« カット野菜:カゴメとキユーピー | トップページ | 1962年製フェラーリ、39億円で落札 車の競売最高額 »

2014年8月14日 (木)

グリーの今6月通期決算は2期連続の大幅減収減益

グリーが8月13日発表した平成26年6月期の通期決算は、最終利益が前年同期比23.0%減の173億円となるなど、2期連続での減収減益となった。スマートフォン向けアプリのヒット作が減ったうえ、一昨年に「コンプガチャ」を廃止したことによる課金収入の伸び悩みが続いているなど、収益力低下も影響した。 売上高は17.5%減の1255億円、営業利益は28.0%減の350億円と、主要項目はすべてマイナスとなった。最終利益は25年6月期の53%減に続く大幅減益となっている。 今年度は「ネイティブゲームのヒットタイトル創出を最優先課題とする」としているが、中間期および通期の業績予想は見送った。第1四半期(7-9月期)は最終利益で前年同期比37.2%増の33億円を確保する計画だが、売上高、営業利益はともに減少を見込んでいる。(産経新聞:8月13日)


栄枯盛衰のゲーム産業について考える。


似た企業を扱っているがグリーは扱っていなかった。四半期決算の推移を確認する。2011年Q2以前は非連結で、Q3以降は連結になっている。決算期の途中で気楽に変更されては困るが、その頃は規模も小さいので影響は小さいと判断して単純に引き算して四半期の数字をまとめた。結果を下に示す。

■ グリーの四半期6月期決算推移 (単位:百万円)
   四半期    売上高    営業利益  経常利益 四半期純利益
  2014 Q4    26,577     6,127     5,798    2,781
  2014 Q3    31,072     9,950     9,476    4,738
  2014 Q2    32,621     9,151    11,108    7,424
  2014 Q1    35,328     9,779     9,674    2,404
  2013 Q4    37,004     7,795     9,547     -311
  2013 Q3    37,892     10,811    12,129    4,707
  2013 Q2    39,407     14,259    16,331    9,049
  2013 Q1    37,935     15,750    15,250    9,069
  2012 Q4    40,081     18,997    18,439    12,329
  2012 Q3    46,189     24,550    24,506    13,448
  2012 Q2    41,529     22,536    22,462    12,741
  2012 Q1    30,432     16,646    16,528    9,449
  2011 Q4    21,093     9,790     9,717    5,688
  2011 Q3    16,373     8,199     7,964    4,695
  2011 Q2    14,302     6,925     6,920    4,161
  2011 Q1    12,410     6,221     6,227    3,695
  2010 Q4    10,940     5,295     5,304    3,114
  2010 Q3     9,274     5,270     5,273    3,046
  2010 Q2     8,180     5,074     5,076    3,216
  2010 Q1     6,837     3,939     3,942    2,129
  2009 Q4     5,145     2,632     2,632    1,421
  2009 Q3     3,910     2,494     2,496    1,332
  2009 Q2     2,910     1,839     1,805     962
  2009 Q1     1,980     1,396     1,395     752

営業利益が最大だった2012年Q3に比べ、最新のQ4で1/4にまで下がっている。営業利益はピークを迎えた後、急速に坂を下っている。怪しい投資でもしたかと思うくらいだが、この会社はネット関係の会社でセグメントに関する発表もない。従業員数でも確認しようとまとめたのが下の結果である。従業員数は有価証券報告書によった。

■ グリーの売上高(単位:百万円)と従業員数推移
                  ≪ 従業員数 ≫
   年     売上高    単体   連結
  2014    125,598     -   1,776
  2013    152,238     -   2,364
  2012    158,231     -   1,730
  2011     64,178      -    592
  2010     35,231     174    -
  2009     13,945     102    -
  2008     2,937      74    -
  2007      -       46    -
  2006      -       18    -

直近の発表は第3四半期のものである。2013年より減っているのは希望退職者を募った為とある。利益が大きかった頃は人が極端に少なかったが、儲かって人を増やしたら売り上げも減ってしまった。個人的な趣味で始めた会社でも、趣味でつぶす訳にはいかないから苦しい。超過課金問題で有名になった会社ではあるが、超過課金が大量に入り込む仕組みに制限が掛けられると売上にも響くようだ。


たくさんCMが流れていた釣りスタはこの会社だという。CM流すのも趣味なのだろうか。

« カット野菜:カゴメとキユーピー | トップページ | 1962年製フェラーリ、39億円で落札 車の競売最高額 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カット野菜:カゴメとキユーピー | トップページ | 1962年製フェラーリ、39億円で落札 車の競売最高額 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ