« みずほ銀に業務改善命令 反社会的勢力と取引放置 | トップページ | 婚外子相続差別は「違憲」 最高裁決定 »

2013年9月29日 (日)

維新・橋下氏ら、辞任は否定=堺市長選敗北で

橋下徹大阪市長と松井一郎大阪府知事は9月29日夜、堺市内で記者会見し、堺市長選での敗北を受けて、日本維新の会と大阪維新の会の役職を辞する考えがないことを明らかにした。(時事通信:9月29日)


久しぶりに話題にのぼった日本維新の会について考える。


注目されないと寂しく感じてしまう橋下なので、最近のマスコミの注目度の低さの中でどうしていたのだろうか。あるいは関西方面のマスコミは依然として高い関心を示していたのだろうか。
先の衆議院選挙の敗北 (と言って良いだろう) の責任は橋下の慰安婦発言にあるということで決着しているようだ。今回の選挙は、橋下の地元の大阪での選挙であり、大阪都構想の実現の為に必要な重要パーツの一つである政令市である堺市の市長選であるから力も入ったことだろう。
大阪維新の会に絡んでなかなか複雑な背景がある。今回の大阪維新の対立候補は、現職の竹山修身である。この竹山は、前回の選挙は大阪府知事であった橋下の支援を受けて、自民・民主・公明・社民の推す現職候補に勝っている。そして、今回は、現職の竹山は自民・民主などに推されて立候補している。大阪維新の会は、紆余曲折あって西林克敏を候補者としたが、負けてしまった。

この選挙結果は、複雑な話ではなく単純に維新の会 (大阪、日本を含めて) が既存政党になってしまったということに尽きるだろう。有権者が橋下に何を見たか、期待したかと言えば、従来からある既存政党が抱えるしがらみがないことで、掲げる理想に導いてくれるのではないかということであった。橋下の発言には既得権益を見直すことがあって、そのことがこの息苦しい空気を入れ替えてくれると信じた (願った) ことで、有権者が酔えた時期は両者にとって幸せであった。時間は残酷で、維新の会の新鮮さを奪っていった。
太陽と党との合流は全体としては利益があったのだろうが、維新の会から新鮮さを急速に奪った。なにせ、太陽の党は老人党である。保守系の老人というのは、頑迷なイメージで既得権を守る側の人間にしか見えない。これでは有権者が混乱する。少なくとも関西で判官贔屓な人達は太陽の党との合流で関心が下がったことだろう。維新の会は挑戦者でなければならない。
今回の選挙で維新の会は、橋下が強かった時代の維新の会ではなく、自民や民主と並んで見える既存政党の一つになってしまっての選挙であった。おまけに、組織力のある政党が全て対立候補を支援する状況であった。組織力が乏しく、浮動票を当てにする選挙にならざるを得ない維新の会が、違いをどこで示せるかがより重要になった。
橋下は大阪都構想の誤解があったと分析していたが、浮動票の集団はそんな複雑な話に興味はないだろう。大阪府と堺市で無駄があって、この無駄で利益を得ている不逞の輩がいるという話でなければならない。そう、橋下に期待するのは、勧善懲悪もののストーリーである。橋下は少々弱弱しくて良くて、対する相手は憎々しいことが演出として重要である。竹山には憎々しさが無いし、安倍でも役が当たらない。まだ麻生の方が似合いそうだ。橋下が輝くのは、相手が強く、明確であることが重要である。ということは、橋下には輝きがないということである。相手とのコントラストで初めて浮かび上がる。マスコミも朝日新聞のような大きな伝統のある新聞社が叩くというのが重要なのである。
橋下はこんなことは充分承知しているだろう。それなのに、単純な図式に持ち込めなかったところに今回の敗因がある。論理的な整合性や、実現性を重視してしまえば普通になるのは致し方ない。突拍子もないことを主張することで注目される手法しかない。
本来、大阪維新の会を関西圏全体に拡大し、組織力を付けるという作業を入れたうえで国政に出るのが手番であった。それを関西圏の整備もしないまま、選挙に出てしまったことで妥協してしまった。資金的にも厳しくなるだろうし、微妙なかじ取りを求められる。橋下は退路を断ってということだが、そもそも橋下には議員というのが腰掛けに過ぎない印象がある。首相を目指せないなら辞めてしまいそうだと感じるのは私だけだろうか。


旧太陽系は大阪方面に強い候補はいないようだ。東西分裂にならない工夫も欲しい。

« みずほ銀に業務改善命令 反社会的勢力と取引放置 | トップページ | 婚外子相続差別は「違憲」 最高裁決定 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« みずほ銀に業務改善命令 反社会的勢力と取引放置 | トップページ | 婚外子相続差別は「違憲」 最高裁決定 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ