« バーバリー、日本を直営に 三陽商会との契約見直し調整 | トップページ | 衆院鹿児島2区補選 金子氏が当選確実 »

2014年4月25日 (金)

オバマに国内まとめる力ない=TPP交渉で:麻生財務相

麻生太郎財務相は4月25日の閣議後会見で、環太平洋連携協定(TPP)交渉の日米協議で大筋合意が見送られたことについて、「どのみち11月の米中間選挙前に答えは出ない。継続せざるを得ないだろうと思っていた」と述べ、予想通りとの認識を示した。その上で、交渉難航の要因に関し、「オバマ(米大統領)に米国内をまとめ切る力はない。仮に閣僚レベルでまとまっても、議会を通る保証はない」と米側の国内事情を指摘した。菅義偉官房長官は同日の会見で、オバマ米大統領の力量を疑問視した財務相発言について、「全体を見れば、そういうことは言っていないのだろう」と述べ、麻生氏を擁護した。米中間選挙前のTPP合意は困難との見解に関しては、「合意を実現する道筋についてお互いに確認できたのだから、そこはあり得ない」と否定した。(時事通信:4月25日)


久しぶりに現れた麻生太郎について考える。


米国議会でオバマの属する民主党が共和党に数で負けていて、11月の中間選挙でも共和党が優勢という見方が多数のようだ。オバマ自信の支持率も低迷していて、これから抜け出せる材料も乏しい。外遊で点数を稼いで帰国して中間選挙に備えるというのが本音だろう。米国の国内事情として、TPPに諸手を挙げて賛成かといえばそうでもないだろう。国内産業すべてに国際競争力があるという訳でもない。例えば、米国の自動車産業の利益の源は、大型のピックアップトラックにある。キャディラックやリンカーンがベンツやBMWに奪われても会社は傾く心配はなくても、街に走るF-150やシルバラードがタンドラやタイタンに置き換わったら米国の自動車産業は壊滅しかねない。米国の自動車が輸出を考え出したのはごく最近のことのようだ。海外市場への進出は現地生産であった。海外の有力市場を無視していたというより、優先すべき大きな国内市場があったということに尽きるだろう。近年GMはキャディラックを輸出しようと考えているようで、ドイツのライバルを意識した自動車にしているようだが、絶えているフルサイズセダンを再生産するなら国内市場を意識した伝統的な米車になるだろうと予想する。まあ、フルサイズセダンが絶滅危惧種ではあるのだが、米国中部にBMWが溢れるという絵は想像したくない。現実的な想像としては、フルサイズセダンの代わりにエスカレードになって、F-150の中に紛れるというのが有力なのだろう。
米国の特徴として、豊かな国内市場向けに生産して、余ったものを輸出するというのが基本的な図式に思える。半導体のような若い産業ではこの限りではなく、ましてやIT産業においては言わずもがなとなる。今回のTPP関連の交渉で双方の主張に関係した、牛肉、豚肉、自動車となれば、伝統的な産業に属するから産業の関係者の本音は、交渉にあたっている政府関係者の声とはいささか違うものだろう。

さて、麻生の発言である。言っていることの当否はさておき、聴衆に受ける、つまり面白いおじさんとして扱われる政治家である。古い政治家には多くいたようだが、近年は不用意な発言をすると席を失うことになるから難しい。世襲の地方議員で選挙の心配がないというのがあるのだろう。同じカテゴリーには森喜朗がいる。
この手の政治家は、発言が話題になること、つまり受けることが最重要課題だと信じていることに特徴がある。自分の立場でその発言をすれば影響があるなどという配慮はひとかけらも存在しない。そもそも配慮などというのは、お付きの人がするもので、自分自身の行動原理に載っていない言葉である。
今回の発言が米国に影響する可能性はほとんどないだろうが、それを確定させるべく多くの人が作業することになる。この無駄な作業をする不毛さといったら、対応している皆様にお見舞い申し上げるよりない。残念なことに当人は、「なっ、影響なんか出ないだろう」などとしれっとしているのだろうから、報われない仕事ともいえる。本当に報われないかは分かったものではないは、いかなる仕事にも共通する不確定性ともいえるのではあるが。


怪しい発言をする政治家を矯正するのは不可能だ。しかし、席に就かせいないのは可能だ。

« バーバリー、日本を直営に 三陽商会との契約見直し調整 | トップページ | 衆院鹿児島2区補選 金子氏が当選確実 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バーバリー、日本を直営に 三陽商会との契約見直し調整 | トップページ | 衆院鹿児島2区補選 金子氏が当選確実 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ