« 私立大学の学生数について | トップページ | 太陽光発電の送電、沖縄でも限界に 鉛蓄電池で対応 »

2013年12月 2日 (月)

私立大学の大学院進学と定員充足率

先日の大学院について考えたことを追加する。


学生数規模の大きな私立大学の学生数を、学部、修士、博士に付いて確認し、収容定数と合わせて比較した。データは各大学の公表している最新の数字を拾った。データは各大学のホームページのものを用いた。結果を下に示す。

■ 私立大学の大学院進学率と収容定員充足率
           《     学内学生数比    》 《    収容定員充足率    》
   大学名    修士/学部×2 博士/修士    学部     修士     博士
  日本大学       8.2%      25.6%       119%       86%      54%
  早稲田大学     32.6%      28.4%       116%     100%      89%
  立命館大学    16.1%      22.1%       115%      75%      81%
  近畿大学      4.9%      22.1%       114%      81%      44%
  明治大学      15.9%      14.7%       115%      96%      97%
  慶應義塾大学   23.7%      34.4%       111%      88%      86%
  東洋大学      6.4%      24.8%       100%      91%      63%
  関西大学      11.1%      18.0%       109%      84%      68%
  東海大学      6.0%      15.8%       104%      83%      34%
  法政大学      12.3%      20.2%       111%      84%     113%
  同志社大学     14.1%      27.1%       114%      79%     107%
  中央大学      14.1%      19.3%       114%      75%      82%
  帝京大学      2.0%      54.9%       105%      50%      28%
  関西学院大学   9.1%      14.4%       105%      69%      63%
  福岡大学      4.6%      60.5%       115%      81%     117%
  専修大学      4.1%      17.1%       121%      92%      56%
  立教大学       10.2%      34.8%       117%      78%      89%
  神奈川大学     4.9%      14.4%       106%      63%      23%
  青山学院大学   12.5%      18.4%       119%      81%      91%
  龍谷大学      7.7%      16.9%       110%      76%      60%
  東京理科大学   44.7%       9.0%       110%     113%      86%
  駒澤大学      2.2%      26.7%       119%      65%      45%
  名城大学      8.8%      11.8%       114%      97%      48%
  国士舘大学     3.3%      24.7%       118%      50%      43%
  中京大学      3.1%      21.3%       116%      56%      48%
  京都産業大学   2.5%      24.1%       119%      53%      49%
  大東文化大学   4.5%      22.7%       118%      79%      49%
  明治学院大学   2.7%      31.7%       114%      51%      50%
  東京農業大学   6.8%      37.8%       119%     112%      71%
  愛知学院大学   3.6%      75.7%       108%      32%      49%
  東北学院大学   1.8%      11.5%       117%      40%      18%
  関東学院大学   3.3%      27.2%       108%      68%      45%
  九州産業大学   2.6%      17.9%       101%      60%      33%
  上智大学      22.0%      18.4%       118%      81%      69%
  関西外国語大学  0.7%       5.3%       110%      54%      11%
  立正大学      3.4%      26.8%       111%      64%      43%
  國學院大学     5.3%      37.4%       124%      61%     111%
  神戸学院大学   1.4%      40.3%       109%      27%      43%
  中部大学      5.0%      13.5%       114%      76%      32%
  --------------------------------------------------------------------
  上記平均      10.5%      23.6%       113%      84%      72%

修士の学生数を学部の学生数で割って2倍したのは、学年の進学率に近いものにする為である。学科により4年ではないものもあるが、4年と2年で代表させて考えている。修士と博士は年数は無視した。また、修士がなく博士のみ設置の場合もあるが、これもむしすることにした。
修士課程に進むにあたり、同じ大学に進むとは限らないが、大規模私立大学での修士への進学率は平均で11%で、修士から博士へは24%であることが確認された。理工系の単科大学である東京理科大の修士への進学率が44.7%と著しく高いことで分かるように、理工系では修士への進学率が高いことが示されている。逆に、理科系学部を持たない大学では修士への進学率が低い傾向にある。専修大学、駒澤大学が該当する。(専修大学はネットワーク情報学部があるがこの大学院がない)
修士への進学率は、東京理科大を除くと、早稲田、慶応、上智、立命館、明治、中央の順に高い。所謂有名大学が上位になっている。理工系の他に、法曹界を目指した法科大学院や教職用の大学院があると進学率を上げる要素になる。

収容定員で見ると、学部は定員の一割から二割多い学生がいて、修士、博士は定員より少ない。博士に着目すると、高い大学と低い大学で差が大きい。博士の収容定員を大きく下回っている大学を学部人数の多い方から選ぶと、東海大学(34%)、帝京大学(28%)、神奈川大学(23%)となる。大きな名の知れた大学であっても、最先端の研究に熱心とはいえないことを数字が示している。無論、人数の面からの話であり、内容についての議論でないことを念の為、記して置く。

いろいろな機会に、ポストドクタが話題になる。研究には、新規性と進歩性が求められる。新規性は誰もやっていない領域なら得やすいが、進歩性を出すとなると難しい。逆に、同業の研究者が注目しているものなら進歩性は出せるが、新規性は誰かが手を付けている可能性が高いだろうから難しくなる。史学のような研究で進歩性は長い期間の中で出していく仕事なのかもしれない。古文書の調査や発掘調査で新規性を出せるかもしれないが、進歩性を出すには複数の調査の結果であればもう少し手間の掛る仕事だろう。
優秀な研究者を増やすにはある程度の数が必要なのは、そんなものかもしれないと思うのだが、数ばかり増やしても仕方ないと同時に思う。新規性も進歩性もほどほどの研究者は、自分自身は優秀な研究者だと思っているかもしれないが、恐らく多くの人は役に立たない研究をしていると思っているだろう。ポストドクタと簡単に扱うのは、身の程知らずに博士課程に進んだ者の救済になりかねないことに注意を要すると感じる。


数字をまとめるのに大変時間を要した。

« 私立大学の学生数について | トップページ | 太陽光発電の送電、沖縄でも限界に 鉛蓄電池で対応 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私立大学の学生数について | トップページ | 太陽光発電の送電、沖縄でも限界に 鉛蓄電池で対応 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ