« 火力発電量が過去最高 1月発受電電力量、全体は0.7%減 | トップページ | 衛藤首相補佐官:米政府批判の発言撤回し、動画も削除 »

2014年2月18日 (火)

橋下市長の対抗はマック赤坂氏だけ?

大阪市長選(3月9日告示、23日投開票)に、東京都知事選で惨敗したばかりのスマイル党総裁、マック赤坂氏が出馬することが分かった。主要政党が候補擁立を見送るなか、独り相撲を免れた橋下徹市長(日本維新の会共同代表)は歓迎しそうだが、産経新聞社の世論調査では、橋下氏の出直し選挙を64・2%が「評価しない」と答えていた。
マック氏は、出身大学の京都大がある京都府知事選(3月20日告示、4月6日投開票)への出馬も検討していたが、日刊スポーツは17日、大阪市長選への出馬を決意したと報じた。数日中に基本政策を発表するという。政見放送でひたすら「笑顔のトレーニング法」を解説したり、インド独立の父、ガンジーのコスプレ姿で護憲・平和を訴えたり、奇抜な選挙運動で注目されるマック氏の参戦は、大阪でも話題となりそうだ。
橋下氏も先週15日、マック氏について「名市長になるかもしれない。笑い顔が絶えない大阪になる」と出馬の検討を歓迎していた。ただ、今回の出直し市長選について、大阪市民の視線は厳しい。産経新聞社が15、16両日に、大阪市内の有権者を対象に行った世論調査では、橋下氏の辞職、出馬表明を「評価しない」とした人は64.2%に上り、「評価する」の27.3%を大きく上回った。評価しない理由としては、金銭感覚がシビアな大阪人らしく、「多額のお金がかかる」が31.2%で最多だった。市長選には約6億円もの税金がかかる。橋下氏が最重要政策と位置付ける「大阪都構想」についても、賛成が39.1%、反対が40.3%と拮抗しており、出直し市長選で事態打開を図る橋下氏の手法に、多くの有権者が疑問を感じているようだ。(夕刊フジ:2月17日)


東京都知事選を扱ったのだから、大阪市長選について考える。


橋下の出直し選挙に否定的な意見が多いことから、どの政党も候補を擁立しない対応をするようである。無投票になったら信任されたと橋下は言うのだろうが、中途半端に候補者を立てて一票差で負けたとしても、橋下は信任されたという論理だろうから黙殺するよりないというところなのだろう。勝てそうなら候補を立てても良いが、既存政党は準備期間が短いと持てる能力を発揮できない事情もあるのだろう。
そんな無投票ムードの中に突如現れたのがマック赤坂である。東京都の選挙区で度々立候補している。衆議院や参議院選挙にも立候補しているが、東京都知事選についての獲得得票数を全投票数と合わせてまとめた結果を下に示す。

■ マック赤坂東京都知事選獲得得票数と全投票数
   年    得票数    全投票数
  2014   15,070    4,930,251
  2012   38,855    6,647,744
  2011    4,598     6,072,604

スマイルセラピー協会 (財団法人である) の会長であるし、政見放送のユニークな発言で注目されるが、これだと10万票までは遠いようだ。当選するのが大変なのは想像がつく。テレビで扱われていても泡沫候補扱いから抜け出すというのは難しい。東京の泡沫候補といえば大日本愛国党総裁であった赤尾敏である。田母神俊雄が供託金の没収にはならなかったから、右翼でも泡沫候補でなくなった時代である。星四つの軍人として評価したくなくない人物と、尊敬する政治家を並べるのは心苦しいかぎりである。
選挙に際して、投票したくない候補者がいないという意見がある。こんなことなら、泡沫候補に投票すれば良かろうと思う。都道府県知事の法定得票数は、有効得票総数÷4で算出される。無効票はカウントされないが、泡沫候補なら有効票である。今年の東京都知事選で舛添要一が獲得した211万票余りの票数も、有効票数が800万票あれば再選挙になる。まあ、300万票も投票数が増えれば結果が大きく変わるのではあるが。得られない不満をこぼすなら、行動することで変わることもあるだろう。愚痴をこぼす以外の行動をしなければ、相応の未来が来るというものである。
さて、過去の大阪市長選挙を確認する。

■ 過去の大阪市長選挙結果
  選挙年 有権者数   投票数  投票率   ≪  候補者・得票数  ≫
                               橋下徹   平松邦夫
  2011  2,104,977  1,282,318  60.92%    750,813   522,641
                              平松邦夫  関淳一   姫野浄   橋爪紳也 藤井永悟
  2007  2,073,215   904,054  43.61%    367,058   317,429   113,201   89,843   8,199
                              関淳一    辻恵     姫野浄   松下幸治
  2005  2,060,849   699,089  33.92%    278,914   189,193   165,874   46,709
                              関淳一    渡辺武   中川暢三  羽柴秀吉 小谷豪純
  2003  2,045,970   681,465  33.31%    368,433   195,682   43,494   32,126   23,696

政党系候補が上位になっている。しかし、羽柴秀吉が3万票 (全投票数約68万票) となかなかのレベルに達している。タレント枠があるという風土はここにも表れているようである。
マック赤坂と橋下の対決となった場合に、投票率は三割程度に留まるだろうと想像される。70万票でマック赤坂が35万票を取るというのは難しいだろうが、マック赤坂の十倍の票数を獲得できないようでは橋下も辛いことになるだろう。ある意味無駄な選挙に思えるが、結果によっては意味も出てくることだろう。


ユニークというのは使い勝手の良い言葉だ。

« 火力発電量が過去最高 1月発受電電力量、全体は0.7%減 | トップページ | 衛藤首相補佐官:米政府批判の発言撤回し、動画も削除 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 火力発電量が過去最高 1月発受電電力量、全体は0.7%減 | トップページ | 衛藤首相補佐官:米政府批判の発言撤回し、動画も削除 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ