« 「健二はイスラム国の敵ではない」 後藤さん母が会見 | トップページ | セブン銀、コンビニ内に有人店舗 外国人客に対応 »

2015年1月26日 (月)

大相撲初場所:白鵬「なぜ取り直しなのか」審判部を批判

大相撲初場所で元横綱・大鵬を抜いて歴代最多33回目の優勝を果たした横綱・白鵬(29)が千秋楽から一夜明けた1月26日、東京都墨田区の宮城野部屋で記者会見した。白鵬は会見の冒頭で、優勝を決めた13日目の稀勢の里戦で物言いの末に同体取り直しとなったことに疑問を呈し、「なぜ取り直しなのか。子どもの目でも分かる。ビデオ判定は何をしていたのか。悲しい思いがした」などと審判部への批判を繰り返した。(毎日新聞:1月26日)


大相撲について考える。


33回の優勝を誇っても、日本人でないことで差別を受けると感じることはあるようだ。だからといって横綱が後日判定結果を批判するのはどうかと思う。競技者が審判に不満を言うというのはろくな結果にならない。これは競技全般に共通するものである。この発言に続くのは、33回優勝による驕りを叩くことになるのだろう。
13日目の取組の話を、千秋楽の翌日に話している。千秋楽の話をしてみる。千秋楽では、これより三役のそろい踏みがあり、その一番前の取組前に土俵下の控えに座ることになる。ところが、白鵬と日馬富士が入場してこない。西方の鶴竜と稀勢の里は入場済みである。土俵の進行は周囲に合わせるということはないから、行事は碧山と隠岐の海の相撲を進めることになる。そして、相撲を取っている間に、そろって土俵下を歩くという無様な姿を放送に晒すことになった。日馬富士は入場を待っていて、もっぱら白鵬が支度部屋から出てこなかったことが原因である。白鵬の付け人の責任であるような体裁を取っているが、誰かに責任を押し付ける地位でないのが横綱というものだろう。審判長をつとめていた伊勢ケ浜審判部長は「駄目だね。何をしていたんだろう。相撲を取っている最中に駄目だよ。見たことないよ」ということだが、これに留まらない。
碧山と隠岐の海は土俵際でもつれて微妙なものになったのだが、物言いも付かずに隠岐の海の勝ちとなった。土俵下に控えている力士も物言いをつけるための挙手をする事が出来るのだが、控えていないのでは物言いも付けないことだろう。もつれたのが西方であったので良かったが、土俵下を歩く力士に土俵から落ちた力士が当たるということがあったらみっともないにもほどがある。
碧山と隠岐の海の結果について審判部は触れたくないところだろうが、入場遅れは厳しく指摘されねばならない。ぬるい対応だと思っていたら、白鵬の方が別の騒ぎを起こしてしまった。相撲協会の問題は片付いた訳でもない。困ったものである。


不文律を犯した罪は、成文律より重いものである。

« 「健二はイスラム国の敵ではない」 後藤さん母が会見 | トップページ | セブン銀、コンビニ内に有人店舗 外国人客に対応 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「健二はイスラム国の敵ではない」 後藤さん母が会見 | トップページ | セブン銀、コンビニ内に有人店舗 外国人客に対応 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ