« 政府、集団的自衛権行使へ閣議決定 憲法解釈を変更 | トップページ | 「どぶろっく」江口さん、カミツキガメ無許可飼育の疑い »

2014年7月 3日 (木)

渋谷駅が5位転落 JR東の乗車人員数、乗り換え減か

JR東日本の2013年度の駅別乗車人員ランキングで、新宿、池袋に次いで19年連続で3位をキープしていた渋谷駅が5位に転落していたことが7月3日、分かった。昨年3月に東急東横線の渋谷駅が地上2階から地下5階に移り、東京メトロ副都心線との相互直通運転が始まったことで、地上駅のJRに乗り換える客が減ったとみられる。同社によると、2013年度の渋谷駅の1日あたり平均乗車人員は37万8,539人で、前年度(41万2009人)から8%減った。減収分は年間二十数億円になるという。ランキングでは、新宿駅が75万1,018人で首位。池袋が55万0,350人で続いた。赤れんが駅舎の復元などで話題になった東京駅が2012年度より3%増え、4位から3位に浮上した。(日本経済新聞:7月3日)



   駅名    2013        2012         2011        2010         2009         2008    
  新宿    751,018 [1]    742,833 [1]    734,154 [1]    736,715 [1]    748,522 [1]    766,020 [1]
  池袋    550,350 [2]    550,756 [2]    544,762 [2]    544,222 [2]    548,249 [2]    563,412 [2]
  東京    415,908 [3]    402,277 [4]    380,997 [5]    381,704 [5]    384,024 [5]    394,135 [5]
  横浜    406,594 [4]    400,655 [5]    394,900 [4]    398,052 [4]    399,633 [4]    402,193 [4]
  渋谷    378,539 [5]    412,009 [3]    402,766 [3]    403,277 [3]    412,241 [3]    426,317 [3]
  品川    335,661 [6]    329,679 [6]    323,893 [6]    321,711 [6]    321,739 [6]    328,439 [6]
  新橋    254,945 [7]    250,682 [7]    243,890 [7]    244,916 [7]    248,048 [7]    251,021 [7]
  大宮    245,479 [8]    240,143 [8]    235,744 [8]    235,151 [8]    236,424 [8]    239,720 [8]
  秋葉原   240,327 [9]    234,187 [9]    230,689 [9]    226,646 [9]    224,608 [9]    224,084 [9]
  北千住   203,428 [10]   198,624 [11]   194,136 [11]   195,260 [11]   193,976 [11]   194,724 [11]
  高田馬場 201,513 [11]   201,765 [10]   199,741 [10]   202,396 [10]   204,527 [10]   206,890 [10]
  川崎    197,010 [12]   188,193 [12]   185,651 [12]   185,300 [12]   187,147 [12]   186,485 [12]
  上野    181,880 [13]   183,611 [13]   174,832 [13]   172,306 [13]   178,413 [13]   181,244 [13]
  有楽町   167,365 [14]   164,929 [14]   162,252 [14]   162,445 [14]   166,252 [14]   169,361 [14]
  立川    160,411 [15]   157,468 [15]   155,868 [15]   157,517 [15]   158,068 [15]   158,123 [16]
  浜松町   155,784 [16]   153,104 [16]   151,480 [16]   153,594 [16]   155,145 [16]   158,700 [15]
  田町    144,433 [17]   145,724 [17]   148,346 [17]   149,477 [17]   153,982 [17]   154,124 [17]
  大崎    143,397 [18]   138,311 [19]   127,838 [23]   126,436 [23]   124,577 [24]   123,918 [26]
  蒲田    139,728 [19]   135,668 [20]   133,593 [20]   133,748 [20]   133,758 [20]    135,701 [20]
  吉祥寺   139,282 [20]   138,483 [18]   137,555 [18]   138,420 [18]   141,314 [18]   143,178 [18]

乗車人員の多い駅というのは、生活していて乗る駅、他の路線(この統計ではJR以外)への乗り換え駅、目的地としての駅のいずれかになる。都市部の中心部での人口は限度があるし、周辺に駅も多いことからすると、乗換駅になっている駅で数字が大きくなるであろうと予測される。
上位の駅には、新宿(小田急、京王、メトロ、都営)、池袋(西武、東武、メトロ)、東京(メトロ)、横浜(東急、京急、市営地下鉄)、渋谷(東急、京王、メトロ)、品川(京急)といった具合である。乗り換えの路線の少ない東京、品川で多いのは新幹線との関連が推定される。
上記の記事で、東京メトロ副都心線との相互直通運転の影響とある。東京メトロの主要駅の乗降人員を下に示す。

■ 東京メトロ渋谷駅、池袋駅、新宿駅乗降人員
         2012      2011      2010
  渋谷   226,644   217,117    219,748
  池袋   483,952   470,284     476,336
  新宿   220,154   212,024    215,468

上の記事である東京メトロ副都心線との相互直通運転が始まったことによる影響は、東京メトロ渋谷駅にも同様に表れる筈である。東京メトロは2013年の結果を公表していないので不明であるが、記事の通りの現象であるのなら2013年の渋谷は20万人強になるものと予想される。相互直通運転の影響が池袋に出ていないのが不思議だが、副都心線とJRとで競合しないということだろうか。池袋と渋谷の事情を解説してくれる記事があると嬉しいが、それを読んで嬉しがるのは少ないのは承知している。
駅利用者の人数はそれほど変化はない。大学や企業の移動はそれほどなく、線路が動く訳ではないのだから、利用者の変動もそれほどはない。連絡や接続が変わるというのが最大の変化要因だろう。利用者の変化が少なく、順位の変化が少ないのも合理的に説明できる理由があるということだ。


メトロの利用者の結果が出たら比較することにしよう。

« 政府、集団的自衛権行使へ閣議決定 憲法解釈を変更 | トップページ | 「どぶろっく」江口さん、カミツキガメ無許可飼育の疑い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 政府、集団的自衛権行使へ閣議決定 憲法解釈を変更 | トップページ | 「どぶろっく」江口さん、カミツキガメ無許可飼育の疑い »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ