« 野田聖子氏、政権を批判「安全保障と少子化はリンク」 | トップページ | 千葉国際高が民事再生申請:負債30億、授業は継続 »

2014年5月 9日 (金)

小保方氏の懲戒審査に1カ月

理研は5月9日、小保方氏の処分を検討する内部職員らで構成する「懲戒委員会」を設置した。記者会見した理研の米倉実理事によると、委員会が1カ月程度で結論を出し、理事会で決定する。理研内の共著者や所属長も審査の対象になるが、理研を離れた若山教授は対象にはならないという。
理研の規程では、研究の不正行為が認定された場合、原則として最も重い「懲戒解雇」か本人に自主的な退職を促す「諭旨退職」にすると定めている。ただ、情状により、「出勤停止」「減給」「譴責」といったより軽い懲戒処分にとどめることもできる。同委員会の決定に不服があるときは再審査を請求できるほか、懲戒解雇などの処分が出れば、地位確認などの法的措置をとることができる。小保方氏の代理人は、「訴訟も選択肢のひとつ」としつつ、「方向性はまだ決まっていない」と話している。(朝日新聞:5月9日)


この記事は少し飽きてきているのだが、これが最後と考えてみる。


小保方の生きる道は、論文の内容に従ってSTAP細胞(現象でもよい)が再現することのみである。再現できなければお終いだ。違う方法で出来たとしたら微妙な扱いになるが、名誉と地位を守る方法はこれ以外の道筋はない。しかるに、小保方の代理人は何をしようとしているのだろうか。小保方の希望は、理研に残ること、それがかなわないなら研究者として仕事を続けることであるだろう。調査委員会に小保方と同様の "不正" があったことを材料にして理研を攻撃しても、小保方の希望をかなえる方向にはいかないだろう。代理人の方法は、小保方が慰謝料を得ることはあっても、復職は不可能な流れを作っている。基礎研究における理研の国内でのポジションは非常に高いと考えて良いから、理研と喧嘩別れした研究者を雇うという組織はメジャーなところでは少ないだろう。代理人が依頼者の希望を実現する任務をまっとうしようと思うなら、理研とは喧嘩するふりをしつつ上手に和解に導くことである。組織を攻撃されては、理研という伝統的な日本の組織は、組織防衛に力を注ぐことになる。組織防衛を犠牲者を出しても達成するというのは、日本の組織のもっとも得意とするところだ。その結果、理研が優秀な研究者を失うことになったとしても、小保方を決して許すことをしないという結論に至る筈だ。これでは依頼人から任された仕事をすることにならない。
代理人が実験ノートのコピーの公表を行ったが、これがプラスに働くとはとても思えない。代理人はノートの存在を知らしめることに目的があったのだろうが、パソコンのデータファイルの管理が悪いことを認めているなかで、実験ノートがまともな記録を取っていない印象をもたれる材料を提示する意図が分からない。この代理人は、理研の実験ノートはこのくらいだと見積もったということなのだろうか。

理研側も小保方と法廷闘争するつもりはないだろう。処分が重ければ法廷に進むというなら、処分を軽くすれば良い。論文に未熟な部分がある (この表現には抵抗があるが) ことは本人が認めているのだから、出勤停止程度の処分にすれば良かろう。期限の切られた職員であるから、次回の更新はしないことにすればよい。更新しない理由は懲戒処分のあった者を更新する訳にはいかないとすればよい。処分が軽いのに法廷闘争する事態は考えられないが、出勤停止では訴訟が起きるというなら、減給処分にすれば良い。過去の事例に比べ軽過ぎるという指摘もあるかもしれない。それには、この程度の研究者を採用した側の問題であるとして、理事や関係部門の責任者に減給程度の処分を行えばよい。ほうぼうに綻びが生じている組織であるが、リセットしてもその先に生まれる組織に大きな変化はないだろう。それなら少しの組織改革を行うだけの作業を実務的に進めるのが、現実的かる効果的な作業である。それでは治らないという指摘に対しては、この古い組織は現在の研究課題に対して最適でないから、新たな組織を作ることが好ましいというのが解答になる。


代理人が本人の名誉欲で動いたら悲劇である。50万円の就職活動会見から喜劇だが。

« 野田聖子氏、政権を批判「安全保障と少子化はリンク」 | トップページ | 千葉国際高が民事再生申請:負債30億、授業は継続 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 野田聖子氏、政権を批判「安全保障と少子化はリンク」 | トップページ | 千葉国際高が民事再生申請:負債30億、授業は継続 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ