« EU・ロシア、旧ソ連西部で勢力争い激しく | トップページ | 私立大学の大学院進学と定員充足率 »

2013年12月 1日 (日)

私立大学の学生数について

先日の東海大の在学生を確認したことについて、再度最新の情報で確認した。


旺文社教育情報センター2013年4月の学生数の多い私立大学のランキングに従って、各大学の学生数を確認した。学部在籍学生については二部、通信制と短大は対象から外した。数字は各大学の公表情報により最新の情報とした。学部の他に、修士、博士の大学院の在籍学生数を加えた。ここで、専門職大学院の在籍数は修士に含むこととした。下に結果を示す。

■ 私立大学の在籍学生数
No.   大学名        学部      修士      博士
01  日本大学       67,395     2,748       704
02  早稲田大学      44,295     7,228      2,051
03  立命館大学      32,524     2,612       578
04  近畿大学       31,216      761       168
05  明治大学       29,861     2,374       348
06  慶應義塾大学    28,975     3,430      1,179
07  東海大学       28,946      875       138
08  関西大学       28,325     1,570       283
09  法政大学       27,115     1,661       336
10  同志社大学      26,522     1,870       507
11  東洋大学       25,497      821       204
12  中央大学       24,978     1,766       341
13  帝京大学       24,121      244       134
14  関西学院大学    23,089     1,045       150
15  立教大学       19,341      982       342
16  福岡大学       18,852      435       263
17  龍谷大学       18,068      693       117
18  神奈川大学      18,015      444        64
19  青山学院大学    17,685     1,109       204
20  専修大学       17,670      363        62
21  駒澤大学       15,492      172        46
22  名城大学       14,922      659        78
23  東京理科大学    13,574     3,037       274
24  国士舘大学      13,373      219        54
25  京都産業大学    13,045      166        40
26  中京大学       12,892      202        43
27  大東文化大学    12,208      277        63
28  東京農業大学    12,000      407       154
29  明治学院大学    11,998      164        52
30  東北学院大学    11,810      104        12
31  愛知学院大学    11,391      206       156
32  関東学院大学    11,101      184        50
33  関西外国語大学   10,900       38         2
34  上智大学       10,886     1,199       221
35  中部大学       10,702      267        36
36  立正大学       10,495      179        48
37  九州産業大学    10,475      134        24
38  國學院大学      10,391      273       102
39  神戸学院大学    10,311       72         29

都立高校の平均募集学生数が一校あたり約240人である。大きな高校のレベルが小規模で、その数倍あるのが中規模、この規模が複数のキャンパスだと大規模というイメージだろうか。キャンパスを一つだとすると、学年に1,000人で4,000人となるからこれくらいまでだと規模の小さい方に属するだろう。大学の学部の学生数が2万人を超える規模だと大規模と思えるようだ。この規模の大学は専攻の幅広い総合大学であるようだ。理工系大学は実験関係の都合もあり人数が少なくなる。最近は情報処理系の専攻で文科系学部に近い学生数のところもあるようだ。
規模の大きな大学ばかり見ていては間違えるかもしれないと、東京都に本部を置く大学だけでも調べようと思った。該当する大学は128あり、国立が11、公立が1、私立が116である。大学院大学は除いている。これを調べるのは少し骨が折れそうなので、全体的な話を先にする。
総務省統計による高等専門学校・短期大学・大学・大学院の学科別学生数による、学部と大学院の学生数について2011年の数字を抜き出した結果を下に示す。括弧内は学部及び大学院の中での学生数割合を示す。

■ 2011年の大学学科別学生数
   学科        学部          大学院       大学院/学部
  総数       2,569,349 ( - )      272,566 ( - )       11%
  人文科学     385,268 (15%)      19,872 ( 7%)       5%
  社会科学     879,173 (34%)      44,416 (16%)       5%
  理学        80,960 ( 3%)      19,872 ( 7%)       25%
  工学        394,474 (15%)      89,001 (33%)      23%
  農学         75,770 ( 3%)      13,591 ( 5%)      18%
  保健        270,786 (11%)      36,820 (14%)      14%
  商船          -              79 ( 0%)       -
  家政         69,503 ( 3%)       1,373 ( 1%)       2%
  教育        172,971 ( 7%)      14,682 ( 5%)       8%
  芸術         72,073 ( 3%)       5,210 ( 2%)       7%
  その他      168,371 ( 7%)      27,650 (10%)      16%

学部の学生数は2005年が2,508,088人と同じ水準であった。大学院については同じく254,480人で増加している。理学部と工学部の合計が学部で18%であるのに、大学院では40%になっている。理工系学部での大学院進学が高いことが分かる。同じ資料から2005年以降の理学、工学、農学の大学院学生数推移をまとめたものを下に示す。

■ 理系学科の大学院学生数の推移
         2005年     2009年      2010年      2011年
理学      20,509      18,825      19,375      19,872
工学      79,549      80,369      86,277      89,001
農学      12,689      13,097      13,534      13,591

近年の大学院への進学者数の増加は工学で多い結果であった。理学も増加傾向だと思っていたが、2005年に比べると2009-2011年は少ない結果であった。理学部数学、物理というようなシンプルな表記はむしろ少なく、工学部での電子、建築というような表記は好まれないようだ。このように理工系学部において、長い名前の専攻が増えているようなので、専攻名の変更による理学から工学に変わった可能性も排除できない。ここでの議論では、理学と工学を分けて考える必要はなさそうなので一括りで良いだろう。農学については、バイオ関係の専攻を充実させていると思っていたので増加していると予想したが、それほどではなかった。
社会科学の大学院進学率は人文科学と同じ水準であるが、社会科学に属する学部学生の多さからすると大学院への進学者数は大きい。工学の半分くらいの学生が大学院で社会科学の研究をしているというのは多いと感じる。修士の学歴以上が必要となる製造業の研究部門がある工学に対し、例えば経済学部で修士であることが求められる企業がどのようなものなのかは思い付かない。法律家を目指す場合や、公認会計士、税理士といった士業を指向していると大学院での勉強というのも有益かもしれない。試験の免除科目がある場合もあるようだ。教員になる場合にもメリットはあるようだ。これだと試験用の予備校になってしまうとも思うが、想像で結論を出すのは好ましい行動ではない。

学部では収容定数より多くの学生を抱える一方で、大学院では収容定数を大きく下回る大学があったので調べ始めた。実際、多くの大学で大学院の収容定数を下回っていた。それなら、大学院を設置しないとか、設置しても定数を制限するのが妥当な気がするのだが、他に事情があるのかもしれない。まだモヤモヤは晴れないので、データを集めて改めて考えることにする。


数字が五月雨式に出てくるのはいつものことだ。

« EU・ロシア、旧ソ連西部で勢力争い激しく | トップページ | 私立大学の大学院進学と定員充足率 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« EU・ロシア、旧ソ連西部で勢力争い激しく | トップページ | 私立大学の大学院進学と定員充足率 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ