« 100円ショップのキャンドゥが来店ポイント | トップページ | 少年犯罪の再犯率について »

2015年2月12日 (木)

大塚家具、再び脱・会員制 復帰の社長「オープンな店に」

大塚家具社長に1月28日付で復帰した大塚久美子氏は2月11日、日本経済新聞などの取材に「昨年7月の解任前と同様に、会員制ではなく、新たな顧客が足を踏み入れやすいオープンな店舗運営を目指す」と述べた。創業者で実父の大塚勝久会長が社長を兼務していた半年間に会員制店舗への回帰を進めたが、来店客数が減るなど振るわなかった。
久美子氏は2009年に社長に就任、顧客が来店時に名前や住所を書く会員制店舗からの脱却を進めていたが、14年7月に解任された。社長を兼務した勝久会長らが一部店舗を改装して会員制に戻したが、月間来店客数が2割以上減った店舗もあるなど成果が得られなかったという。
同社は消費増税の反動減からの回復に手間取り、広告宣伝費を増やしたことなどが響いて14年12月期に4年ぶりに営業赤字に転落したもよう。「(会員制や広告出稿など)過去の成功の方程式をもう一度試そうとしたが、市場環境が変わり通用しなかった」(久美子氏)として、久美子氏の社長復帰を決めた。就職や転勤で1年で最も需要が高まる春商戦の終了後、家具を買わない人でも気軽に入りやすいように店舗の運営方法などを変え、立て直しを目指す。3月下旬の株主総会に向け、新たな経営陣の人選を進め、中期経営計画を策定するという。(日本経済新聞:2月11日)


大塚家具について考える。


大塚家具はIDC大塚家具というコーポーレートブランドネームを用いている。IDCは、International Design Center の略であるそうだ。店に行くとアンケートに答えて店員が付くというのが一般的なこの店の販売のようだ。過去に行ったことのない店ではないが記憶にないのは、家具を買う機会はそれほどないし、どう考えても上客ではないし、上客になる可能性もないのならだろう。それなら店員が熱心に対応しなかったとしても不思議ではない。
この販売方法は、結婚したり、家を購入したりする市場環境があるときに、大口の顧客を囲い込む手法として最適であったのだろう。人口が減少傾向にあるときに、過去の成功体験を引きずっていても経営は改善しないという意見がでるのはもっともな話である。しかし、過去の成功体験以外の何に頼るのかという疑問に誰も答えてはくれない。
旧経営者が、新経営者の新しいやり方をお気に召さないと解任して、その旧経営者が昔通りの仕事の仕方で経営不振になって解任される。解任できるのは株主であるからなので、株主の構成について確認した。最新のものが入手できなかったので2011年末のものである。下に示す。

■ 大塚家具の大株主 (2011年12月)        
    保有者              保有株数(千株)  保有割合    
  大塚勝久                3,500         18.0%
  ききょう企画              1,892         9.8%
  日本トラスティサービス信託銀行  1,272         6.6%
  日本生命保険             1,232         6.4%
  東京海上日動火災保険        624         3.2%
  大塚春雄                 561         2.9%
  ジャックス                 480          2.5%
  大塚家具従業員持株会        479         2.5%
  三井住友銀行              399         2.1%

筆頭株主の大塚勝久は会長であり、社長の大塚久美子の父親である。2位のききょう企画は、一族の資産管理会社である。ききょう企画の株主は勝久の妻・千代子や久美子ら5人の兄弟姉妹である。大塚春雄は、大塚勝久の弟である。2008年3月に取締役を退任し、顧問に就任している。親族と持株会で1/3の株式を持っていれば株主対策は負担にはならないだろうが、株主間での対立には厄介な問題が生じるようである。要するに典型的な同族経営の企業における内輪もめということだ。
大塚家具が、IKEAやニトリに勝つ方法を知る由もない。ただ、近い将来に起きるであろうことを予測することは出来る。大塚勝久グループが再び大塚久美子の経営を批判する行動に出ることである。


そして、経営不振が継続することになるのだろう。

« 100円ショップのキャンドゥが来店ポイント | トップページ | 少年犯罪の再犯率について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 100円ショップのキャンドゥが来店ポイント | トップページ | 少年犯罪の再犯率について »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ