« リニア中央新幹線ルート発表 | トップページ | 廃炉対策1兆円、合理化で捻出 »

2013年9月19日 (木)

自民参院幹事長が有権者“軽視”発言

自民党の脇雅史参院幹事長は9月18日、東京都内のホテルで開かれた会合のあいさつで「政党が国会議員の候補をきっちり選べば、選ぶ人が『あほう』でも選ばれる人は立派だ」と述べた。有権者を軽視する発言として反発を招きそうだ。同席した安倍晋三首相らが「ちょっと」と制止したため、脇氏はその後に「『あほう』と言ってはいけないかもしれない」と弁明した。 (毎日新聞:9月18日)


政治家の発言は何時でも難解だ。ということで発言について考える。


9月18日に19時より、永田町にあるザ・キャピトルホテル東急の宴会場桐に於いて自民党女性議員の集いが開かれた。安倍晋三自民党総裁も出席していた。安倍のホテル滞在時間は1時間に満たず、ホテルに18:37着、19:30発とのことである。忙しい首相が、自身の所属する政党のバカ議員の発言に振り回されるのはお見舞いするよりないが、ご自身も福島第一は制御下にあると能天気な発言をしているのだから、同じ穴のムジナであるともいえる。
話題の脇雅史は、1945年2月2日生れの68歳。参議院議員3期目である。選挙区は比例区で額賀派に所属する。東京都出身で東京都立西高等学校、東京大学工学部土木工学科を1967年に卒業している。東大卒業後、建設省に入省し 建設省近畿地方建設局長を最後に1997年8月退官している。参議院選の比例区で、1998、2004、2010年に当選している。学歴経歴共に立派な人物である。自民党政調会において国土強靱化総合調査会の副会長であり、道路政策特命委員会の顧問になっている。道路や橋を造るのが大好きなタイプの議員のようである。ホームページの活動記録を眺めてみると、公共事業をしないと国家は再生しないとお考えのようである。田中派の流れを汲む額賀派の伝統的な土建議員のようである。
大学が土木で、建設省に入って政治家になったというなら、道路や橋の耐用年数や、建設時との社会環境の変化に着目して、最適な道路計画の提案をして貰いたいものだと思う。しかし、造りっぱなしの話ばかり目につくのは、造るのは名が売れても、直すのには見向きもされないという事情が関係しているのかもしれない。

そんな国会議員の発言である。政党の候補者選びの重要性を指摘したのだと言うのだが、女性議員に対して何を言いたいのかが分からない。政党が候補者を選ぶことが重要であるというのは否定しないが、有権者は政党を選ぶということなのだろうか。それなら、自民党の人気が下がってしまったら、いくら候補者を選りすぐっても選挙で勝てないことになる。政党の人気を上げることが第一であり、その為には有力な候補者を選ぶことが重要である。そうすれば、有権者など勝手に投票するものである。という話であれば流れは理解できる。しかし、それでもなぜ女性議員の集いにそれを言う必要があるのだろうか。民主党は女性に人気のない政党であり、維新の会も女性から見放され、みんなの党が渡辺の純化行動が進んでいては行き所はない。社民は崩壊状態だから、気にするなら共産のみである。女性票が自民党から離れるのは、自民党議員の女性軽視の発言であろう。脇の発言は女性のみを扱ってはいないが、有権者全体を軽く扱っているのは否めない。発言を訂正すれば、マスコミをつけ上がらせると思ったのかは知らないが言葉の選び方が適切でなかった程度は言ったほうが良いだろうにと感じる。脇は続けて「国民のレベル以上の国会議員は出てこないというが、もっと国会議員の選び方を厳正にする仕掛けが必要だ」とも語った。発言後、記者団に対し、「発言を撤回するつもりはない」と語っているから、こっちの考えとは距離が大きいようだ。

役人を候補者名簿を華やかにする為に加えた気もするが、党の役職についているのだからまるでバカということでもないだろう。まあ、頭は良いのだろうが。役人から引っ張った人がいるならその親方がもう少し指導することを期待したいが、親方もその程度であることも想像に難くない。比例区だと有権者は選べないので、それこそ党にしっかりと選んで貰いたいものだと思う。


政治家はお笑い芸人と同じで目立てば勝ちだと思っているようだ。もう少し真面目にした方が良い。

« リニア中央新幹線ルート発表 | トップページ | 廃炉対策1兆円、合理化で捻出 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リニア中央新幹線ルート発表 | トップページ | 廃炉対策1兆円、合理化で捻出 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ