« 吉野家HD:今期最終黒字2億円に下方修正 コスト増など重荷 | トップページ | 与野党、消費増税や経済策巡り論戦 »

2013年10月 5日 (土)

甘口の政治家発言

義偉官房長官は10月4日の記者会見で、横浜市緑区の踏切で男性を助けようとして死亡した村田奈津恵さん(40)に安倍晋三首相名の感謝状を授与すると発表した。併せて、人命救助した人が対象の紅綬褒章を授与することを決めた。感謝状は菅氏が10月6日に遺族の元に届ける。(共同:10月4日)


事故について語るつもりはない。顕彰について考える。


書状を贈る理由について、菅義偉官房長官は以下の様に語った。
「勇気ある行動をたたえる」「他人にあまり関心を払わない風潮の中で、自らの生命の危険を顧みずに救出に当たった行為を国民とともに胸に刻みたい」
「総理もぜひたたえたいという話をされていた」
天皇陛下万歳と突撃する感じは無いにしても、滅私奉公を全面に出しているのは否めない。今回の行為がそうした政治信条に基くものとは思わないが、多少の影響はあるのだろう。まあ、それはどちらでも良い。

踏切について整理しよう。法令によって四つに分類される。
  第1種踏切  踏切警報機と遮断機を備える
  第2種踏切  踏切係員が詰める時間帯だけ遮断機を操作する
  第3種踏切  警報機のみ遮断機なし
  第4種踏切  踏切警報機や遮断機がなく、標識が設置されている
第1種が圧倒的に多いだろうと思われる。第3種は歩行者だけが渡る幅の狭い踏切にあると思う。第4種は列車の本数の少ない場所にあると思うが、踏切事故の報道でしか見たことがない。
なぜ踏切の話に戻ったかというと、2002年に施行された「鉄道に関する技術上の基準を定める省令」には、

  第39条   鉄道は、道路(一般公衆の用に供する道をいう。以下同じ。)と平面交差してはならない。

とある。つまり、踏切は違法施設ということになる。新たな鉄道というのが新幹線と地下鉄以外に聞かないが、これらでは踏切はなさそうである。それでは現在運航している鉄道の踏切は何を根拠にしているかというと、第39条の続きに、

 ただし、新幹線又は新幹線に準ずる速度で運転する鉄道以外の鉄道であって、鉄道及びこれと交差する道路の交通量が少ない場合又は地形上等の理由によりやむを得ない場合は、この限りでない。

と続く。新幹線は駄目だけれども、在来線なら良しとしようということである。これがあれば踏切があることを否定されることはない。在来線では走れない速さで運行しているのが新幹線なのだから、新幹線以外は踏切は問題ないということになる。しかし、山形新幹線で山形駅の前には踏切があったし、他にもあったような記憶がある、山形新幹線というのを確認したら、奥羽本線に東北新幹線から乗り入れているという扱いのようである。山間部を走行することもあり速度は新幹線としては低い最高時速130km/hになっている。山間部では猪や鹿などの動物が列車に接触することがあるというから、踏切をなくすだけでは速度を上げられないだろう。

話を戻す。遮断踏切立ち入りを行った場合には、道路交通法の規定により3月以下の懲役又は5万円以下の罰金の対象となる。逆に、遮断機が下りている踏切内に人がいるのを認識しても、何もせずにいたとしても罪に問われることはない。通行人に対して、非常ボタンを押す程度の努力は求められるが、義務を求めるものではない。轢かれる人を見ては夢見が悪いからと目を背けても誰も非難しないだろう。
踏切に入ることが法律違反で、入らないことが正当な行為であるのに、踏切に入ったことを表彰することは政府機関としてどう説明するのだろうか。駅でホームから線路に落下した人を見た場合に鉄道会社がホームにいる人に求めているのは非常停止ボタンを押すことである。助けようと飛び降りて、複数の人が犠牲になった例が多くあるからだろう。


顕彰するのに異論はない。しかし、踏切内への立ち入りは危険であることを注意喚起することは必要だし、重要だろう。そんなことを言ったら人命救助した人を冒涜するという意見が出るだろう。それでも言うのが政治家の役目である。専門家が人命救助をして殉職したのとは話が違う。素人が助けようとして犠牲になったのである。危険を伴う行為を推奨することをしてはならない。
こんなことを言ったら批難されるだろう。その苦い言葉を口にするのが政治家の仕事である。甘い言葉で済ませる行為の卑しさを気にしないとしたら、政治家として相応しくないだろう。最近、甘口の政治家ばかりなのは選挙制度の問題なのだろうか。


エレベータが止まっても天井の穴から抜け出してはいけない。あなたはブルース・ウィリスではない。

« 吉野家HD:今期最終黒字2億円に下方修正 コスト増など重荷 | トップページ | 与野党、消費増税や経済策巡り論戦 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉野家HD:今期最終黒字2億円に下方修正 コスト増など重荷 | トップページ | 与野党、消費増税や経済策巡り論戦 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ