった「ヤナセ号」を開発した。戦後直後はげたやフライパンなどを作り売り歩いたこともあった。50年前後から米ゼネラル・モーターズ(GM)や独メルセデス・ベンツなど輸入車の輸入・卸業務を始め、高度成長の追い風もあり、事業は軌道に乗った。だが80年代以降は欧米の自動車メーカーが相次ぎ日本法人を設立し、輸入・卸業務を自前で手掛けるようになった。ヤナセの収益源を直撃し、2000年代初めには有利子負債が約2000億円に膨らみ危機に陥った。創業家が経営の一線から退き、人員削減、店舗の統廃合などのリストラを進めて立ち直った。新車販売への依存度が高かった事業構造を改め、利益率が高いとされるメンテナンスや中古車販売へと事業領域を拡大。14年9月期は連結営業利益が116億円と、3期連続の増収増益を達成している。(日本経済新聞:5月25日)


ヤナセについて考える。


『いいものだけを世界から』のヤナセである。梁瀬自動車の社名であった時代は知らないが、輸入自動車を扱うもっとも有名な会社であった。クルーザーも扱っていたし、アパレル関係の仕事もしていたと記憶する。外国車のインポーターであった時代が続いたが、現在では輸入権を譲渡して販売会社になっている。
輸入自動車を扱う場合に、インポーターが最も儲かるといわれていた。1986年にメルセデス・ベンツ車の輸入権をウエスタン自動車 (ヤナセの100%出資の子会社) からベンツ社日本法人へ移行したときも大きな影響が予想された。また、1992年にフォルクスワーゲン、アウディの輸入販売を中止したことも、販売を止めることよりインポーター業務の終了の方が業績への影響が大きいと言われていたと記憶する。この対策として、翌年オペルの輸入を開始したのだと思われる。しかし、日本が自動車販売、特に高価格車を販売する上で重要な市場となり、円高やもろもろの障壁も減ったことで、海外メーカは日本に現地法人を置くようになった。いろいろ扱っていた輸入車も、2000年にシボレー、オペル、AMGを、2001年にルノー、サターンを、2002年にキャデラック、サーブと扱いを中止していっている。この影響もあり、2003年に経営再建として伊藤忠商事の傘下に入っている。
近年のヤナセの決算推移を確認する。ヤナセは9月30日決算となっている。結果を下に示す。

■ ヤナセ連結9月期決算推移 (単位:百万円)
   期      売上高    営業利益  経常利益   当期純利益
  2014年    390,858     11,695     9,558     5,685
  2013年    337,501     9,639     7,075     7,101
  2012年    313,520     8,895     5,499     3,101
  2011年    275,953     6,362     2,930     1,326
  2010年    283,851     5,435     2,023      232
  2009年    272,487     4,009      250      383
  2008年    350,978     5,215      831      313

自動車販売会社として、新車販売台数が 37,367台、中古車販売台数が 32,841台 (2014年) ということである。中古車価格が新車の半分と仮定して、全て自動車販売の売上高とすると平均価格は 727万円となる。ヤナセの認定中古車の価格を見たら300万円くらいが中心価格のようだから、メンテナンスやサービスを含めた顧客が年間に支払う金額はこの位というところだろうか。富裕層相手の商売をしている様子が窺える。
決算を眺めて業績が伸びていると思っていると、決算を修正したりする企業があったことから、別の角度から見てみることにする。キャッシュフローが公開された情報にあったので、この推移をまとめた。結果を下に示す。

■ ヤナセ連結9月期決算キャッシュフロー推移 (単位:百万円)
   期      営業CF     投資CF     財務CF   現金及び現金同等物
  2014年     14,057     -2,899      -11,765     27,193
  2013年     13,504     13,208      -14,134     27,800
  2012年     13,498     -1,681      -10,264     15,066
  2011年     11,454       218      -7,186     13,514
  2010年      6,951     -1,202      -6,774      9,027
  2009年      6,012     -4,184      -2,668     10,101
  2008年      4,372     -5,061      -4,502     10,941

営業キャッシュフローが順調に増えている。利益が増えているのと矛盾はないし、現金及び現金同等物も増えているから事実なのだろう。粉飾決算をする会社を標準と思ってはいけない。大多数の会社が正しい決算を公表しているのだと信じたい。(おそらく、真実だろう)

ベンツ社日本法人に移行したときに、ウエスタン自動車を買収することで行う計画であったが、ウエスタン自動車が不動産などの含み益が大きかったことでヤナセは手放せず、単独で日本法人を設立することになった。会社は作られても実務が追い付かない状況があって、ヤナセから社員が期間を決めて出向したという。ベンツも随分と鷹揚であったと思うが、顧客の信頼を失わないことが将来の利益を生み出すと考えれば妥当な選択である。
ウエスタン自動車の関係していた事業として、ベンツを中心としたレストア事業がある。商業的に成立するものでもないだろうが、高級車というのはこんなサービスがあることで高級車たらしめているとも言える。現在はヤナセテックが対応しているが、この会社はトノックスの関連会社である。トノックスは日産自動車の協力工場であるが、ヤナセと日産はいろいろと関係している。なお、ウニモグの販売を行っているワイ・エンジニアリングもトノックスの関連会社である。
自動車が表れて、輸入して売る時代がこの前の100年であったとすれば、この先の100年はどんなものになるのだろうか。ヤナセは高級車を販売する店になっているというのが、バブルの頃の評価であったと思う。比較対象がぽっと出の販売会社では、比較自体が詮無い話ではある。もう少し前なら、三越の社員はというのもあったようだ。高級品を作るのも難しいが、販売するに相応しい店作りも難しい。ネットで売るので済むのならそうなるのが時代だろうが、高級というのにへばりついている無駄の要素は、ネット販売には馴染まないだろう。こんなことを書きながら、ヤナセがネット販売していなか確認しなければならない。嫌な時代である。


1970年頃のベンツの車体プレートにウエスタン自動車の表記がある。これで高く売るのはどうかと思う。

« ポツダム宣言 | トップページ | 地熱発電、23年ぶり「大型」 Jパワーなど秋田で着工 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポツダム宣言 | トップページ | 地熱発電、23年ぶり「大型」 Jパワーなど秋田で着工 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ