« 芸能人の覚醒剤使用報道 | トップページ | 短期大学について »

2013年8月 5日 (月)

大学の数「多い」、学長の6割

全国に783校ある大学数を、大学の学長の6割が「多い」と認識していることが、朝日新聞社と河合塾の「ひらく 日本の大学」調査でわかった。(朝日新聞:8月5日)


大学のあり方について考える。

記事にある調査結果の冒頭部分を抜粋する。

■ 調査内容と結果について
  -------------------------------------------------------
  対象   国公私立大学  739 校 (大学院のみ、募集停止大学を除く)
        回答        618 校 (回収率 84%)
  調査時期 2013年4月より
  -------------------------------------------------------
  《 結果 》
      ・大学数    多い   362 校 (59%)
               適性   160 校 (26%)
               少ない   17 校 ( 3%)
      ・多いとする理由 (複数回答)
          83%  学生の質の低下
          73%  大学の経営難
          57%  教育の質の低下
  -------------------------------------------------------

学長の考えるところは、大学が多過ぎるので学生の質が下がって、教育の質も低下しているということである。その結果、大学の卒業生のレベルが低下して大学に資金が回ってこないことで経営が大変になる。という流れのようである。そんな論理で回答はしていないのだろうが、大きな論理の飛躍をしなければこんなものだろう。
中の下の学生が入学したら、卒業するときには上の下になって卒業するという魔法の大学を創れば資金提供する企業も出てくるかもしれない。しかし、現実の大学では、入ってくる学生のレベルと同等のレベルで卒業させるというところであろう。入ってくる学生のレベルを中の上までに制限できれば、卒業生もそれに見合ったものになるから、現在抱える問題の多くは改善すると期待するのは心中察するに余りある。
18歳の人口は1992年には205万人であったのが2012年には119万人まで減少し、この期間に大学数は523校から739校に増加した。人口が58%になって大学数は1.4倍に増えたということである。
18歳年齢人口と大学進学率の推移を確認する。進学率は文部科学省の学校基本調査報告書から引用した。5年毎の進学率の推移を下に示す。

■ 大学進学率 (%) の推移と18歳年齢人口
   年   大学+短大   大学    短大    大学院   18歳人口(万人)
  1955    10.1      7.9      2.2      ...       ...
  1960    10.3      8.2      2.1      ...       200
  1965    16.9     12.8      4.1      4.2       195
  1970    23.6     17.1      6.5      4.4       195
  1975    37.7     26.7     11.0      4.3       159
  1980    37.4     26.1     11.3      3.9       158
  1985    37.6     26.5     11.1      5.5       156
  1990    36.3     24.6     11.7      6.4       201
  1995    45.2     32.1     13.1      9.0       177
  2000    49.1     39.7      9.4     10.3       151
  2005    51.5     44.2      7.3     11.6       137
  2010    56.8     50.9      5.9     13.4       122

高校進学率は1980年代以降95%以上と高い水準で推移しているものの、卒業率となると1970年代半ばから90%に近付いてはいるものの超えられない水準で推移している。18歳人口の九割が大学進学対象者と見積もれば良い。
大学進学率は上がってきているが、短大への進学率は1995年 (正確には1994年) をピークに減少してきている。短大自体が減っている状況が影響していると考えられるが、その元となっている理由は、男女雇用機会均等法 (1986,1997,1999,2007年改正) により以前は女性の仕事として扱っていた職種を、採用条件に男女の区別を付けることが性差別であるとされたことであろう。総合職と一般職としての採用は法律が出来た後にも残っていたが、一般職がIT技術の進展によった仕事量が減ったこと、派遣労働の適用が拡大されたことにより、一般職が急速に減ることとなった。一般職に短大卒業の女性を充てるという図式が崩れると、卒業すれば確実に優良企業に就職できるということも崩れるから、短大への進学意欲が薄れることになる。大学数の増加を規制緩和の影響で括っているが、それだけでは説明が付かない。規制緩和に原因を求めて満足してしまうのはマスコミの悪い癖である。
短大への進学者が減ることへの対策として、四年生の大学への変更を多くの短大が行った。文部科学省によると、短期大学は昭和25年の制度創設以来、特に女性の高等教育の普及や実践的職業教育の場として、大きな役割を果たしてきましたとされている。女性のという但し書き付きの表現が、性差を社会活動からなくすようにしている状況と自己矛盾することもあるだろう。短大の学校数、入学定員、学生数の現状が文科省のホームページにあったので下に示す。

■ 短期大学数、入学定員および学生数(平成24年度)
       学校数   入学定員   学生数
  国立    0        0         0
  公立    22      3,355      7,587
  私立   351    68,854    129,695
  合計   373    72,209    137,282

国立の短期大学は2005年の募集を最後に無くなっている。短大のありかたについては別に考えることにする。
アンケート結果の残りの部分について記す。

■ アンケート結果
                            国立     公立    私立
文科省による閉鎖・統合勧告(望ましい)    64       75      37
補助金削減(望ましい)                                55              46      54 = 望ましくない
経営状況(厳しい、やや厳しい)          69       26      32

大学の経営実態の違いがあるようだ。統合については、可能性の乏しい国公立大学は望ましいと考え、可能性の高い私立は望ましくないと考えている。慢性的な定員割れの危機にある私立大学は、定員割れと補助金カットはセットなので扱いたくない。経営状況は私立でも良くはないだろうが、この程度なら慣れている。一方国立は最近国から資金が回ってこないと感じているのだろう。

先の参議院選挙に立候補せずに引退した松あきらの業績として、高等学校卒業程度認定試験創設が紹介されていた。それ以前の大学入学資格検定が難しいのでやさしい問題に改めてというものである。8または9科目の試験に、40から50点をそれぞれでとれば合格で、合格科目は次回に持ち越せるというものである。受験資格も改められて高校在学中でも受験できる。試験科目は高校一年で受ける科目でほぼカバーされている。25,000人程度の受験者が毎年あり、合格率は35~40%である。松は大検が難しいことを大学を卒業している議員に問題を見せて説明したという報道を読んだ。簡単な試験にして大学を受験し易くしてしまって、その大学は入試科目が1科目であるというなら学校教育を歪ませる。大卒でることを採用受験にすることは問題が無いが、特定の大学でなければいけないと条件をつけると問題がある求人であると当局からお叱りを受ける。大学の科目を履修するのは一般に開放されるべきだと思うが、学歴に相当するものは少し厳し過ぎる程度の縛りを必要とする。大学卒業の学歴が長くに渡って、社会秩序を構成する資格として利用されるからである。そう考えると、経営上問題がある大学を卒業したという学歴はマイナスに働く可能性が出てくる。そうしない為の指導をするのが文科省の仕事であると考えるのだが、少なくとも松の考えは違ったようである。


人口予測は確度の高いものだ。それでも定員増を許可する文科省は何を考えているのだろう。

« 芸能人の覚醒剤使用報道 | トップページ | 短期大学について »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芸能人の覚醒剤使用報道 | トップページ | 短期大学について »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ