« コーヒー缶アルミ化が直撃、缶大手ホッカン赤字へ | トップページ | 1票の格差 17の高裁判断出そろう 最高裁が統一判断へ »

2015年4月27日 (月)

外食売上高、3月4.6%減 土曜の日数減など影響

日本フードサービス協会(東京・港)が4月27日発表した3月の外食売上高(全店ベース)は、前年同月比4.6%減と2カ月ぶりに前年実績を下回った。前年同月に比べ土曜日が2日少なかったことなどから、多くの業種で客数が前年を下回った。ファミリーレストランは高単価商品の投入で客単価が上昇し、好調な売り上げとなった。
業態別の売上高はファストフードが10.0%減だった。そのうちハンバーガー店などの「洋風」は、新商品の販売で好調な店もあったが、全体として売上高は19.6%減、客数は18.2%減だった。日本マクドナルドの異物混入問題の影響も引き続き残ったとみられる。パブ・居酒屋の売上高は前年同月比6.7%減だった。居酒屋は土曜日日数の減少などが響き、売上高8.1%減、客数は7.2%減と不振だった。一方、ファミリーレストランは前年同月比2.0%増だった。そのうち「洋風」と「中華」の客数が前年同月を下回ったが、ファミリーレストラン全体の客単価は前年同月を上回った。喫茶も客単価上昇により、3.7%のプラスだった。(日本経済新聞:4月27日)


外食産業について考える。


外食産業についてはいろいろと扱ったと記憶するので、少し視点を変えて店舗数から見えてくることがないか検討することにする。日本フードサービス協会の公表しているデータから、業種別の店舗数の推移をまとめた。2010ー2014年は1月のデータで代表させた。結果を下に示す。

■ 業種別の店舗数推移 (2014年以前は1月の値)
            2015年3月  2015年2月  2015年1月 2014年   2013年   2012年  2011年  2010年
ファーストフード    16,754    16,714    16,746    16,519   17,769   16,067   15,385   15,831
ファミリーレストラン   9,435    9,338     9,427    10,331   9,564    9,200   9,588    8,760
パブ/居酒屋       2,611    2,669    2,637     2,275   2,271    2,845   2,446    2,433
ディナーレストラン     969     939     953      489    397     367    403     450
喫茶             2,076    2,077    2,208    1,924   1,899    1,683   1,864    1,889
その他            113     223     173      585    485     617    319     363

ファーストフードとファミリーレストランの店舗数が多い。ディナーレストランというのが目を引く。これは、少品種ながら充実した単品料理やコース料理などを主体に、専門的な料理を提供する飲食店である。客単価も高く、商品内容やサービス、店舗の雰囲気にも高付加価値が要求される高級レストランタイプということである。高級店という単純な理解でもそれほど外れていないようだ。このタイプが2014年1月から1年間で急激に伸びている。ディナーレストランは2007年まで増えて、2011年まで減ったタイプである。つまり、リーマンショックの影響をもろに受けている業種のようだ。つまり、富裕層を主な顧客としているようだが、日本フードサービス協会の対象となっている店では、老舗料亭のような店よりも浮き沈みの影響が大きいということのようだ。ディナーレストランというのは、法人需要の割合が大きいようだ。ファーストフードを接待に使うとうのは無くはないだろうが、費用処理としては経費として認められる会議費ということになるだろう。駅前のマクドナルドで顧客と打合せというのは緊急時にはありそうだが、同じ店舗で接待というのは考え難いというより、ビジネスマナーの類に従えばやってはいけない行為となりそうだ。法人の景気は回復基調にあるようだ。

外食産業は景気の影響を受けやすい業種とされる。収入の減少があると支出を抑える最初の対象が外食産業のようだ。最近は円安の影響で食材の高騰が表れている。国内の農業においても、輸入している材料が多いから輸入品に限らない現象である。商品価格が上がることになっても、景気が良くなる割合がそれを超えば売上は上がることになる。アベノミクスが成功しているという話が、高所得者において顕著であり、低所得者には恩恵が乏しいというのは、記事の内容にも窺える。これだから失敗だという主張をしては景気回復はおぼつかないのは承知だが、いまだ道半ばという程度の認識は持っていないといけないだろう。


ディナーレストランがカテゴリーをつくるほどだというのに驚いた。

« コーヒー缶アルミ化が直撃、缶大手ホッカン赤字へ | トップページ | 1票の格差 17の高裁判断出そろう 最高裁が統一判断へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コーヒー缶アルミ化が直撃、缶大手ホッカン赤字へ | トップページ | 1票の格差 17の高裁判断出そろう 最高裁が統一判断へ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ