« パナソニック:低価格デジカメ撤退検討 | トップページ | 吉野家HD:今期最終黒字2億円に下方修正 コスト増など重荷 »

2013年10月 3日 (木)

両陛下、傷痍軍人会の記念式典に出席

天皇、皇后両陛下は10月3日午前、東京都渋谷区の明治神宮会館を訪れ、戦傷病者特別援護法制定50周年と日本傷痍軍人会創立60周年を記念する式典に出席された。約1,100人の会員と家族に加え、安倍晋三首相や衆参両院議長らも参列した。
天皇陛下は「戦傷病者とその家族が歩んできた歴史が、決して忘れられることなく、皆さんの平和を願う思いと共に、将来に語り継がれていくよう切に希望してやみません」とあいさつされた。(日本経済新聞:10月3日)


日本傷痍軍人会を久しぶりに聞いた気がする。そう言う訳で、日本傷痍軍人会について考える。


日本傷痍軍人会は、特例財団法人である。特例財団法人は聞き慣れない言葉である。公益法人制度改革によって2008年12月から公益目的でなくとも一般財団法人を設立できるようになった。特例財団法人は、かつての民法の規定に基づいて設立された公益目的の財団法人であるので、2013年11月30日までに、(1)一般財団法人、(2)公益財団法人、(3)株式会社、(4)解散のいずれかを選択しなければならなくなった。日本傷痍軍人会が解散するのには、会員の減少、高齢化もあるが制度変更への対応も理由にはなっているだろう。

日本傷痍軍人会の設立は、1955年(昭和30年)2月19日 である。
● 目的の概要
  傷痍軍人等の生活の援護と親睦福祉増進を図るとともに、品性の涵養と道義の昂揚に努め、
  もって公共の福祉の向上及び増進に貢献し日本の繁栄と世界平和に寄与することを目的とする。
● 主な事業の概要
  傷痍軍人等の生活援護及び福祉増進
という目的の事業概要となっている。

話が前後したが、日中戦争や太平洋戦争で負傷したり病気になったりした元軍人らでつくる財団法人日本傷痍軍人会は10月3日、会員の減少と高齢化で組織の存続が難しくなったとして、東京都渋谷区の明治神宮会館で創立60周年記念式典の後に解散式を開いた。
最も多いときで約35万人いた会員は、今年3月末で約5,000人に減り、平均年齢も92歳になった。11月末までに新公益法人への移行を求められていたが、討議を重ねて解散を決めた。
解散式には、元軍人と妻、家族ら計約千人が参加して黙とう。会長の奥野義章さん(90)は「不撓不屈の精神で社会の各分野で活躍してきた。組織の高齢化に伴ってお別れしなければならない状況に立ち至り、絶ちがたいものがある」と解散を宣言した。各都道府県にあった支部のうち既に三重、兵庫、佐賀の3県が解散しており、今後も活動を継続すると決めているのは千葉と長崎の2県という。
1945年に20歳であった人が88歳になるのだから平均年齢が高いのは必然ではある。その後戦争をしていないのだから当然ではある。傷痍軍人と遺族会は似ているが違う組織である。日本遺族会は、英霊の顕彰、戦没者の遺族の福祉の増進、慰藉救済の道を開くとともに、道義の昂揚、品性の涵養に努め、平和日本の建設に貢献することを目的とする財団法人である。遺族会でも高齢化が話題になる。
日本遺族会の話には靖国神社が付き物であるが、日本傷痍軍人会にはこれに相当するものはない。政治的な力も随分違うようだ。日本遺族会は1981年に100万世帯あったが、その後は不明である。世帯単位であるから差は大きいだろう。日本遺族会は国政選挙で組織内候補を擁立していたが、高齢化が理由で前回の衆議院選では見送っている。政治力では差が大きいようだ。
日本傷痍軍人会は、日本の傷痍軍人に関する史料の収集・保存・展示を行っているしょうけい館(戦傷病者史料館)を運営している。ここの今後については、委託先を変更して存続させるという。

ネット検索したら遺骨収集を行っている団体と認識しているものがあった。こちらは日本遺族会の方だろう。他に戦友会もあるし、遺骨収集には日本國戦死者遺体収容団というのもある。厚生省が行っている事業であるが、時間の経過とともに難しくなっている。外国での作業にいろいろな制限があるのは当然であるが、せめて国内では進めて貰いたいものである。国内外ともに日本青年遺骨収集団 (JYMA) が活動しているようである。想像するに、資金上の問題が最も大きいと思うが、継続すべき仕事と感じる。

戦後、中国で抑留中に右目を失明したという北海道恵庭市の武田豊さんは、解散式のあと、「解散するのは、日本が再び戦争をせず、新たな傷い軍人を出さずに済んだからで、うれしい気持ちだ。私たちのような体験をする人が二度と生まれないようにするためにも、多くの若い人たちが史料館を訪れて戦争の悲惨さを感じてほしい」と語っている。
戦争を経験し傷付いた者が平和を喜ぶ。正しく、そして、重い。


余分な話は止めにした。(充分、話は逸れている)

« パナソニック:低価格デジカメ撤退検討 | トップページ | 吉野家HD:今期最終黒字2億円に下方修正 コスト増など重荷 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パナソニック:低価格デジカメ撤退検討 | トップページ | 吉野家HD:今期最終黒字2億円に下方修正 コスト増など重荷 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ