« 一橋大などが新物価指標を開発 新商品投入での実質値上げも考慮 | トップページ | 片山さつき委員長:遅刻で陳謝 外交防衛委の理事懇 »

2015年3月30日 (月)

トヨタ、カローラを一部改良 安価な自動ブレーキ初搭載

トヨタ自動車は、一部改良したカローラを4月1日に発売する。エンジンを刷新して燃費を1割改善したほか、価格を5万円に抑えた新開発の自動ブレーキシステムを初採用し、上位グレードには標準装備した。ほかのメーカーと比べて遅れていた自動ブレーキの導入を加速し、2017年末までに日米欧のほぼ全車種につけられるようにする。
燃焼効率を高めた排気量1.5リットルの新エンジンを搭載し、セダンのアクシオはガソリン1リットルで23.4キロ、ワゴンのフィールダーは23キロと、現行型より約2キロ長く走れるようにした。排気量1.3リットル、1.8リットルとハイブリッドのモデルもあり、消費税込み価格は146万4873~247万4182円。(朝日新聞:3月30日)


安全装備について考える。


今回採用された技術は、Toyota Safety C と称する。これはレーザーレーダーとカメラを組み合わせて高い認識性能と信頼性を確立したとされる安全運転支援装備群のことで、以下3つの機能で構成されている。

 (1) 衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
衝突の危険がある場合、ドライバーへの警告と自動ブレーキの2段階で衝突回避を支援するシステム。自動ブレーキは10~80km/hで作動し、実際に発生している追突事故の80%以上に対応する。

 (2) レーンデパーチャーアラート
車線から逸脱しそうになったときにブザーとディスプレイ表示でドライバーに警告し、衝突事故の回避を支援するシステム。

 (3) オートマチックハイビーム
対向車や先行車の存在が検知されるとハイビームをロービームに自動的に切り替える運転支援システム。

これに加えて、信号待ちなどの際に先行車が発進したことを知らせる機能が新たに設定されたほか、シフト操作時の急発進を抑制するドライブスタートコントロールや、急制動時にハザードランプが自動点滅する緊急ブレーキシグナルが全車に標準装備された。
レーザーレーダーとカメラを組み合わせたのは、認識感度の高い領域、対象が異なるからである。現在実用化されている自動ブレーキシステムに採用されている技術は三つあり、カメラ方式、ミリ波レーダー方式、赤外線レーザー方式となる。カメラ方式は人を検出する能力を唯一持つ。ミリ波レーダー方式は、天候に左右されない。検知できる距離が長いが優位な点だ。赤外線レーザー方式は、低価格で、システムを小さくまとめられる。トヨタはこの中からふたつの技術を選んで対象範囲を広げ、価格を抑えることにした。技術発表の時点では三万円程度という話があったから、五万円という価格は採用車種の拡大によって下がっていくことだろう。

自動車の安全技術の拡大に疑問を持っている。自動車が危険な方向に向かうのは歓迎しないが、自動車に求めらる最大の要素が移動の自由であると考えるからである。自動車会社は自社製品が人の命を奪うことを嫌うし恐れるだろう。しかし、人を傷付けない道具というものはないだろう。切れる包丁は危険だが、切れない包丁は役に立たない。
それでも、雨天や夜間の運転など、人間の負担が大きい状況において、機械が補助するのは有効な手段であると評価する。それで事故が減るのは結構なことである。人にぶつからなくなれば尚良い。しかし、コンビニエンスストアの駐車場から、店内に突っ込むクルマを減らせることになっているが、交差点で急停車して追突されるクルマが出るかもしれない。人間の作ったものなどその程度と思わねばならない。
少し手助けするが、口出しは最小限というのが最適なレベルである。もし、この最適点をもっと上に設定したいと願うなら、クルマの管理は専門家が定期的に実施し、消耗品の交換もクルマ自身に記録が残る手法で管理するのだろう。実際、一部のモデルではオイル交換の状態などが、クルマに記録されているようだが、正しいオイルを入れたか否かについてまでは口出ししていない。逆に、交換をクルマのプロセッサに入力しないと動かなくなるリスクを負う。便利を得れば、別の不便の種が生まれるものである。

自動車に自動運転システムを加えることを、これほど簡単に導入しているのに反対する声を聞かない。何といっても、自動車の整備がどれほど適切に実施されているか十分な保証など無い。日本では車検制度があるので定期的に本格的な点検が行われているが、日常点検がどの程度なされているかは分からない。道路で見ていると、空気圧が低い自動車を見ることがある。もし、左右のバランスが崩れていたらABSの動作にも影響のではないかと心配する。
安全のレベルを高める簡単な方法は、訓練を受けた運転手と、管理された自動車の組み合わせであろう。これは単にタクシーに過ぎないのだが、現在の水準を高めようとすれば、ドライバーの待遇の改善、即ち利用料金のアップが効果的な対策になる。それならばと、実際にそれに近いレギュレーションで動いていそうな航空機で考える。先にフランスで事故が発生しているが、航空機にオートパイロットは存在するが、パイロットの逸脱した動きをキャンセルする機能は取り入れられていない。警告音を発生するだけである。なぜ航空機で採用されないかというと、パイロットの訓練が充分になされている蓋然性が高いこと、イレギュラーな状態をカバーしきれないことが主な理由だろう。なまじ盛り込んで、不規則な動作が生じた際にキャンセルするのが大変という事態も発生するかもしれない。航空機では対処するのに時間がないから、無駄な作業はカットしておくよりない。航空機ではミスが生命に関わるとはいえ、自動車でも走っている台数を考えれば、生命に影響する期待値は相応に高い。地面と空の違いで合理的に説明しきれるものでもあるまい。

パイロットが緊急作業を行うときに、警告音がピーピーなっているというのは邪魔くさいと思わないのだろうか。高度が低下していますと警告されても、繰り返し言われれば分かっていると叫びたくなるものだろう。この手の仕事は、音量を下げるという機能はないだろうから、操縦室は騒々しくなるばかりである。冷静に判断するのに相応しい環境により、最良の仕事をなすというのが機械設計の立場だろう。そんなことには影響されないのが、職業的なパイロットという論理は、安全を精神論で乗り切ろうとする姿勢に似ていると思う。


そんなに安全なものに乗りたければ、10式でもF-2にでも乗れば良い。

« 一橋大などが新物価指標を開発 新商品投入での実質値上げも考慮 | トップページ | 片山さつき委員長:遅刻で陳謝 外交防衛委の理事懇 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一橋大などが新物価指標を開発 新商品投入での実質値上げも考慮 | トップページ | 片山さつき委員長:遅刻で陳謝 外交防衛委の理事懇 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ