« JINの9~11月純利益91%減 既存店不振、円安も響く | トップページ | 任天堂:営業損失350億円=海外不振、赤字3期連続 »

2014年1月16日 (木)

消費増税でATM手数料「上乗せ」:全銀協会長

全国銀行協会の国部毅会長(三井住友銀行頭取)は1月16日の記者会見で、4月の消費税率引き上げに伴うATM(現金自動預け払い機)手数料について、「基本的には引き上げ分を上乗せする方向だ」と述べた。
三井住友銀では平日の時間外などに現金を引き出す際にかかる手数料を、現行の105円から108円に引き上げる方向だ。(読売新聞:1月16日)


税金が上がれば利用者に請求するのは当然である。しかし、元の価格決定については……。ということで考える。


どの金融機関もサービスの価格が一致しているという事実は、談合がなされているであろうと想像させるに十分である。高々数行しかない都市銀行ならともかく、全国地方銀行協会に所属する64の銀行の手数料が一致しているのなら、この協会が価格カルテルを結ぶ主たる役割を果たしているのではないかと考えてしまうのである。この協会は、一般社団法人で、地方銀行の健全な発展を通じて金融経済の伸長に寄与し、もって公共の利益を増進することを目的としている。目的に、業界の秩序形成の実現の為に指導するなどと書いてたら社団法人になれる筈もない。同業の協会というのは、どこも似たようなものであるが、一部は談合の巣窟のように呼ばれ、一部は呼ばれないという不思議な社会通念が形成されているようだ。(なお、都市銀行や第二地銀を含む全国銀行協会という組織もある)
ATM手数料に関する公正取引員会の指摘事例がないかと確認したら、土曜日の有料化に関する事例があった。2002年10月に土曜日のATM手数料有料化が実施された。このとき都市銀行が相次いで実施したことが問題視された。最初にUFJ銀行が土曜日のATM利用手数料の有料化を実施することを公表したことに始まって、東京三菱銀行と三井住友銀行がそれぞれ土曜有料化を公表した。この他に、みずほ銀行が土曜有料化を検討していることを明らかにしている。加えて、最初に実施したUFJ銀行は全国銀行協会の会長行であった。カルテルで騒がれる業界なら、この状況が確認できれば派手な立ち入り調査になりそうである。派手ではなくても調査は実施されて結論に至っている。一部を抜粋する。
 
 ・ 土曜日は週休二日制が定着して日曜日と同等になっている。
 ・ 利用手数料は時間外、日曜日の手数料に合わせた。
 ・ 銀行間の相互利用の為に、手数料の通知は事前になされる必要がある。
 ・ 有料化に関する事前の話し合いがなされたことが確認できなかった。
 
ということである。この報告の中で、今後、顧客への告知前に提携金融機関に通知しないよう注意したとあるから、業務の都合とはいえ顧客通知以前に同業者に通知するのは問題だとはしている。上の行為をまとめて談合と称すると考えていたが、公正取引員会では違う考えのようだ。銀行の業務というのは、資金を集めて、融資することである。集めた資金には金利を付けるし、融資にも金利が付く。この差が収益になるという仕事であるから、その業務の大半は情報に集約する。橋を造るのを例にとれば、実際の建築物に入札情報がセットになっている。ずいぶんと情報依存が高いことからすれば、情報漏えいは不正競争に直ちに結びつくと考えてよいように思う。そうならないのは理由はあるのかと、公正取引員会の歴代委員長の出身母体を確認したら、17人の中に大蔵省出身が11人いた。ほかには日本銀行が2人、裁判官、検察庁、日本興業銀行が各1人であった。だから、銀行には指摘しないのか、という理解は余りにうがった見方であろうが、そのような余地をつくらないのが、李下で冠を正さずという戒めであるのだろうと思うのである。
この報告で述べられているが、そもそも100円(+消費税)の手数料決定についてコストの積み上げを行っていはいない。もっぱら銀行側の思惑によって決定されたものである。だから、50円でも100円でも200円でも良いが、顧客から大きな不満が出ない範囲で最大ということで決めたのだろう。その程度のことなら各銀行で差がない必然性はあるようだが、ある銀行が出し抜こうとすることも起こり得る。他行が100円で、こっちが80円なら競争力を得る。期間限定のキャンペーンでも良い。それをしないのは、事前に話し合いがもたれたからだろうと思う人がいる。自由競争というのはそういうものだろうと信じる人である。自由競争を抑制する行為を取り締まるのが公正取引委員会の仕事であるなら、この信じる者たちの期待に背かない仕事をしてもらいたいものである。
コスト算出するタイプの仕事ではないのあろうが、表面上取り繕ってしまえば完了というのは受け入れ難い。銀行で談合の記録を残すへまはしまい。そういう仕事なのだから。だから無罪では、金融機関にはカルテルが存在するのを認めたのも同じである。


銀行の手数料は消費税に合わせて便乗値上げしても大丈夫かもしれない。

« JINの9~11月純利益91%減 既存店不振、円安も響く | トップページ | 任天堂:営業損失350億円=海外不振、赤字3期連続 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JINの9~11月純利益91%減 既存店不振、円安も響く | トップページ | 任天堂:営業損失350億円=海外不振、赤字3期連続 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ