« タカタ製エアバッグ欠陥、影響拡大 日産26万台リコール | トップページ | 乗用車の海外生産台数6.5%増、4~9月 輸出は5.3%減 »

2014年10月24日 (金)

「闘病の女子マネ」は架空 茨城新聞が記事訂正

茨城新聞社(水戸市)は10月24日付紙面で、白血病で闘病中の元高校野球部女子マネジャーが球児を応援しているとの7月27日付の記事について、元マネジャーが実在しなかったとして訂正した。中部地方の20代女性がうそを話していたという。
同社によると、この女性は、病気で野球部マネジャーをやめざるを得なかったなどと偽り茨城県内の社会人野球クラブにメッセージを送付。球児を応援するためグラウンドにヒマワリを植える活動を始め、クラブも女性を信じ協力した。同社記者は、クラブに取材の上、女性にも直接取材を申し込んだが「症状悪化」を理由に断られたため、無料通信アプリLINE(ライン)で取材し記事化した。元マネジャーが死亡したとの情報があり、確認取材した結果、架空の人物と分かったという。井坂幸雄茨城新聞社編集局長は「当人への確認作業が十分だったとは言えず、記者の指導をさらに徹底します」とコメントした。(共同:10月24日)


新聞報道について考える。


記事の内容としては、白血病で闘病中であることが重要であるということである。病気でない高校野球部女子マネジャーが球児を応援しているのは普通の話でニュースにならない。しかし、白血病であって応援すると記事になるという感覚が理解不能である。この前提には、白血病になれば助からないということがあるだろう。現在の医療では、早期発見の場合には特に、効果的な治療が期待できることもあるだろう。まあ、この位の年齢なら、そう長い年数を待たずに亡くなる例も多くあるだろうから、重い病気であることは異議を挟む余地はないのは理解する。
こう考えると、そう遠くない時期に亡くなるであろうという共通の認識があり、健気に応援をしているのが涙を誘うという形にはめ込みたいということになる。共通というのは、記者と記事を提供した情報ソースという意味であり、記者の背後にはこんな話を希望する読者が存在するという期待も含めて共通と言える。こんな怪しい記事に気軽に乗っかってしまう記者に、職業適性がないか、訓練が足りないかしていると感じる。情報ソースの方は悪戯の類だろう。だからといって許される話でもないのだが。

なぜこんな小さな記事を扱ったかというと、最近の報道で形に入れて楽をする傾向があるのではないかと感じるからである。例えば、新聞社が特定の傾向を好むことを社員である記者 (契約しているライターでも同様だ) が認識していたときに、それに沿った記事を探し、その方向に合うように記事にまとめるという作業をしているのではないだろうか。この上司の顔色を窺うという行為が、結果的に非常に強いバイアスを生じさせることになると、報道は中立ではないことになる。
報道機関は、読者の好みに合うように、つまり、保守系の新聞 (これで代表させる) は保守層が好む記事を選択し、まとめ方も同様にするだろう。逆に革新系であったとしても同様である。読者は好みあった新聞を買うから、読者の欲しい記事が書いてある記事を書くというのは商業新聞としては正しい行為になる。そう言ってしまえば中立などないのは致し方ないことになる。それでも、ご機嫌伺いで楽な仕事をするというのは、どんな職業でもろくなことにならないというのは事実である。

東日本大震災の後のある期間、欲しい真実を報道する機関がないという話を見聞きした。これは、欲する事実が真実であると予断をもっていて、それに合わない情報は真実ではないと考えているというだけの話である。真実とは言ってはいるが、自分が信じていることを肯定する記事が欲しいと主張しているだけのことである。
報道機関が一定の確からしさを維持しているのかを確かめる方法として、自社の主張する方向の異なる内容を掲載するか否かというのがある。自社の主張ばかり掲載するのは怪しい。否定的な意見を掲載していれば、一定レベルに達しているということで良いだろう。特定の方向性しか掲載しないことを理解していればそれで良いが、それだと考える幅が狭くなってしまうから別の方向のものも確認しなければならない。
情報は入手し易い環境になったが、ノイズが多ければ別の難しさが生じていると言える。


お気軽記事を書いた記者はどうなったのだろうか。

« タカタ製エアバッグ欠陥、影響拡大 日産26万台リコール | トップページ | 乗用車の海外生産台数6.5%増、4~9月 輸出は5.3%減 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タカタ製エアバッグ欠陥、影響拡大 日産26万台リコール | トップページ | 乗用車の海外生産台数6.5%増、4~9月 輸出は5.3%減 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ