« エアバス社、スカイマークに身売り要求 A380購入で | トップページ | 宝飾の三貴:民事再生法適用を申請 負債総額120億円 »

2014年7月30日 (水)

ブラック企業大賞:セクハラヤジ「都議会」がノミネート

東京都議会はブラック(企業)−−。学者や弁護士、市民活動家らでつくる「ブラック企業大賞実行委員会」は7月30日、大賞候補の企業を公表した。その中に都議会がノミネートされた。都議と都議会は雇用関係にないものの、セクハラヤジ問題に対する自浄能力のなさに特別にノミネートされたという。
ブラック企業大賞は、労働基準法に違反する長時間労働の強制、パワハラ、残業代未払いなど労働法に触れるような労働条件を意図的に強いている企業を「表彰」することで、社会に過酷な実態をアピールしようと2012年から始まった。実行委員会がノミネート企業などを選定し、今回は民間企業7社と1学校法人、都議会を選んだ。このうち五つが過労死・過労自殺が起きたケースで、残りは違法派遣やパワハラなど。都議会は「ヤジはセクハラに該当するが、自浄能力を発揮することなく幕引きを図ろうとした」として特別ノミネートにした。ノミネートされた各社とその理由は同大賞のホームページ(http://blackcorpaward.blogspot.jp/)に掲載されている。ネットでの投票結果なども参考に、実行委員会が9月6日に大賞を発表する。実行委員会の佐々木亮弁護士は「都議会のヤジ問題は、国会や地方議会のセクハラ発言が判明する端緒となった。そうした意味も込めてノミネートした」と話している。(毎日新聞:7月30日)


面白いことを考えるものである。


ノミネートは下記の9社である。

  1.  株式会社 大庄(居酒屋チェーン「日本海庄や」)
  2.  JR西日本(西日本旅客鉄道株式会社)
  3.  株式会社 ヤマダ電機
  4.  株式会社 A-1 Pictures
  5.  タマホーム株式会社
  6.  東京都議会
  7.  株式会社リコー
  8.  株式会社 秋田書店
  9.  学校法人智香寺学園 正智深谷高等学校 & 株式会社 イスト

死者が出るとランキングされるようだが、それ以外のものもある。逆に死ななければ入らないという状況もあるのかもしれない。この手の話題ではレギュラーの、ワタミとユニクロの名前はない。ワタミは殿堂入りしていると理解したとして、ユニクロはというと最近の非正規社員の正規社員化の対応で印象の改善があるのかもしれない。
小売、特に衣料関係の企業の労働環境が良くないというのは昔から指摘されていることである。また、介護関係や飲食店も同様である。上記のリストで、リコーと秋田書店は気の毒な気がするが、指摘されている点は問題はある。しかし、それなら他にも幾つも会社があるというのもまた事実である。
弁護士も選考のメンバーにあるから問題のない対応をしていることと思うが、企業からすれば不本意な話だろう。このイベントによって労働環境が改善するということは期待できそうにない。当事者は期待しているのだろうが、ノミネートの企業だってそれで良いとは思っていないだろう。無論、問題意識が低いということは否めないのではあるが。とすると、このイベントは企業をひやかすだけのものでしかないということだろうか。なんとも不思議な印象である。


書き始めたら、つまらないことに気が付いた。

« エアバス社、スカイマークに身売り要求 A380購入で | トップページ | 宝飾の三貴:民事再生法適用を申請 負債総額120億円 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エアバス社、スカイマークに身売り要求 A380購入で | トップページ | 宝飾の三貴:民事再生法適用を申請 負債総額120億円 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ