« プロゴルフの賞金 | トップページ | 焼酎売上高1、2位は九州勢 全国メーカーの約半数減収 »

2014年8月11日 (月)

安倍首相 長崎でも「コピペ」あいさつ

原爆投下69年の8月6日に広島市で開かれた平和記念式典でのあいさつが「昨年のコピペ(文章の切り貼り)」と指摘された安倍首相は9日、長崎市の平和祈念式典でも昨年と酷似した文章を読み上げ、被爆者から「がっかり」「使い回しだ」と批判の声が上がった。安倍首相はあいさつの冒頭「被爆の辛酸をなめた私たちは、にもかかわらず、苦しみ、悲しみに耐え立ち上がり、祖国を再建し、長崎を美しい街としてよみがえらせた」と昨年と同じ言い回しを使った。「被爆68周年」「68年前の本日」の数字部分がそれぞれ「69」に変わっただけだった。(日刊スポーツ:8月10日)


政治家は何を考えて行動するのであろうか。


平和祈念式典で発言することなど決まっている。言わなければならないこと、言うべき順番も過去の例から大きく変更できないというのが慣習というものだろう。だから、逆に言わなかったことに意味が出てくる。仮に安倍が核軍縮、核廃絶を口にしなかったのなら、大きな問題として取り上げる価値が出てくる。この手の式典のスピーチというのはそういうものだ。
今回の首相のスピーチで昨年のものと同じ部分が多いという指摘は事実その通りである。問題なのは、安倍がこれを意図して行ったか、あるいはアクシデントなのかということである。大きな行事のスピーチを自分自身で書く政治家は少ないだろう。そもそも首相というのは多忙である。この行事が重要な仕事となる市長とはこの点で異なる。首相には当然スピーチライターがいることだろう。
この原稿に関して幾つかの可能性がある。第一には、首相自身が昨年と同じで良いとしたケース、第二にはライターが同じものを流用して首相が気付かなかったケースである。他にもいろいろな状況が想定されるが、広島と長崎で同様のことが発生したことからすると、首相が意図しないアクシデントではないと考えて良さそうである。つまり、首相は同じで良いと考えていたということになる。
長期政権を目指しているようだから、毎年同じ原稿で対応するというのはひとつの考え方かもしれない。同じ内容を同じように話していて、演者によって異なるというのは伝統芸能にはよくあることである。それなら、とりもろそうで笑いものになり、訓練を受けて選挙に臨むようなことはせず、独特の滑舌で自分の世界を切り拓くということこそが潔い態度であろう。

この式典に政治色が強く滲み出ているということは、戦争に関わる可能性が高まってると読むのは正しいだろう。戦争とその結果使われた核兵器で多くの人が亡くなったという事実を見詰める。この単純な式典を、複雑にしてしまうのは、現在の為政者の仕業に過ぎない。そして、その結果が不幸なものになった場合に巻き込まれるのは、未来の市井の人であると決まっている。


ちょっと変えれば騒ぎにならないという選択肢を取らない理由が分からない。

« プロゴルフの賞金 | トップページ | 焼酎売上高1、2位は九州勢 全国メーカーの約半数減収 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プロゴルフの賞金 | トップページ | 焼酎売上高1、2位は九州勢 全国メーカーの約半数減収 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ