« 車の国内生産:8月6.9%減 2カ月連続マイナス | トップページ | ローソン、ポプラと資本業務提携へ 中四国で競争力強化 »

2014年9月30日 (火)

ローソン、成城石井を買収 スーパー本格進出

成城石井の株式は三菱商事系の投資ファンド、丸の内キャピタルが100%保有している。ローソンは全株式の取得で丸の内キャピタルと合意した。9月30日にも発表する。買収後も「成城石井」の店名は維持し、コンビニエンスストアの大量出店で培った店舗開発のノウハウを移植。都市部を中心に成城石井の店舗展開を加速し、スーパー事業を収益源に育てる。 ローソンは高級スーパーの成城石井(横浜市)を買収する。
成城石井を傘下に持つ投資ファンドと29日、10月中にも全株式を譲り受けることで合意した。有利子負債を含む買収総額は550億円強とみられる。成城石井の買収には三越伊勢丹ホールディングスも名乗りを上げていた。人口減少による市場の縮小や消費増税の影響が避けられない小売業界では今後、大手が主導する再編の動きが一段と激しくなりそうだ。 成城石井は地盤の首都圏と中部、近畿の都市部で約110店を運営し、輸入品を多く扱う独自の品ぞろえと高級感のある総菜や弁当などを強みとする。スーパー業界では飛び抜けた成長を持続。2013年12月期まで5期連続の増収増益を達成し、14年12月期も連結売上高は前期比10%増の600億円、営業利益は36%増の45億円程度になるもようだ。
小売業界は4月の消費増税後、都市部のスーパーや百貨店を除き、厳しい状況にある。コンビニ2位のローソンも4月以降は既存店の前年割れが続く。増税後の落ち込みを見越し、ローソンは2月に自前のスーパー「ローソンマート」の展開を始めたほか、8月にはシネマコンプレックス(複合映画館)国内3位のユナイテッド・シネマ(UC、東京・港)を買収するなど事業の多角化を進めている。(日本経済新聞9月30日)


成城石井について考える。


成城石井は1927年創業の食品スーパーである。社名の成城というのが、高級住宅街として知られる東京都世田谷区成城と関連している。石井というのは創業者の苗字であるようだ。ワインやチーズなど直輸入品を多数そろえる特徴的な商売をしている。2004年に創業家がレックス・ホールディングス(現レインズインターナショナル)に株式を売却した。レインズインターナショナルは牛角、鳥でんで知られる外食産業である。成城石井の売上高と分かった営業利益の推移を下に示す。


■ 成城石井の売上高推移
     決算期       売上高     営業利益
  2013年12月期     544億円     33億円
  2012年12月期     517億円     31億円
  2011年12月期     490億円     29億円
  2010年12月期     460億円
  2009年12月期     433億円     24億円
  2008年12月期     402億円
  2007年12月期     406億円
  2006年12月期     378億円
  2005年12月期     359億円

2006年12月期の営業利益は5億円前後、2007年が10億円、2008年が20億円という水準でその後30億円水準の営業利益で推移している。スーパーチェーンが成功する売上高というのは1,000億円と聞いたことがある。成城石井はこの半分以下の売上高であったときから注目されている。過去の記事を読むと、食品スーパーは固定客が八割なので、醤油の安売りをしても売上の先食いをするだけで、他にないより良い醤油、無論価格が高く、店の利益も大きい、を売ることが大切だという話があった。食品を売るという商売で売上を伸ばすというのは、固定客がほとんどで、食べる量には大きな変化がないとすれば、将来の売上の先食いするか高付加価値商品を売るということにするよりないということだろう。それはその通りなのだが、それで仕事になる売上高というのは成城石井の売上高よりもう少し低いところであるような気がする。
成城石井のワインはひところ話題になっていた。高い商品から、リーズナブルな商品もあったが、話題になり宣伝すると商品の品質管理に難があると言う指摘も出てきた。売上を増やそうとすれば販売地域を拡大する必要も出る。宣伝、広告もする。するとどの店でもある程度同じ商品が用意される必要が出てくる。他にない高付加価値の商品、醤油としよう、を販売するというのは、この醤油が広く流通していないことで成立している。流通しない理由は製造上の事情であるかもしれないし、他の事情かもしれないが、どこでもいつでも買えるという種類のものではないということだ。つまり、この醤油は宣伝に馴染まない。常連の客が密かに気が付き買い求めるか、店員に聞き取りをして来店するかというタイプのものである。

極端に言えば、日本中どこでも、いつでも同じ商品が手に入るというのが、この国のコンビニエンスストアの商売に考え方である。チェーンになっていても、その土地とお客にあった商品を販売するという営業とは違いが大きい。量を限定したプライーベートブランドなら成城石井に合うかもしれないが、テレビCMを流す商品ならローソンにしか合わない。というより、そもそも宣伝とは何を求めているのだろうかと考えてしまう。
国内市場の縮小傾向もあり、小売の再編が盛んであるが、企業を買うよりいっそ潰した方が良いという判断もある。というより、潰す判断は経営者にしかできない仕事である。安く買ってほとんどを閉店という対応を取る経営者が出たなら考えを聞いてみたいと思うのである。


どの店も同じではつまらないと考える人は多くいると思う。

« 車の国内生産:8月6.9%減 2カ月連続マイナス | トップページ | ローソン、ポプラと資本業務提携へ 中四国で競争力強化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 車の国内生産:8月6.9%減 2カ月連続マイナス | トップページ | ローソン、ポプラと資本業務提携へ 中四国で競争力強化 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ