« マック、沖縄の2店舗でも異物混入 客から苦情 | トップページ | 消費増税、半年間で個人消費1兆円押し下げ 内閣府試算 »

2015年1月 9日 (金)

政治家ネタ没 NHK会長「個人名あげるのは品がない」

お笑いコンビの爆笑問題が、NHKの新春お笑い番組で政治家に関するネタを没にされたとTBSのラジオ番組で明かしたことに関連し、NHKの籾井勝人会長は1月8日にあった定例会見で、一般論として「個人名をあげて、色々お笑いのネタにするのはちょっと品がないんじゃないか」などと語った。
籾井氏は今回の件は新聞報道で初めて知ったとしたうえで、「公共放送で視聴者も色んな方がいる。ギャグで、ある個人に対して打撃を与えているつもりかもしれないが、私は品性がないと思う」「自然とそういうのはやめた方がいいのではないか」などと話した。今後、政治風刺に対しては、ケース・バイ・ケースで判断するべきだとの見解を示した。
一方、紅白歌合戦でサザンオールスターズが歌った「ピースとハイライト」がネット上などで政権を批判した風刺とも受け止められていることについては、「初めて聞いた話」としたうえで、「歌詞の一つ一つまでは全然聴いておりません。歌合戦ですからね」「そもそもサザンの歌って『わーわーわーわー』って歌じゃないですか。言葉よりも、リズムと激しい歌い方が持ち味ですから」などと話した。(朝日新聞:1月8日)


書くかどうか躊躇ったが、書くことにしよう。


迷った理由は、籾井が批評するに値しないということである。その前の問題自体も、籾井が代表者である組織であれば、一定の委縮効果があって然るべきだと思う。内容の正しい間違いの話でなく、そうなってしまうことが公共放送に対し深刻な問題であると考えている。籾井は放送する仕事は、お上から与えられるものとする認識なのだろう。表現の自由を勝ち取ったという歴史を持たない国なら、そうなる必然性もあろう。お上と株主が一致しているNHKの状態からすれば、民間企業の代表取締役に相当する立場なら、お上に最上級の気使いを働かす理由があるという発想になるのだろう。NHKのステークホルダーがお上だけではないのは当然で、随分と視野の狭い人だと思うのだが、その程度の人物しか引き受けてのないポジションになってしまっていることの方が、本当の意味で深刻な問題であるのだろう。
爆笑問題は漫才で時事問題をネタにすることが多くある。一方で、爆笑問題はNHKに出演する頻度が高いお笑いコンビであり、その中には生放送もあるだろうから放送上の問題が発生するか否かの判断基準は持ち合わせているだろう。その当事者がいつもと異なる対応をされたことを指摘しているのだから、NHKの現場には大きな混乱が生じているとみて良かろう。念の為加えるが、爆笑問題が面白いか面白くないかという話ではないし、この手の番組がNHKに合っているかどうかという話でもない。お上の顔色を窺う上層部に、必要以上に神経質になって委縮してしまっている現場があるということなのだ。
籾井はNHK会長にあるのに、「そもそもサザンの歌って『わーわーわーわー』って歌じゃないですか」と、この局の大番組である紅白出演者を簡単に括ってしまっている。つまし会長の考えるステークホルダーには視聴者ないしは受信料を支払っている国民という意識は欠落しているようだ。ここでも繰り返すが、この曲のメッセージ性がどうのとか、好き嫌いとかいう話ではない。自分が代表者である団体が提供している番組を、『わーわーわーわー』で表現するのは、ユーザを軽視した振る舞いであるということである。

フランスでは宗教を風刺するイラストを掲載した新聞社が襲撃され死者がでた。フランス語が分からなくても如何なものかというイラストであるのは理解するが、テロを容認出来る筈もない。宗教を揶揄することと、政治家個人を笑うのとどちらが性質が悪いかと言えば、前者であると思う。この国では後者が重要とNHKの代表者は考えているようだ。政治家個人を笑うと、放送業界での生命を失うということなのだろうか。

もう一年くらい前の話だと思うが、「NHKの番組が、ひとことで言うと低俗になっていないか」という国会での議論があった。(娯楽番組に対する話であったのだが、その部分は意図的に切っている) NHKがもっぱら放送する品位のない番組に国会中継というのがある。籾井の価値観に沿って考えれば、与党の発言が上品で、野党が下品ということだろうか。それなら、NHKは予算会議で野党質問の時間をカットすれば良い。菅直人が首相をしていた時代だから随分と前の話になるのだが、この間まで衆議院議長をしていた伊吹文明がこんな発言をしていた。
「いい機会だから幹事長に頼んでおく。党を代表して委員会や本会議に出る人は品格をもってやってもらいたい。菅さんはどうしようもない人だけど、一応みんなで選んだ日本の代表だ。その人をバカだとか何だとか言うのは自民党の品位を下げ、非常に悪い印象を与える」
この下品なヤジを飛ばしていたのは、稲田朋美、丸川珠代、森雅子らであるようだ。二人は国務大臣になって、ひとりは政務次官になっている。下品なヤジを飛ばしても偉くなれる。否、下品な人間でないと偉くなれないということか。ということは、籾井は閣僚を画面に出すのを禁止する通達をしなければならない。


国会中継で、画面はお花畑で、音声はクラッシクになり、テロップで放送に堪えないと流す日が来る。

« マック、沖縄の2店舗でも異物混入 客から苦情 | トップページ | 消費増税、半年間で個人消費1兆円押し下げ 内閣府試算 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マック、沖縄の2店舗でも異物混入 客から苦情 | トップページ | 消費増税、半年間で個人消費1兆円押し下げ 内閣府試算 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ