« ギャンブル依存症:自力脱却は困難 | トップページ | 極右代表と撮影:高市氏と稲田氏ら、欧州メディアが批判 »

2014年9月 9日 (火)

全盲女子生徒:足蹴られケガ つえで転倒の腹いせか 川越

埼玉県内の盲学校に通う全盲の女子生徒が9月8日朝、同県川越市のJR川越駅構内で何者かに足を蹴られてけがをしたとして、県警川越署に相談していたことが分かった。女子生徒のつえに引っかかって転倒した腹いせとみられ、同署は被害届を受理し次第、暴行または傷害事件として捜査する方針。
被害を訴えているのは同市笠幡の県立盲学校「塙保己一学園」(荒井宏昌校長、児童生徒114人)の高等部専攻科に通う女子生徒。同校によると8日午前7時50分ごろ、同駅で電車からバスに乗り換えるため改札を出て点字ブロック上を歩いていたところ、正面から来た誰かが白杖(はくじょう)に接触し、転倒。直後に背後から右膝の裏を強く蹴られたという。女子生徒は目撃者が「何やってるんだ」と相手を注意する声を聞いたが、蹴った本人は終始無言で、性別や年代は分からないという。毎日新聞の取材に、女子生徒は「何が起こったか分からず怖かった。これまで白杖に引っかかった人に文句を言われることはあったが、暴力を振るわれるなんて思わなかった」とおびえた様子で語った。医療機関を受診し、骨に異常はなかったが、全治3週間のけがで「膝を曲げると痛く(マッサージの訓練など)一部実習もできない」と訴えている。  荒井校長は「無防備の生徒を蹴るなんてショックで悲しい。身元が分からないようわざと声を出さなかったのならさらに卑劣だ」と話した。(毎日新聞:9月9日)


嫌な話である。考えてみることにする。


塙保己一学園は、はなわほきいちがくえんと読む。創設者の名前かと思ったが、塙保己一は、埼玉県出身の盲目の国学者である。亡くなったのが文政年間であるから活動したのは江戸後期となる。思い違いは続いて、学校法人だと思っていたが県立学校であった。2010年までの校名は、埼玉県立盲唖学校である。正式名称は、埼玉県立特別支援学校塙保己一学園となっているが、括弧付きで県立盲学校とある。視覚に障害のある幼児・児董・生徒のための学校である。学校は、幼稚部(3年)、小学部(6年)、中学部(3年)、高等部普通科で構成され、その先に専攻科(保健理療科3年、理療科3年)もある。専攻科は高等部や高校卒業者が進学する。寄宿舎もあるそうだ。
学校の所在地は、川越市笠幡である。最寄りの駅は川越線の笠幡となるが1km強ある。川越川の隣の駅である的場駅も含めて、小さな駅であるのでスクールバスの折り返しには馴染まないと思う。実際に登下校時に定期運行スクールバスは二系統ある。一つが稲荷山・川越便と呼ばれるルートで、稲荷山公園駅・川越駅・本川越駅に向かう。もう一つが鴻巣便というるーとで、鴻巣駅・川島・若葉駅に向かう。鴻巣駅は高崎線の駅で、若葉駅は東武東上線の駅である。このルートは30km近くの距離になる。ふと思って稲荷山公園駅を確認したら、西武池袋線の駅である。入間市になる。こちらは10kmくらいであるが、南西方向に位置する。鴻巣駅が北東側だから、乗り換えで不便な地域をカバーするという配慮なのだろうか。

状況についての詳細が分からないなかでの話であるから、極端な結論は間違いがある可能性が高い。それは承知したうえで、障害者の使う杖に躓くことがあったときに、障害者に文句を言うのは心情的には理解できる。急いでいるのに前を塞いでしまい、結果として転んだということならありそうな話である。しかし、それで蹴って良いという話にはならない。障害者が通勤の混む時間帯に電車を利用するなという主張もあるだろう。しかし、その論理の先にあるものは、障害があるなら家でじっとしていろという価値観しかない。
障害を持つことを個性に近付けることを福祉の目標とするなら、視覚障害があっても教育を受けなければならないし、就労しなけらばならない。仕事の内容に限定があったとしても、限定がある以外の項目については、健常者と同じに求められるのである。
杖を使うことで動きが遅かったり、周囲の変化に対して反応が遅いことで迷惑が掛ることもあるだろう。朝の混雑時ではなく、時間をずらせばよいというのは、健常者においても同じ話である。皆と同じ行動で安心するという方法で、生産性を向上させるというのは幻想でしかない。このことはこの半世紀に学習したことである。障害者に不具合があるのは、健常者にも不都合があるから対策すべきことである。無論、経済論理として不可というものもあるだろう。しかし、それがすべてをしない言い訳にはならない。

犯人とされる人間は見つかっていない。特定されたときには、杖で転んだ後、立ち上がる際に足を延ばしてぶつかったと言うことだろう。声を発しなかったのは、騒ぐほどではなかったからで、転んでばつが悪いので速やかに立ち去った。「何やってるんだ」と周囲から言われたのも、転んだことをとがめられたと感じただけに過ぎない。

こんなとき決まって、障害者がわがもの顔で混んだところを進むのがおかしいという意見が出てくる。盲導犬を傷付けるのにも同じ臭いを感じるのだが、堪え性がなくなって自分より弱いものに刃が向かう世の中になっているようだ。大したことではないのにと思うのだが、世の中の多くの事柄は大したことでないもので出来ているのもまた事実である。


怪我をした学生が、世の中に悪い人が少しいることを学んだのなら、多くの良い人がいることも知ることになれば良い。

« ギャンブル依存症:自力脱却は困難 | トップページ | 極右代表と撮影:高市氏と稲田氏ら、欧州メディアが批判 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ギャンブル依存症:自力脱却は困難 | トップページ | 極右代表と撮影:高市氏と稲田氏ら、欧州メディアが批判 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ